無料ブログはココログ

« 花金によむ、テレビ欄とネットの芸能記事とアクセス | トップページ | »

2013年4月26日 (金)

鳥インフルエンザA(H7N9型)への対応~手を洗う、食物はよく火を通す

保健医療経営大学学長

橋爪章
2013 年 4 月 26 日 鳥インフルエンザA(H7N9型)への対応
Share on Facebook


まだインフルエンザA(H7N9)ウイルスの感染源も感染経路も不確定なので、感染症対策に最も有効な感染源対策も感染経路対策も決め手がありませんが、手指衛生と咳エチケットと食品衛生による個人防衛(予防)は可能です。

以下、国立感染症研究所のホームページに紹介の方法です。

http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/2273-idsc/3394-h7n9-qa.html

手指衛生:

以下のような時には手を洗いましょう:

•食事を用意する前、用意している間、その後。

•食べる前。

•トイレを使用した後。

•動物の世話をしたり、動物の排泄物を処理した後。

•手が汚れている時。

•家人が病気になりお世話をする時。

手指衛生は、また、(汚染面への接触から)自分自身への感染伝播を予防します。これらは、医療機関においては、患者に対して、あるいは医療従事者や他の人への感染伝播を防ぐことにつながります。

肉眼的に汚れている場合には、石けんと流水で手を洗いましょう。そうでない場合は、石鹸と水で手を洗ったり、アルコール製剤による手指のクリーナーを使用しましょう。

咳エチケット:

咳やくしゃみをするときには、医療用マスク、ティッシュペーパー、(服の)袖、または曲げた肘で口と鼻を覆いましょう。その直後に、蓋を閉じることの出来る容器に使用されたティッシュペーパーを捨てましょう。気道分泌物との接触後には、手指衛生を行いましょう。

食品衛生:

インフルエンザウイルスはよく調理された食品からは伝染しません。なぜならば、インフルエンザウイルスは通常の過熱調理温度では(食品の全ての部分で70℃に達する、ぐつぐつ煮る、ピンクの部位がない)で不活化するので、家禽や狩猟鳥を含み、適切に準備され、調理された肉を食することは安全です。

病気の動物や病死した動物を食べてはいけません。

アウトブレイクが発生している地域では、適切に調理が行われ、食事の準備が適切に行われていれば、肉製品は安全に消費することができます。生の肉や、未調理の血液を用いた料理の摂食は、高いリスクとなりますのでお勧め出来ません。

生きた動物のいる市場を訪問するときは、それらの生きた動物や、動物の接触表面との直接的な接触を避けてください。もし農場に住んでいて、豚や鶏を食用に飼育している場合は、病気や死んだ動物に子どもを近づけないようにしてください。種類の違う動物は出来るだけ引き離してください。病気や死んだ動物がいたら、至急、地域当局に報告してください。病気や死んだ動物は屠殺して食用にしてはいけません。

(鵲のひとりごと)
集団調理をしていたころの記憶。
一人で五十人近くの朝食を作らねばならなかったころ、必ず「中心温度」を計らねばなりませんでした。肉や魚や卵料理に針(スチコン用語では、芯温センサーと呼ばれる)を刺して、。で、今はその調理をする機械のほうを製造しているのですが、どれにもセンサーと呼ばれる温度感知器の針がついています。調理師をしていたころは、忙しいのに温度をはかるなど、そんな悠長なことをなぜしなきゃいけないのか。と腹だたしく思っていたのですが、必要性をちゃんと理解すれば、なるほどと思える。

2013 年 4 月 26 日 鳥インフルエンザA(H7N9型)の伝染性と致死性
Share on Facebook


昨日、次のニュースが配信されています。

引用いたします。

WHO「H7N9型は最も致死性の高いウイルスの1つ」

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2940573/10638140

(2013年04月25日 07:00 発信地:北京/中国)

“中国で感染が拡大している鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)について世界保健機関(World Health Organization、WHO)のケイジ・フクダ(Keiji Fukuda)事務局長補は24日に記者会見を開き、「これまで見たなかで最も致死性の高いウイルスの一つだ」と語った。中国で1週間の調査を行ったWHOのチームを率いたフクダ氏はまた、H7N9型は鳥インフルエンザウイルスとしてより一般的な「H5N1型よりも伝染性が強い」と述べた。“

保健医療経営大学学長ブログ転載

« 花金によむ、テレビ欄とネットの芸能記事とアクセス | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 花金によむ、テレビ欄とネットの芸能記事とアクセス | トップページ | »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31