無料ブログはココログ

« 平均寿命と医療費(1)  医療費を多く使う所は寿命も長い? | トップページ | 水仙 »

2013年3月 4日 (月)

平均寿命と医療費(2)  75歳の平均余命を並べてみる

保健医療経営大学学長

橋爪章

2013 年 3 月 4 日 平均寿命と医療費(2)

Share on Facebook


都道府県別平均寿命の公表にあわせ、主な年齢の平均余命も発表されています。
平均寿命には影響を与える因子が多数ありますので医療費との関連が見えにくいのですが、75歳の平均余命を分析すれば、75歳以上の後期高齢者医療制度の医療費との対比で医療費の投入と成果との関連が見えやすくなるかもしれません。
75歳の平均余命が男女とも上位10位以内あるいは下位10位以内である府県のそれぞれの後期高齢者医療費の地域差指数は次の通りです。
平均寿命の順位とは若干異なる順位となっています。
平均寿命では男女とも長寿第一位であった長野県は、75歳の平均余命では男第二位、女第十二位でした。
(府県)(男平均余命)(女平均余命)(地域差指数)
沖縄県 12.35歳 16.46歳 1.099
熊本県 11.91  15.98  1.094
島根県 11.69  15.95  0.946
広島県 11.73  15.74  1.148
宮崎県 11.66  15.71  0.986
・・・
愛知県 11.29  15.00  0.968
大阪府 11.22  15.02  1.162
茨城県 11.28  14.96  0.876
和歌山県11.11  15.02  0.967
栃木県 11.06  14.88  0.877
青森県 10.67  14.87  0.865

75歳以上で分析すると、医療費の投入が多い県ほど75歳の平均余命が長く、少ない県ほど短い傾向があることがわかります。
地域差指数が1.1以上の他の道府県(福岡県1.243、高知県1.195、北海道1.169、長崎県1.163、大阪府1.162、佐賀県1.123、鹿児島県1.114、大分県1.107)で男女ともに全国平均より平均寿命が長いのは高知県、北海道、鹿児島県、大分県で、福岡県と長崎県と佐賀県では男の平均余命が全国平均以下でした。
大阪府は、平均寿命と同じく、男女ともに下位10位以内の平均余命の短さです。

▼かささぎの一人ごと

>大阪府は、平均寿命と同じく、男女ともに下位10位以内の平均余命の短さです。

え、短い。どこが。
長いじゃん。75まで生きても、まだのこりが十年以上。
わずか○、何ポイントの違いで、言い立てることかな。

・・・とあっさり書いて、ん。まてよ。
大阪府だけ、突出している数字がある。
下のグループ。
地域差指数。
大阪だけ1以上。つまり、
「医療に注ぎ込んでいるお金は平均以上なのにねえ。」
という暗黙のつぶやきが付随してるってことなのか。

« 平均寿命と医療費(1)  医療費を多く使う所は寿命も長い? | トップページ | 水仙 »

コメント

検索サイト Yahoo  検索ワード 平均余命 どこが発表

3位
1位の読みたい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平均寿命と医療費(2)  75歳の平均余命を並べてみる:

« 平均寿命と医療費(1)  医療費を多く使う所は寿命も長い? | トップページ | 水仙 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31