無料ブログはココログ

« きゃ、きゃんさん! | トップページ | 歌広場淳の振り付け講座「酔わせてモヒート」 »

2013年4月 2日 (火)

組織としてのゴールデンボンバー(追補稿)  

保健医療経営大学学長

橋爪章

2013 年 4 月 2 日 組織としてのゴールデンボンバー(追補稿)

Share on Facebook


正月の「組織としてのゴールデンボンバー」連載では、医療チームになぞらえてゴールデンボンバーのチーム構成を論じましたが、医療チームが医療専門職だけで動いているわけではないのと同じく、バンドもパフォーマーだけで組織目標が達成できるものではありません。
医療チームは、それを支えるより大きな組織があってはじめて、人の命を助けることができます。
たとえば、医療チームを単純化した例として国際緊急援助隊の医療チームがあります。
世界のどこかで大災害が発生した時、標準編成として医師4名、薬剤師1名、看護師7名の医療専門職が48時間以内に派遣されますが、彼らだけでは彼ら自身の宿泊地も食糧も確保することができないどころか、被災地へ到達することすらできません。
被災地での医療活動に必要な医療器材や医薬品の調達もできません。
国際緊急援助隊の医療チームには、医療専門職に寄り添って診療補佐(受付、資機材管理、データ処理等)を行う医療調整員3名が同時に派遣されるとともに、ロジスティック(会計、調達、傭人管理、車両管理、通信、広報、安全管理、諸機関との連絡調整等)要員5名が派遣されます。
また、チーム全体を統括する団長1名も派遣されます。
医療チームを代表してメディアに露出するのは医療専門職の統括者(副団長の医師)ですが、実際に統括しているのは表舞台に登場しない団長です。

病院では、いくつもの医療チームが動いています。
国際緊急援助隊と同様に、受付、資機材管理、データ処理、会計、調達、人事管理、ドクターカー管理、通信、広報、安全管理、諸機関との連絡調整等を行う事務部門がなければ、医療専門職はその技術を発揮することができません。
これらの病院業務を統括するのは事務部長ですが、病院医療の責任者は法的に病院長(医師)とされていますので、事務部長は表舞台には出てきません。

ゴールデンボンバーの場合も、自家用車に寝泊まりしながら全国ツアーを行っていた下積み時代はともかくとして、シングルやアルバムを続々と発表する段階では、彼らを支える人々の数は膨らんでいったはずです。
たとえば、2011年11月にリリースされた「酔わせてモヒート」では、作詞・作曲・歌唱をすべて担っている鬼龍院翔氏ではなく「Euclid Music Entertainment Inc.」に著作権が置かれ、クレジット(作品の制作に関わったスタッフのリスト)にはゴールデンボンバーの4名以外に次の方々が名を連ねています。

A&R – 所恵実
A&R [Assistant] – 瀬川夫美子
Arranged By – Tatsuo
Art Direction, Design – 遠藤寛昭
Executive-Producer – 木村敏彦
Mixed By, Recorded By – 渡辺壮祐
Photography By – 菅沼剛弘
Producer – 呉龍彦

Euclidはゴールデンボンバーが所属している音楽事務所で、病院組織に例えれば、医療チームが所属している病院の事務部に相当します。
A&Rの所恵実氏がEuclidの責任者で、病院組織に例えれば事務部長です。
A&R [Assistant] の瀬川夫美子氏は、病院組織に例えれば事務部職員です。
A&Rはアーティスト・アンド・レパートリーの略で、アーティストの発掘・契約・育成と、アーティストの楽曲の発掘・契約・制作・宣伝を担当するレコード会社の職務です。
予算の執行権利を有し、アーティストを財務面でもサポートします。
ゴールデンボンバーが他の大手芸能事務所所属アーティストと異なるのは、財務に無頓着で事務所任せにするのではなく、節約すべきところは節約すると同時に、引き受け業務の超過負荷によって活動の質を落とさないよう業務量調整を行う経営感覚があるところでしょう。

医療チームも見倣わなければなりません。
Arranged By に名があるTatsuo氏はゴールデンボンバーの「中の人」として知られています。
Tatsuo氏はゴールデンボンバーの全楽曲の編曲と全パートの演奏を担っていると言われています。
医療チームには「中の人」は存在しませんが、診断の決め手となる特殊な検査を外部機関へ委託することは日常的です。
重粒子線治療など、決め手となる治療を外部機関へ委託することもあります。

2012年になると、ゴールデンボンバーは日本武道館、大阪城ホール、横浜アリーナなどで大仕掛けのライブを行っていますが、多数のスタッフなしにできる技ではありません。
また、全国ツアーにはローディーが必要です。
ローディーとは、楽器の手配や輸送、セッティングなど、コンサート・イベント等の設営、運営を行う専門職の人々のことです

樽美酒研二氏は、同じ福岡県出身のTatsuo氏のバンドのローディーをしていたことがゴールデンボンバー加入のきっかけでした
保健医療経営大学は、音楽業界におけるA&Rやローディーのように、医療チームを支える専門職業人を育成する大学です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼鵲のひとりごと

なるほど!
よくわかりました。
どちらも、おもてには出てこない重要な裏方さんがたくさんいらっしゃる。
かれらを動かすにはお金がいりますよね。
だから、組織が必要で、おのずと経営の話になっていく。。。というわけですね。

▼こないだの研二さんの凱旋始球式後のブログ

http://ameblo.jp/doramu-kenji/entry-11501529987.html

いいなあ。ふるさとににしきをかざる。って。

« きゃ、きゃんさん! | トップページ | 歌広場淳の振り付け講座「酔わせてモヒート」 »

コメント

ここ、アクセス多し

追補講、あといくつ受けたら卒業できることか

昨日のアクセス、金爆人気おそるべし、で、久々の1200超えでした

学長には申し訳ありません
ここが、ゴールデンボンバー
検索の一頁目に出ています
なにはともあれ、目出度いです

この記事、本家では昨日は8アクセス、今日は23時時点で13アクセスでした。すいぶん違う。

私がいつまでも転載紹介を卒業できない理由の最大の理由はそれです。
つまり、学者や学長記事はコチコチにかたく、敷居がたかすぎて、めんめんどんははいりきらん、って、なぜか思われてしまうことですたい。そりけん、下品なかささぎがちょうどいいくらいまで格下げしてあげるとです。
ちゃんちゃん。

ゴールデンボンバーのけんじさん、。
エアーでふるさとに錦を飾った。
このことは愉快きわまりなく、なんか、ゆっつらーっとした気分になれるとです。
このせせこましく細分されて一分の隙もないくらい耕され尽くした世の中に打ち込む野太い棒っきれ。

昨日一日のアクセス、192人、255アクセスでした。

別府湾SAにて休憩中なり。
霧で海は見えず

入学式ですね。おめでとうございます。お気をつけてcar

えめさん、
いつもありがとうございます。
おかげで元気が出ます。

Mind of Music〜今だから音楽 木村敏彦

でこちらへお見えの方がいました。産休。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/51059201

この記事へのトラックバック一覧です: 組織としてのゴールデンボンバー(追補稿)  :

« きゃ、きゃんさん! | トップページ | 歌広場淳の振り付け講座「酔わせてモヒート」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31