無料ブログはココログ

« 蕾 | トップページ | »

2013年3月11日 (月)

病院の危機管理 ~ ディズニーに学ぶ

保健医療経営大学学長

橋爪章

2013 年 3 月 11 日 病院の危機管理

Share on Facebook


あの日から2年です。
その後、危機管理の模範として、ディズニーリゾートの対応が話題になりました。
危機管理は、テキストでなぞるより、実例に即して学んだほうが身に付きます。
7万人もの観客に安全と安心を与えることができた実例です。
(全体像)
http://matome.naver.jp/odai/2130561439013217901
(考察記事)
http://blog.livedoor.jp/planning_club/archives/51753206.html
(授業教材)
http://www3.ic-net.or.jp/~koba52/sinsai.htm
危機管理には、災害時対応と、その後の事業継続計画(BCP)が重要です。
3月11日以後、業種ごとにBCPの重要性が叫ばれ、着実にBCP策定の気運が広がってきていますが、病院BCPは出遅れています。
病院BCPについては、被災を克服して経営を短期間で軌道に乗せた成功実例を提示することできればいいのですが、今日に至るまで(必要性を単発で論じた業界誌はあっても、)テキストすら存在していない状況でした。
このたび、ソフトカバー単行本として「病院の事業継続計画」が発刊されました。
http://www.pilar-edit.com/shop/products/detail.php?product_id=111
このテキスト発刊を契機に、病院BCPが他業種に追いつけたらと思います。
私も、行政対応の章の一部を分担執筆しています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼今夜の国民放送特番から

世界最悪の福島原発事故。
あのときこうしておけば、最悪は防げたかもということを振り返ったものをみました。
一号機の冷却水があと一時間でなくなるというとき、二号機の冷却水のほうも心配なことが浮上してきて、対応にあたる中央司令室ではリーダーに次々に悲鳴にも似た声が集中。
パニックの緊迫した状況のなか、どれが最も差し迫った危機かを判断する能力が要求されたが、あまりにもたくさんの危機の前には、どんなに優秀な人であっても、時間的切迫度をはかる悠長さ、冷静さは、完全に抜け落ちてしまうものだという、厳粛な事実が暴かれてしまいました。
おなじタイプの原発がアメリカで稼働しており、それを見学に行った証言映像まで出てきました。わかったことは、日本では、四十年以上も、じっさいの危機管理はできていなかったということ。想定すらできていなかったのです。

学長ブログのディズニー動画をみて最も教えられたのは、最悪を想定して常にそれに備えておけば、何もおそれるものはない。という有名な格言です。
これはデール・カーネギーのベストセラー、「道は開ける」にも書かれています。

○ウォルト・ディズニー
本名はウォルター・イライアス・ディズニー(Walter Elias Disney)。一族はアイルランドからの移民であり、姓の「ディズニー」の由来はフランスカルヴァドス県イズニーで、後に英語風に直された。イライアスは父名。(ウィキペディア)

○デール・カーネギー

日本人との交わりについて詳しい↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%AE%E3%83%BC

« 蕾 | トップページ | »

コメント

デール・カーネギーはてっきり、あのカーネギーかと思ってましたが、Wikiに
「苗字は本来Carnageyであり、実業家のアンドリュー・カーネギー(Carnegie)とは血縁関係はない。しかし、アンドリュー・カーネギーの名声にあやかって自らの苗字の綴りを変えた」とあり、別人だと認識しました。

私が樽美酒研二氏に惹かれるところ。
これです(↓)。2年前の3月15日のオバマブログ記事。

笑。

わたすは、研二さんの中坊の写真が、あまりにも純情可憐な真面目ガキ風だったので、とても感動しました。

私たちの周りにどこにでもいた、ふつうの、おとなしそうな男の子でしたよ、研二さんは。

カーネギーホールの人ですよね?他にもいらっしゃるんですか。
私は初めて職に就いたとき、くるめに飛ばされ、そこの所長さんから、本を戴いた。
なんどかのブームがあったみたいで、今、長男が偶然新しい版の、買ってた

カーネギーホール、カーネギーメロン大学はアンドリュー・カーネギーのほうです。
このカーネギーにあやかって綴りを変えた、というところが興味深い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/50697370

この記事へのトラックバック一覧です: 病院の危機管理 ~ ディズニーに学ぶ:

« 蕾 | トップページ | »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30