無料ブログはココログ

« 終わった | トップページ | 平均寿命と医療費(1)  医療費を多く使う所は寿命も長い? »

2013年3月 3日 (日)

ハルユキ叔父さん

ハルユキ叔父さん

  (撮影・祥子)

父の一周忌。
十時にお寺さんがみえて、独唱みたいな読経、(迦陵頻伽かりょうびんが、と、くえいっしょ倶会一処が耳に残る阿弥陀経、)さいごに全員で正信偈合唱。

福岡のはるゆきおじは、朝早くに到着。
大村にいたのですが、今は福岡にいます。
げんきでした。

今回のおときは、広川の和華。
おじは、参拝してくださった人達に、兄の思い出をひとこと。

兄貴はとってもうたがすきで、とくに演歌を歌わせたら、まるでプロみたいにじょうずでした。
今日みたいな席で、機嫌よく歌っていましたが、今でもわたしは兄の唄声をときどき聞いています。テープが一つ残っているからです。
そうしてみれば、趣味というものは、いいものだなあとつくづく思います。
音楽が好きで救われた部分がいっぱいあります。兄貴もわたしも。

きょうはみなさん、本当にありがとうございました。

(おじには障害者の娘がいて妻は早くなくなっている。しかし、泣き言をいうのを一度もきいたことがない。いつも闊達で明るいおじ、クラッシックギターが趣味です。)

« 終わった | トップページ | 平均寿命と医療費(1)  医療費を多く使う所は寿命も長い? »

コメント

同じように障害者の娘さんと二人暮らしの男性を知っています。
家の中がものすごく身きれいでこざっぱりしているのに驚きます。
妻が亡くなることで清く強い気力が生まれるんだと思います。どこかで覚悟を決めるんでしょうね。

女性は始めから強く生きてる。

>妻が亡くなることで清く強い気力が生まれるんだと思います。どこかで覚悟を決めるんでしょうね。

これ。そうなんです。
はるゆきおじもですが、ザリガニおっちゃん。
まさにそう。
一つは、四人もの孫と同居しているので、むすこの嫁の手を煩わせないように、自分の弁当は自分でつめ、ほとんど自分のことは自分でしているようだ。
法事のとき、男も家事をしなきゃいかんと声を大にしていっておられました。ほんとにそうなんだけどね。
現実は、ちっともおとこたちは家事をしません。

むすめ夫婦を見ていると、あの娘が、ここまで甘やかすかというくらい何も夫にさせていません。
自分の仕事のほうがきついのに、弁当まで持たせて、朝も作ってあげて、。一人暮らしのときにはそういうこと、やっていませんでしたよ。
こどもは今のままでは無理でしょうねえ。夫が家事を半分でも分担してくれるなら、かなり楽になるだろうけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハルユキ叔父さん:

« 終わった | トップページ | 平均寿命と医療費(1)  医療費を多く使う所は寿命も長い? »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29