無料ブログはココログ

« マージービートで唄わせて | トップページ | いったんもめん »

2013年3月24日 (日)

需要増大と経営悪化~太陽光発電に学ぶ

保健医療経営大学学長

橋爪章
2013 年 3 月 24 日 需要増大と経営悪化
Share on Facebook


21日、みやま市の旧三井三池炭鉱有明鉱の跡地に国内最大級23メガワットのメガソーラー(大規模太陽光発電施設)が完成しました。

33万平方メートルの敷地に8万枚の太陽光パネルを設置しています。

本学の隣接地でもメガソーラー発電所の建設工事がスタートしています。

メガソーラーは全国いたる所で建設が進んでおり、太陽光パネルの需要は増大しています。

ところが、需要増大でさぞかし太陽光発電資材の製造メーカーは潤っているだろうと思いきや、ほとんどの企業が経営悪化に喘いでいます。

海外に目を向ければ、世界トップシェアの太陽光パネルメーカー(サンテック)が倒産したとのニュースが飛び込んできました。

すでに別の大手メーカー(LDKソーラー)が倒産しており、他の大手メーカー(GCL)も倒産寸前、パワーコンデショナー(インバーター)の世界トップシェアのメーカー(SMAソーラー)も株価大暴落で危険域とのことです。

これらのメーカーは中国の企業です。

需要増大を見越して、中国では太陽光発電資材メーカーが乱立しており、世界の流通量の半分以上は中国製の太陽光パネルです。

経営悪化の主因は過剰生産です。

倒産したメーカーの倉庫には何億枚もの太陽光パネルが積まれているとの噂です。

中国企業の多くは生産量が多いほど称えられ、国家の支援を得ることができます。

需要に応じてきめ細かに供給量を調整するような市場原理はあまり機能していません。

これらの過剰在庫は、原価割れで買い叩かれて、サードメーカー名で世界中に廉価販売されますので、他国のメーカーが苦しむのは目に見えています。

中国の経済機構の未熟さが招いた混乱です。

液晶パネルでも、パソコンでも、同じような現象が起きています。

医療も需要増大です。

それを見越して医療従事者の養成校が次々に新設され、病院も増改築ラッシュです。

「医療でも、同じような現象が起きています」と日本の医療体制の未熟さが嘲笑されないよう、叡智を働かせなければなりません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの一人ごと

たまたま山田サービスエリアに寄ったとき、エコ仕様でした。
ソーラーパネルでつくる電力で七割をまかなうと謳われている。
だけどその視点には、元手の資金は一切入っていません。
太陽光はタダではあるけれど、パネルを生み出すために、すごい資金と電力が必要だったのだ、ということは、だれも言わない仕組み。

コメント

>この大学で、じっくりゆっくり、確実に、時代を読み解く感性を養いませんか。

このフレーズ、保健医療経営大学のキャッチコピーにいただきたいほどしっくりきます。
学長が年甲斐もなくボーカロイドや鉄拳やゴールデンボンバーに敏感なのも、「時代」のシンボルを探る嗅覚を大事にしているためでしょう。

ところで、明日(24日)は本学の春のオープンキャンパスです。(↓)
ぜひ、おいでください。

http://www.healthcare-m.ac.jp/admission/ocampus.html

学長とりまきさん。
オープンキャンパスへのお誘い、まことにありがとうございます。
なになに。特製ボールペンがもらえる。それは行かねば。

連句がいつまでもできずにすみません。
かささぎがひとりで止めている気がしてきた。
子の受験で忙しくてばたばたしてました。
自分の受験でも感じたことを、こんどもまた感じました。
受験とは縁である。
振り返ってみれば、本人はそれまで全く視野に入れていなかった大学を受けたのは、先生の、この大学は国語の成績を重視するようだ。という助言でした。子が国語ができるといったからです。
で、実際にうけたら、数学と物理だけ。
なんじゃそりゃ。
それでもなぜかすらすらと解けて、受かった。
おとうさんの祖先の地ではあるし、縁があったんだな。と思えました。
ささいなことが縁につながりますね。
だから、学長の攻めの姿勢は、どこにつながっているかわからない、とっても大事な鍵だと思います。

おお、噂をすればなんとやら。今帰ってきました。
久留米にジャンゴを見に行っていた。
タランティーノの映画、夕方からの一本しか上映されていません。

タランティーノってキル・ビルの?

うん。あれは面白くないけど、ほかにいい作品がたくさんあるんだよ。
・・・といいます。ジャンゴ、面白かったそうです。

オープンキャンパスは新年度に何度も開催します。
保健医療経営大学を志望するしないに関係なく、たくさんの高校生で賑わせたいものです。
模擬講義で学長に「病院組織・スタッフ論」を喋らせたらゴールデンボンバーのファンが押し寄せる、というようなら、そのように企画します。
模擬講義のリクエストがあれば、大学あてにメールをください。

「今からでも間に合う大学選び」で検索したら、3番目に私の母校の気象大学校が出てきました。
ここは、今からどころか、ものすごく受験日が早いのですが。

« マージービートで唄わせて | トップページ | いったんもめん »

コメント

けさ深夜一時から二時にかけて、百人をこす人たちがブログに見えていました。どうしたのだ。どこにだ。
世界の終わりファンみたいです。幻の命談義のところに、今日まだ九時間しかたっていないのに、174人も見えています。何があった。
ものいわぬ数字が、にわかに気になります。
この問題については、学長ブログの統計記事の周辺とも絡めて、いつか正面から真剣に論じねばならない日が来るだろうとは思っています。

幻の命記事、昨日一日で324人の訪問者があっています。
理由を知りたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 需要増大と経営悪化~太陽光発電に学ぶ:

« マージービートで唄わせて | トップページ | いったんもめん »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31