無料ブログはココログ

« 保田遺墨 うつそみ | トップページ | 平成23年度地域保健・健康増進事業報告(8)  がん検診が減っている »

2013年3月17日 (日)

今日のアクセス生ログから

検索用語と開かれたかささぎの旗の頁、およびその周辺。
連句的に倍音的に保健医療の世界が広がります。
おつきあいください。

検索用語 「平均在院日数の出し方  除外」

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%9C%A8%E9%99%A2%E6%97%A5%E6%95%B0%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%97%E6%96%B9%E3%80%80%E3%80%80%E9%99%A4%E5%A4%96&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

学長ブログ記事「平成24年診療報酬・介護報酬改定(65)平均在院日数に関する基準」
2位。

1位の記事は質疑応答タイプのもので、二度目の入院をカウントすべきかどうか、平均在院日数の計算式への問に対し、医療事務職員と思しきお方が現場から書かれているもの。

質問とその回答、http://okwave.jp/qa/q6694476.html
以下。
引用させていただきました。
お名前も存じ上げませんが、ありがとうございます。

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて
(厚生労働省通達/平成22年3月5日/保医発0305第2号)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-044.pdf

上記通達のPDFファイルの6頁目に「平均在院日数の算定方法」が次のように定められています。

【 平均在院日数の算定方法 】


入院基本料等の施設基準に係る平均在院日数の算定は、次の式による。
<1>に掲げる数 ÷ <2>に掲げる数

<1>当該病棟における直近3か月間の在院患者延日数
<2>(当該病棟における当該3か月間の新入棟患者数+当該病棟における当該3か月間の新退棟患者数)/2
なお、小数点以下は切り上げる。


上記算定式において、在院患者とは、毎日24時現在当該病棟に在院中の患者をいい、当該病棟に入院してその日のうちに退院又は死亡した者を含むものである。なお、患者が当該病棟から他の病棟へ移動したときは、当該移動した日は当該病棟における入院日として在院患者延日数に含める。


上記算定式において、新入棟患者数とは、当該3か月間に新たに当該病棟に入院した患者の数(以下「新入院患者」という。)及び他の病棟から当該病棟に移動した患者数の合計をいうが、当該入院における1回目の当該病棟への入棟のみを数え、再入棟は数えない。
また、病棟種別の異なる病棟が2つ以上ある場合において、当該2以上の病棟間を同一の患者が移動した場合は、1回目の入棟のみを新入棟患者として数える。
当該3か月以前から当該病棟に入院していた患者は、新入棟患者数には算入しない。
当該病院を退院後、当該病棟に再入院した患者は、新入院患者として取り扱う。


上記算定式において、新退棟患者数とは、当該3か月間に当該病棟から退院(死亡を含む。)した患者数と当該病棟から他の病棟に移動した患者数をいう。ただし、当該入院における1回目の当該病棟からの退棟のみを数え、再退棟は数えないこととする。
病棟種別の異なる病棟が2以上ある場合において、当該2以上の病棟間を同一の患者が移動した場合は、1回目の退棟のみを新退棟患者として数えるものとする。


「基本診療料の施設基準等」の別表第二に規定する入院患者(注:既に記したとおり)は1の<1>及び<2>から除く。

3位記事は平均在院日数の生保除外問題。
これは、学長ブログ記事に「これまで除外できていた項目が除外できなくなると、平均在院日数がこれまでより長くなり、施設基準が取得できなくなるといったことも起こり得ます。」
と書かれていることと関連します。

詳しい記事。http://mediwel.livedoor.biz/archives/1228965.html

北海道での実例です。生保の患者を入れて計算するのか、除外するのか。
その解釈がまちまちであるということが問題。以下、上記ブログからの抜粋。

『保険診療に係る入院患者を基礎に計算するものであること』と記載されているので、保険診療外の患者は除外すると解釈されるのです。当然生活保護単独の患者は公費扱いになるので、本来なら除外は認められるはずです。しかし平均在院日数の対象患者から生活保護単独の患者を除外するとは明記されていないことも事実です。このようにはっきりしていない曖昧な規定であるところに様々な解釈の生まれる余地があるように思います。早急に現場に混乱をもたらさない統一ルールが待たれるのではないでしょうか。それまでは現行ルールを踏襲することが望まれます。

四位記事。勤務医にも必要な保険診療の知識9
『平均在院日数』は、3ヶ月の延べ入院患者÷{(3ヶ月間の新入院・新入棟+3ヶ月間の新退院・新退棟)÷2}で求められます。この算式でそれぞれ定められた平均在院日数をクリアしていても、どこの病院でも長期入院患者が何人かは居るはずです。平均在院日数の規定とは別に、「90日超」患者と「180日超」患者について、別の規定でそれぞれ「入院基本料」が減額される規定があります。今回は、このうち「90日超」患者の規定について、見ていくことにします。・・・以下省略。

 

(これをよめば、なぜ平均在院日数が問題視されるのかがわかります。)

http://oh-kinmui.jp/angle/knowledge/no9.html

▼2検索用語「被爆者から放射線」

http://search.yahoo.co.jp/search?fr=sb-kingbrw1&ei=UTF-8&p=+%E8%A2%AB%E7%88%86%E8%80%85%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A

