無料ブログはココログ

« 国民会議の議論(1)  数ある会議の中でもいちばんホットな会議。 | トップページ | アクセス、一週間分。 »

2013年6月18日 (火)

国民会議の議論(2) 会議の資料

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 6 月 18 日 国民会議の議論(2)

Share on Facebook


13日の社会保障制度改革国民会議で配布された資料の目次項目は次の通りです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.地域包括ケアシステムの構築等、
介護サービス提供体制の在り方
① 医療提供体制改革に対応した介護サービス機能の再編成
② 地域包括ケアシステム(資料1:厚生労働省説明資料)
③ 在宅医療と在宅介護の連携
④ 住宅サービスとの連携
⑤ 生活支援サービスの在り方
⑥ ケアマネジメントの再構築
⑦ 認知症施策
2.健康の維持増進・疾病の予防に向けた取組
3.医療給付の重点化等(療養の範囲の適正化等)
① 70-74歳の医療費自己負担
② 高額療養費の在り方
③ 後発医薬品の使用促進
④ 病院外来受診に対する負担の在り方
⑤ 保険料負担の公平化
4.介護サービスの範囲の適正化等
① 介護保険施設の重点化
② 補足給付の在り方
③ 一定所得以上の者の利用者負担の在り方
④ 介護納付金の総報酬割
5.年金制度について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この資料では「これまでの社会保障制度改国民会議における議論の整理(医療・介護分野)(案)」(平成25年4月22日提出資料)の関係部分が抜粋して添えられています。
この議論の整理については本ブログで紹介済みです。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの反省

すみませんでした。
以前、、いらぬこと言ってしまいました。
資料なしで会議をすると時間短縮になってうんぬん。

項目が多いと、全体が見通せる資料が必要だ!

かささぎの旗で「国民会議」。

いま探しました。これが一番にでます。(4・24)

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-e51b.html

[国保の運営が都道府県へ移管されて市町村による財政補填がなくなれば二重取りの問題は解消されますが、都道府県内で均一化されるであろう保険料は、財政が苦しくて補填ができなかった市町村の水準にまで高くなります。

その保険料の上昇を抑えるために都道府県税から財政補填せざるを得ない事態となれば、国保非加入者からの二重取りの問題は残ることになります。

このような課題が解消できないため、過去半世紀以上にわたって国保の一元化案は唱えられては立ち消えとなる愚を繰り返しています。]

つぎにこれ。医療法。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-30be.html

その他。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-e294.html

われながら、ほんとにろくなことはいわぬわな。と反省。

▼かささぎのびっくり

水に浸かったアイフォン、死んだかと思ったら、生きていた。
カメラのフラッシュが入りっぱなしの状態になり、機体が熱くなった。
ダメ元と思って充電器につないでみたところ、朝、回復してました。
自己回復力があるのだろうか。すごいなあ!!

« 国民会議の議論(1)  数ある会議の中でもいちばんホットな会議。 | トップページ | アクセス、一週間分。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民会議の議論(2) 会議の資料:

« 国民会議の議論(1)  数ある会議の中でもいちばんホットな会議。 | トップページ | アクセス、一週間分。 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31