無料ブログはココログ

« うんこのうた | トップページ | マージービートで唄わせて »

2013年3月23日 (土)

保健医療経営人材の需要と供給~まだ間に合う大学選び

保健医療経営大学学長

橋爪章
2013 年 3 月 23 日 保健医療経営人材の需要と供給
Share on Facebook


日本の医療は財源(保険料、税投入、患者窓口負担)がいずれも限界に近づいてきており、全国的な医療崩壊の危機に直面しています。

限られた財源で効率的かつ効果的な成果を達成する「経営学」を保健医療分野において確立し、保健医療分野に明るい経営人材を医療の要所要所に配置することは焦眉の急です。そのために保健医療経営大学が設立されました。

保健医療分野の経営人材は、単に医療施設の収支改善テクニックを有するだけでは不十分です。

地域内の福祉施設や競合する医療施設との連携によって地域医療全体の効率性を高めて維持発展できる人材が、地域レベルにおいても、国家レベルにおいても、医療崩壊を回避するために求められています。

当然のことながら保健医療経営人材の需要が増大しているはずですが、本学の開学までは、上述のような人材を養成する高等教育機関が稀有であったため、需要は潜在していました。

保健医療経営大学は、一昨日、第二期生34名を社会へ輩出いたしましたが、第一期生に引き続き、ほとんどの卒業生が正規雇用で病院や医療関係施設などへの就職を決めています。

開学以来、求人が相継ぎ、潜在していた保健医療経営人材の需要が顕在化してきています。

需要に応じた供給を行うのが本学の責務ですが、残念ながら卒業生の数が少ないために、せっかくの求人に応えきれていない状況です。

来年度は開学以来最多数の入学生を迎えることができる見込みですが、まだまだ4年後の需要に応えるには足りません。

ひとりでも多くの保健医療経営人材を養成するため、年度末ぎりぎりまで学生募集を行っています。

詳しくは本学ホームページをご覧ください。
http://www.healthcare-m.ac.jp/

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの一人ごと

「今からでも間に合う大学選び」でかささぎの旗にもアクセスがあります。
保健医療経営大学は、その人柄のユニークさと真面目さで多くの人の信頼を得ている学長はじめ、すばらしい先生方、スタッフの諸先生方に恵まれ、何より自然ゆたかな環境の素晴らしさには定評があります。
今テレビドラマではものすごく「お医師モノ」が増えていますが、このこと一つとっても、時代は医療がいちばんの企業であるといっているかのようです。
この大学で、じっくりゆっくり、確実に、時代を読み解く感性を養いませんか。
そこの君。ほら。そこのあなた。ほら。
金爆が好きなあなたも、世界の終わりが好きなあなたも、ワンピースがすきなあなたも、タランティーノ好きなあなた(うちのむすこやけど)も、ぜひご一緒に学びましょう。かささぎたちお囃子方と。

« うんこのうた | トップページ | マージービートで唄わせて »

コメント

>この大学で、じっくりゆっくり、確実に、時代を読み解く感性を養いませんか。

このフレーズ、保健医療経営大学のキャッチコピーにいただきたいほどしっくりきます。
学長が年甲斐もなくボーカロイドや鉄拳やゴールデンボンバーに敏感なのも、「時代」のシンボルを探る嗅覚を大事にしているためでしょう。

ところで、明日(24日)は本学の春のオープンキャンパスです。(↓)
ぜひ、おいでください。

学長とりまきさん。
オープンキャンパスへのお誘い、まことにありがとうございます。
なになに。特製ボールペンがもらえる。それは行かねば。

連句がいつまでもできずにすみません。
かささぎがひとりで止めている気がしてきた。
子の受験で忙しくてばたばたしてました。
自分の受験でも感じたことを、こんどもまた感じました。
受験とは縁である。
振り返ってみれば、本人はそれまで全く視野に入れていなかった大学を受けたのは、先生の、この大学は国語の成績を重視するようだ。という助言でした。子が国語ができるといったからです。
で、実際にうけたら、数学と物理だけ。
なんじゃそりゃ。
それでもなぜかすらすらと解けて、受かった。
おとうさんの祖先の地ではあるし、縁があったんだな。と思えました。
ささいなことが縁につながりますね。
だから、学長の攻めの姿勢は、どこにつながっているかわからない、とっても大事な鍵だと思います。

おお、噂をすればなんとやら。今帰ってきました。
久留米にジャンゴを見に行っていた。
タランティーノの映画、夕方からの一本しか上映されていません。

タランティーノってキル・ビルの?

うん。あれは面白くないけど、ほかにいい作品がたくさんあるんだよ。
・・・といいます。ジャンゴ、面白かったそうです。

オープンキャンパスは新年度に何度も開催します。
保健医療経営大学を志望するしないに関係なく、たくさんの高校生で賑わせたいものです。
模擬講義で学長に「病院組織・スタッフ論」を喋らせたらゴールデンボンバーのファンが押し寄せる、というようなら、そのように企画します。
模擬講義のリクエストがあれば、大学あてにメールをください。

「今からでも間に合う大学選び」で検索したら、3番目に私の母校の気象大学校が出てきました。
ここは、今からどころか、ものすごく受験日が早いのですが。

大事なのは一生懸命真面目に勉強して四年でちゃんと卒業して立派な大人として就職できるかどうかですよね。私の子供が通っている大学には、家庭の経済事情や健康上の理由以外で何年も留年してそのくせ「自分探し」とか「やりたいことが見つからない」とか「言いたい奴には言わせとけ」とか何だかんだ屁理屈塗り重ねて自己正当化するクズ(ようするにただの甘えたガキ)が結構いるらしいです。こういう恥さらしが一人でもいない貴学は素晴らしいと思います。今からでも転校させようかな。

pontaさん

>こういう恥さらしが一人もいない
ということはないですが、「一人も放置しない」ことは確かです。人数が少ないので全学生へ目が届きます。
卒業式の日、保護者のひとりから「先生方は、誰が誰と付き合ってるかまでご存じなんですね」と言われました。確かに保護者よりは学生の一面をよく知っているような場合はあります。

>大事なのは一生懸命真面目に勉強して四年でちゃんと卒業して立派な大人として就職できるかどうかですよね。

同感です。

>屁理屈塗り重ねて自己正当化するクズ(ようするにただの甘えたガキ)

くず、はじさらし、あまえたガキ。

しかししかししかし。
おやには深い意味がある。
みらいにかこがたちはだかる、という。

pontaさん、学長とりまきさん、
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保健医療経営人材の需要と供給~まだ間に合う大学選び:

« うんこのうた | トップページ | マージービートで唄わせて »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31