かささぎの旗の学長ブログページ「放射能は移るの?」は2位です。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-aee6.html

1位は「被爆者」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E7%88%86%E8%80%85

3位 放射能被爆者の真実http://monterblogerwan.blog77.fc2.com/blog-entry-281.html

4位 原爆放射線の人体影響http://www.hicare.jp/

この記事の隅にあったおわび↓が心に残ります。

緊急・重要 掲載内容の誤りについて
 このたび、平成17年以来掲載していたホームページの内容に誤りがあることが判明しました。該当は『放射線の基礎知識』の中にありました「1Svの放射線被曝をしたときに生涯のあいだに生じる致死的なガンの発生確率につきまして、4%とすべきところを、0.04%と掲載しておりました。
             深くお詫びを申し上げますとともに、ご指摘をいただいた方々にお礼申し上げます。
             なお、本件を受け、全体的に内容を精査するため、しばらくの間、当該箇所を含む『放射線の基礎知識』『世界の放射線被曝』『在外被爆者援護』『原爆の主な影響』は休止いたします。


▼3検索用語「時間学」

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%99%82%E9%96%93%E5%AD%A6&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

保健医療経営大学オフィシャルブログが10位。すごいことだ。

http://www.healthcare-m.ac.jp/app/mb/research_education/3296/

1位は、時間学発祥の地、山口大学。http://www.rits.yamaguchi-u.ac.jp/

保健医療経営大学にいらっしゃるのは、辻先生↓です。

『時間学概論』

山口大学時間学研究所 編,辻正二 監修

辻先生の著作一覧、アマゾンで購入できます。
http://www.amazon.co.jp/%E8%BE%BB-%E6%AD%A3%E4%BA%8C/e/B004LRJJXC
三冊出ています。
先生はもしや門司で開業されてる辻先生のご一族では。
というのを、お写真を拝見していてふっと思いつきました。
http://ameblo.jp/akashiken/image-11181992732-11829810300.html

http://www.ymg-ssz.jp/chiikiseeds/mydbusers/view/20003/2

門司の辻先生(ザリガニおっちゃんの娘モジモジさんの夫君)↓

http://www.tsuji-iin.jp/dr.htm

ね。なんか似ている感じでしょう。

▼病院や大学など集団で営むブログのあり方

保健医療経営大学と辻医院のブログ経営の仕方、とてもいい。と思いました。
辻医院の「ありがとう通信」はスタッフが交互に書き込んでいます。
話題も身近で為になります。
三月十一日付の記事(ピロリ菌除去が保険適用に)や同六日の記事(四割が自覚症状がないまま受診、がん患者)、短くまとめてあって光ります。
ときどきかささぎの旗にコメントをくださる澄たからさんの医院のブログも、さがしました。
なんとはじめてのアクセス、なんだかドキドキです。
ご紹介します。http://www.citydo.com/prf/fukuoka/guide/sg/515002240.html
じゃじゃん、ブログはありませんでしたが、上記紹介記事を発見!
たからさんのご主人のすみ先生は、かささぎや連句仲間一同と同級生なのです。
時間に余裕があるようになったら、ブログも始めてくださいね。
おいしゃさん個人のブログは割とおおくあるんですけどね。

たとえば、こんなのみつけました。↓

http://ameblo.jp/ryuuta19/

あとは、研修医太郎さんのブログも貼り付けておきます。
と思ったけど、ありましたありました。
集団で輪番のブログが、研修医の。室蘭ですかね。ここです。http://blogs.yahoo.co.jp/nikko_resident/folder/591491.html

社会医療法人母恋日鋼記念病院のブログです。

 

« 保田遺墨 うつそみ | トップページ | 平成23年度地域保健・健康増進事業報告(8)  がん検診が減っている »

コメント

検索サイト Yahoo  検索ワード 在院日数 対象外 生保

でおみえです

ここ。
よまれていますです。感謝いたします。

検索サイト Yahoo  検索ワード 平均在院日数 計算式 生活保護

1位

検索サイト Yahoo  検索ワード 平均在院日数 計算式 端数

5位

検索サイト Yahoo  検索ワード 新退棟患者数 亜急性期

しんたいとう患者、という言葉のひびき、いかす。
新台頭新人類みたいで、なにそれっと耳ソバダテル。

平均在院日数 生活保護 除外

この頁が結構よまれているので、いったいどういう意味かな?と検索用語をしらべると、上記でした。なるほどです。

滞在時間 0秒 閲覧ページ数 1ページ 参照元 平均在院日数 生活保護 除外

滞在時間 2分42秒 閲覧ページ数 2ページ 参照元 平均在院日数 生活保護

滞在時間 7分49秒 閲覧ページ数 3ページ 参照元 北海道 平均在院日数 生活保護

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のアクセス生ログから:

« 保田遺墨 うつそみ | トップページ | 平成23年度地域保健・健康増進事業報告(8)  がん検診が減っている »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29