無料ブログはココログ

« 社会保障審議会医療保険部会の動き(終) 高齢者医療制度の在り方に死の基準を | トップページ | 訪問看護の現状(2) 訪問看護ステーションの規模 »

2013年6月10日 (月)

訪問看護の現状(1) 在宅医療の現状

保健医療経営大学学長

橋爪 章
2013 年 6 月 9 日 訪問看護の現状(1)
Share on Facebook


先月末に開催された中医協総会では「在宅医療(その2)」と題した資料が配られています。
訪問看護サービスは医療保険でも介護保険でも行われていますので、どちらかの資料統計だけでは全貌がわかりません。
また、訪問看護サービスは、病院・診療所からも、訪問看護ステーションからも提供されていますので、病院・診療所の資料統計だけでも全貌はわかりません。
今回の中医協資料によると、医療保険による訪問看護利用者数は9.9万人、介護保険による訪問看護利用者数は30.2万人です。
介護保険利用者数のほうが多いのですが、平成15年統計では医療保険4.8万人、介護保険24.1万人でしたので、増加率は医療保険のほうが大きくなっています。
医療ニーズの高い利用者の増加が背景にあります。
医療保険の訪問看護基本療養費の利用者数の動向を傷病分類別に見てみると、神経系疾患、精神疾患、がんの利用者数の増加が顕著です。
在宅患者訪問診療料、在宅人工呼吸指導管理料の算定患者数、算定回数が増加していることから、在宅で継続的に療養している訪問看護の必要性が高い患者が増加していることが推測されています。
また、小児(0~9歳)の利用者数も増加しています。
なお、訪問看護を利用しているがん患者の増加率は高いのですが、そのうちターミナル療養費を算定している患者数は9.4%に留まっています。
がん患者の看取りの段階では在宅医療から施設医療に舞い戻っている実態が垣間見えます。
訪問看護サービスを提供している病院・診療所は1653か所、訪問看護ステーションは6110か所です(平成24年5月)。
平成14年統計では病院・診療所は3874か所、訪問看護ステーションは4930か所でしたので、訪問看護サービスの提供主体は急速に訪問看護ステーションへと移行してきています
平成25年2月時点での訪問看護ステーションは6471か所ですので、この一年、毎日平均1か所の訪問看護ステーションが誕生していることになります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの一人ごと

今月はまだ一度も残業をしていません。
母の体調が優れないため、毎日朝夕食の準備をしています。
土曜、農協のスーパーで、食材と一緒に文藝春秋を買いました。
この中小企業のオーナーのおじさんたちが読んでいそうな月刊誌を毎月ばかていねいに読んでいたころがありました。博多で専業主婦をやっていたころ。
高宮の自営業のいとこが毎月回してくれ、ありがたかった。
ものの見方と日本の政治について学ぶことが多かった。

きょうは(昨日は)中国の習近平とアメリカのオバマ大統領が八時間もの対談をしたと騒いでいましたが、。中国について、特集が組まれています。それ、まだ読んでいませんが、原発事故と太平洋戦争、と題する半藤一利と船橋洋一対談は読みました。菅さんの評価、揺れています。わたしは船橋さんに同感です。

ところで、最後の方に元中国大使だった人の自著を語るコーナーがありました。
そこで、よんだことが、頭に残ります。

これから日本にとっての最重要課題とは何か。
その人はいう、こだわるべきは尖閣諸島領有問題などではない、そんな島にこだわるより、これから人口爆発を迎える世界にあって、日本ではどんどん人口が減る。
四十年後の日本、2050年には、4千万人も減る。
一年で百万人、およそ富山県が一つずつ無くなっていくのだ。
そんなときに、マネーを増やして企業の見せかけの利益を積み上げたり、全国に公共事業を展開し新幹線や高速道路を張り巡らすことがどれほどの意味を持つのか。
これからの日本は、インフラの強靭化ではなく、整理整頓の勇気、決断こそが必要だ。

(これは丹羽宇一郎の北京烈日という本の紹介でした。気になったので、このお方を検索してみたら、評判は芳しくありません。すみません、。つまり、なぜ評判が良くないかというと、中国に寄った言動だからのようです。、、)





« 社会保障審議会医療保険部会の動き(終) 高齢者医療制度の在り方に死の基準を | トップページ | 訪問看護の現状(2) 訪問看護ステーションの規模 »

コメント

おかあさんの体調はいかがですか?
わたしのほうも、実家の母親がなかなか体調が回復しません。
年齢的なものもありましょうが、自分の仕事がなくなったことが弱った原因のひとつではないかなあと分析しています。
農業はきついけど、頼られてる、あてにされているということが、母親を発奮させてくれていたのだと痛感しています。

今週から週一回の「認知症予防のためのデイサービス」に行くことになりました。ひきこもり気味なので、どうにかして外に出さねばと思って。一回千円で利用できる。介護認定は不要。
おなじような年齢のひととの交流もいいかもと思います。

それはよかったですね。
サービスは色々とあるんだね。
同病相憐れむ、ということば、いいことばだなあとおもう。
みなそうしたいんだと思って。
どんな人も。
パソコンの調子が絶不調。おそいのなんの。
今朝も入れたと思ったら、消えてしまった。

うちの母は消化不良で食べるのに神経質になっています。たかひろが出たことがこんなに大きかったとはねえ。残業がないので、家事ができるからよかった。とりあえずしのぎます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訪問看護の現状(1) 在宅医療の現状:

« 社会保障審議会医療保険部会の動き(終) 高齢者医療制度の在り方に死の基準を | トップページ | 訪問看護の現状(2) 訪問看護ステーションの規模 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31