無料ブログはココログ

« 昭和24年の俳句 その1 かささぎメモ | トップページ | »

2013年4月19日 (金)

平成22年都道府県別生命表(2) せせこまし。一歳二歳の差異を言う。

保健医療経営大学学長

橋爪章

2013 年 4 月 19 日 平成22年都道府県別生命表(2)

Share on Facebook


都道府県別平均寿命はわずかな年齢幅に47都道府県がひしめきあっていますので、発表のたびに順位が入れ替わっています。
都道府県別平均寿命が初めて公表された昭和40年には、男女ともに平成22年の最長寿県であった長野県は、男68.5歳で第9位、女72.8歳で第26位でした。
10年前の平成12年には男78.1歳で第1位、女85.3歳で第3位に浮上していますが、男78.1歳は平成22年第46位の秋田県を下回り、女85.3歳は平成22年最下位の青森県と同水準です。
すなわち、都道府県別平均寿命ランキングは、平均寿命の改善スピードを競うランキングでもあるわけで、ワーストの青森県であっても、今後、猛スパートで改善すれば、トップを窺える位置にいるということができます。

この5年間(17年→22年)の平均寿命の延びは、男は全国平均で0.8(歳)でしたが、都道府県別の延びは次の通りです。

1.4 山形
1.3 徳島
1.2 鹿児島
1.1 和歌山、大分、宮崎、熊本、栃木、宮城、長野
1.0 島根、青森、福井、高知、滋賀、佐賀、福岡
0.9 千葉、岐阜、山口、奈良、愛媛、北海道、兵庫、京都、福島、広島
0.8 香川、大阪、秋田、三重、沖縄、長崎、鳥取
0.7 茨城、神奈川、新潟、岩手、愛知、山梨
0.6 富山、群馬、静岡、埼玉、岡山
0.5 東京、石川
女は全国平均で0.6(歳)でした。
都道府県別の延びは次の通りです。

0.9 愛媛、大分
0.8 愛知、奈良
0.7 秋田、京都、大阪、千葉、長野、岐阜、東京、新潟、福井、広島、三重
0.6 福岡、宮城、栃木、高知、福島、神奈川、埼玉、鹿児島、茨城、山形
0.5 佐賀、青森、徳島、兵庫、北海道、滋賀、宮崎、島根、山梨、香川、山口、岡山
0.4 長崎、群馬、熊本、富山、岩手、和歌山
0.3 石川
0.2 静岡
0.1 沖縄
-0.2 鳥取

▼かささぎの一人ごと

ん。マイナスがひとつだけ。
ほかは全部のびたん。
そっち、おそろし。
きょうはくされてるようなきいする。

« 昭和24年の俳句 その1 かささぎメモ | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 昭和24年の俳句 その1 かささぎメモ | トップページ | »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31