無料ブログはココログ

« 生活保護の実際 | トップページ | 朝茜 »

2013年5月 7日 (火)


« 生活保護の実際 | トップページ | 朝茜 »

コメント

光と、影。
いい写真です。
日光と書いて「かげ」。
そんなことばを思い浮かべた。

連休中にまたもや田主丸町へ出かけた。
胡麻でつくった焼酎で有名な「紅乙女酒造」でね、築300年という古民家を見学させてもらった。

ひかりとかげ。
ふるいものにこそ、ほんものの、かがやきがある。

うお。せいちゃん。ひさしぶりじゃん。
さっき腕をみたら、途中から真っ黒になっていた。
なんなんだろう。紫外線、強いねえ。
寒いからっていっても、日はサンサン。
朝、五時半ころ、今朝は9度しかなかったんだよ。
ことしの春はさむかったよねえ。もう夏になってしまったけどもさ。

これは、水の菜(みずのさい)。
忠見です。なんと創業10年目と書かれていました。なんで知らなかったんだろう。落ちついた、いいお店でした。コースのお料理もおいしかったし。

ああ、どこかで見た風景だと思った。
このお店も古くて味のあるお店ですね。
大きな割れ目のある大きな大きなテーブルがあったでしょう?
調度品も、食器もあの古い家にぴったり。
しずかで、ゆったりした時間が流れてるお店でした。
若いご夫婦がふたりで商っておられたと記憶しています。

おつくりが芸術的だったのが印象に残ってる。笑

うんうん、全部撮ったけどね、いつかのうたまるさんみたいに。笑
その大きな座卓のある和室でした。
つい、連句が巻きたくなったほどほどの広さ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 生活保護の実際 | トップページ | 朝茜 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31