無料ブログはココログ

« 医薬品・医療機器の輸出入(4)  医療機器の輸出入 | トップページ | 平成23年度地域保健・健康増進事業報告(1) 日本に生まれる赤ん坊は今。 »

2013年3月 8日 (金)

赤い川の西部(暫定)

きのう、仕事中にふと、このうたが湧き出てきて、ずうっと心を占領して、動きませんでした。
それで、帰宅したら調べてみようと思ってたのですが、思い出したのは、朝出勤前十分。
いま、さがした。英語のものしかありませんでした。

おかしいなあ。日本語名はなんといっただろうか。


記憶では、

サボテンの花咲いてる赤い川の、または、赤い砂の、西部
たららららら らららら  なんとかなんとかせいぶ~

ここ。日本語の歌詞、発見。
おお、りかさんのおともだちの宝塚スター、亡くなった、のお父上ではないですか。
歌詞をつけた人。
しかし、記憶とちがうなあ。どうなっているんだろうね?

« 医薬品・医療機器の輸出入(4)  医療機器の輸出入 | トップページ | 平成23年度地域保健・健康増進事業報告(1) 日本に生まれる赤ん坊は今。 »

コメント

出だしは
「あかいかわのたにまよ 
きりたついわやまよ 
ひるなおくらきもりよ
夜空に星は×××」    
じゃなかったっけ。でもこれしか思い浮かばない。

1番と2番がごっちゃになってる?しらべよう。

さぼてんのはなさいてる
砂と岩の西部・・・というのもでてきた。

PCを閉じた途端思い出した。どこかの引き出しにみんなの歌の本があったはずと・・・

ありましたし、載っていました。

赤い河の谷間     アメリカ民謡小林幹治   小林 新編曲

1  サボテンのはな さいてる
   すなといわのせいぶ
   よぞらにほしがひかり
   おおかみなくせいぶ

2  あかいかわのたにまよ
   きりたついわやまよ
   ひるなおくらきもりよ
   とおるひともたえて

あ~すっきりした。

小林幹治のあとに「作曲」が抜けていました。

おお、ありがとう!

これで歌えるぞ

ぼん、
このみんなの歌のほうの歌詞書いた人、他にも
たくさん、歌えるけど題も知らないよな歌、訳してつけてますね
太郎さんの牧場で

うん、他にもあったよ。
たとえば、
みかん畑で(これは知らない)
春が呼んでるよ(雲雀のこすずめのことびながら何を見た)
おどろう楽しいポーレチケ
楽しいショティッシュ
陽気にうたえば
川で歌おう
輪になっておどろう


知ってる歌も知らない歌もあり。作曲ではなくて作詞だったね。
かささぎさんのおかげで、この本で半日楽しめた。ありがとう。

いえ、こちらこそ。
ところで、この歌は、さみしくなる心を歌ってはいますが、曲調は明るいかんじです。
この延長に、さとうきび畑のざわわざわわの歌が浮かんできて、なぜだろうと考えたよ。こっちは暗い。


小林さんは、たくさん明るい楽しい歌、書いておられる人なんですね。お陰で学びました、ありがとうございました。

さいごに、赤い河の谷間 は、歌詞、素晴らしいです。

たったこれだけで、広がる世界。縮こまるせせこましい日本、現代社会、こっから、飛べる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い川の西部(暫定):

« 医薬品・医療機器の輸出入(4)  医療機器の輸出入 | トップページ | 平成23年度地域保健・健康増進事業報告(1) 日本に生まれる赤ん坊は今。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31