無料ブログはココログ

« 三月から四月アクセス、思いついたときに。 | トップページ | 愛されずして »

2013年4月 8日 (月)

新聞が新聞紙になる瞬間

新聞が新聞紙になる瞬間

« 三月から四月アクセス、思いついたときに。 | トップページ | 愛されずして »

コメント

高校時、弁当を包んだ新聞を読みながら食べるのが日課でした。
昨日は山菜のかきあげをしましたが天ぷらを揚げて置くのは新聞紙の上です、今でも。 これが一番油を吸うのよね。

そう、その高校時代のドカ弁に詰めていったので、弁当包みに入らず、新聞紙、それも未読の、いちばん読みたい部分を持って行きました。
さいごらへんに、りんごすたーの話、でとった。
高橋まことってミュージシャン、わたしは知らないのですが、こういう出会いはいいっすね。
リンゴスターとスターキングと殿様キングスとごっちゃになりませんか。(なりません!)
右下はじっこには、やまなみ主宰だった草野源一郎師追悼特集号の紹介記事もありました。
かささぎの旗で草野源一郎↓

高橋まことさん、ちょうど昨夜のTVでゲスト出演されてました。
新聞紙、今のは匂いが薄いですね。昔のに比べたらほとんどない感じ。
現在新聞の購読家庭は激減してるとか・・
確かにニュースはネットやテレビが早いけど、それ以外の紙面に関心がわきます

そうですね。
新聞は編集というものを、選ぶということがいかにだいじかを教えてくれる気がします。
たくさんの中から。
縁なのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新聞が新聞紙になる瞬間:

« 三月から四月アクセス、思いついたときに。 | トップページ | 愛されずして »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31