無料ブログはココログ

« 「何日君再来」   テレサ・テン | トップページ | 筑後六市の医療と地域の活性化(6) みやま市を流れる医療費を例に、逃げるお金、とどまるお金 »

2013年2月17日 (日)

大牟田高等学校発表会に審査員参加する

保健医療経営大学学長

橋爪章

2013 年 2 月 17 日 大牟田高等学校発表会

Share on Facebook


昨日は、大牟田高等学校の発表会に出席してきました。
http://www.omuta-hs.jp/index_hi.html
優秀な発表を選ぶ審査員を代表して総評を述べる役割もいただきました。
大会の運営はすべて生徒たちによる実行委員会です。
どの発表も、準備に時間をかけた力作ばかりでした。
発表には大きく3つのタイプがありました。
・自分たちの年間の活動を紹介したもの。
・自分たちの活動の成果(大会参加の結果など)を紹介したもの。
・自分たちの活動の成果に至るプロセス(経過)を紹介したもの。

最初のタイプの発表としては、調理科1年生が学ぶことの全貌を制限時間内できっちりと伝えた調理科一期生の発表を頼もしく思いました。
調理科は本年度に新規開設された学科です。
手作業の場合とコンピュータを使用した場合との加工技術の相違を実例に即して解説した電子機械科の発表からも、活動の様子がよく伝わりました。
二番目のタイプの発表としては、ソーラーボート大会やロボット相撲大会への出場模様を紹介した電気科などがそれにあたります。
最優秀賞は最後のタイプの発表から出ました。
土木化による「校内美化への取り組み」のプレゼンです。
老朽化した校内の溝蓋を自分たちで設計・製造した軽量化溝蓋と交換するプロジェクト活動を紹介したものですが、成果を出せずに挫折する結果となったものです。
その経緯のプレゼンの中に、土木科の活動の本質が凝縮されていました。
文句なしの最優秀作品でした。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの連句的一人ごと日誌

工場日誌ではこんなことを書こう、あんなことも。

と思っているのですが、ぼちぼちやりまひょな。

「職場のセクシャリティ」というのを、バレンタインデーのとき、書こうと思いつつ、まだ。

みぞの蓋、かささぎはある重度身障者施設厨房の戸外にあったグリストラップを思い出す。
掃除、自分たちでしなければならなかったが、蓋がクソ重くて、しかも、落っことしたら最後、なかなか引き上げることができない代物だった。あれを多分いまも交代で月に二回、苦労して掃除しているだろう。ぜひ軽量化したその新製品をと願うものです。
しかし。蓋というものは地面に張り付いてなきゃいけないんで、重いことは仕方のないことだったのかなあ?

では、H病院にとうみょうじをみまってきます。はらいた入院です。

※本ブログ外で最近かいたかささぎ工場日誌

鞦韆院落「保齢球」http://blog.goo.ne.jp/dashu_2005/e/6acf0eb6b3c3561c421acdaf8179da5b
(コメント採用ダーシューさんありがとう!産休産休にいはお。しぇーしぇー、か)

« 「何日君再来」   テレサ・テン | トップページ | 筑後六市の医療と地域の活性化(6) みやま市を流れる医療費を例に、逃げるお金、とどまるお金 »

コメント

らんちゃん、明日退院だそうです
食べ過ぎだったのか
誕生日おめでとう!

それはよかったです。ご退院と誕生日おめでとうheart

毎日こちらは残業が続いていて、がば忙しいとらんちゃんにいえば、勤続ん十年の筋金いりの元銀行員がいうには、二月はもともとニッパチで暇と言うけど、ほんとは忙しいものね。

ところで。ダーシューさんの中国日誌、鞦韆院落をたまに読んでいますが、今年から初投稿。月一くらいで参加したい。日本の製造工場の工員参加なのですが、なにか見えてくるものがあるかもしれないと思って。
たとえば、ここに↑書いた、お給料から差し引かれるもの、という項目。これだけで、すごい記事がかけると思うのよね。

あたしゃ、もうこんだけでレポート用紙十枚はいくね。んだもんだから、うちの大ドラがレポートを書けずにいるのを見ていると、ああもうせからしか。どいたんさい。おかあがかいちゃるけん。っていいたくなるのだ。
あれ?どこでどう間違ったか、親子共依存の見事な症例にはなしがすりかわってしまいました。
それが書きたかったんではなくて、
保齢球っていうのが、あちらの国でのボーリングなんですねえ。いいネーミングだなあ。
その後、ダーシューさんが友達のなんとかさんに連れられて東北部の金持ちの友人のとこに宿泊した話が書かれていたとき、初対面のその一家を前に私はどうふるまえばいいか、何を話せばいいかわからず、困ってしまった。と正直にかかれていたので、かささぎはつい、いつもの調子で、(つまりアホ丸出しで)
友愛、鳩山由紀夫になるという手があります

とコメントしたら、削除されていた。
政治ネタは難しいのですね。
冗談が冗談じゃなくなるということなんですね。
はっとしました。
元記事まで削っておられて、たいへん惜しいと思った。なにしろ、具体的でいい記事だったもの。
中国の格差、金持ちの暮らしぶりがわかる。

それと、らんさんの入院病院名のイニシャルを間違っていました。ほんとはY病院だった。なのに、いつも間違える。
やなぎとはやし。そのどちらもがヤメにはあるそうな。
昨日は柳川の久仁子ちゃんから電話があり、尋ねられた。
広い世界も狭い世界。
プライベート、ごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/49463694

この記事へのトラックバック一覧です: 大牟田高等学校発表会に審査員参加する:

« 「何日君再来」   テレサ・テン | トップページ | 筑後六市の医療と地域の活性化(6) みやま市を流れる医療費を例に、逃げるお金、とどまるお金 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31