無料ブログはココログ

« 介護保険の動き(2)  人生90年時代へ向けての高齢社会対策大綱 | トップページ | ハイソ守武&天神さん&デーモン閣下&金爆&ゴールデンブック、談義 »

2013年2月 5日 (火)

介護保険の動き(3) 在宅介護をのぞむ人、四人のうち三人。

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 2 月 5 日 介護保険の動き(3)

Share on Facebook


社会保障審議会介護保険部会の議題「介護分野の課題」では、次の課題が提示されています。
Ⅰ 地域包括ケアシステムの構築
(1)介護サービス提供体制の充実
(2)認知症対応の推進
(3)マンパワーの増強
Ⅱ 介護保険制度の持続可能性の確保
(1)介護給付の重点化・効率化
(2)世代間・世代内の負担の公平性の観点に立った制度の見直し
「Ⅰ-(1)介護サービス提供体制の充実」の現状と課題については、
○今後、単身・夫婦のみ世帯の増加、都市部での急速な高齢化が予想される。
※2025年には、世帯主が65歳以上の世帯のうち、単身・夫婦のみ世帯は2/3以上
※首都圏では今後15年間に高齢者人口が30%程度増加

○一方、介護が必要となった場合に、自宅で介護を受けたいという希望を持つ人は約4人に3人。
○このため、介護が必要になっても、また入院しても早期に退院し、できる限り自宅での生活が継続できる体制づくりが必要。
※2025年に向け、例えば在宅介護 320万人分→463万人分が必要となる。
の3つのポイントが挙げられており、今後の方向性としては、平成24年度施行の介護保険法改正・介護報酬改定等で実施した、在宅サービス・居住系サービス等の提供体制の充 実の取組みを、今後、着実に普及・拡充させていく必要があるとされています。
実施した取組みとは、24時間対応の訪問サービスの創設(24年4月~)、サービス付き高齢者向け住宅の制度化(23年10月~)、退院時・入院時の医療・介護の連携強化等です。
「Ⅰ-(2)認知症対応の推進」の現状と課題については、
○認知症の人が、医療・介護サービスを受けながら地域での生活を継続していくための施策の推進が重要。
※認知症高齢者数(2010年は約280万人)は、2025年には約470 万人に増加。
というポイントが挙げられており、今後の方向性としては、平成25年度からの5年間を対象とした「認知症施策推進5か年計画」を作成し、今後、認知症施策を早期に包括的に進めていく必要があるとされています。
「Ⅰ-(3)マンパワーの増強」の現状と課題については、
○質の高いサービスを提供していく上で、介護分野の人材確保や処遇改善が必要。
※介護職員(2012年は約149万人)は、2025年には約237~249万人必要となる。
※これまでの処遇改善の取組実績は、月額+24,000円。

(21年度介護報酬改定で+9,000円、24年度介護報酬改定で+15,000円)
というポイントが挙げられており、今後の方向性としては、一体改革の中で必要な財源を確保し介護職員の処遇の更なる改善に取り組むとともに、キャリアパスの確立に向けた取組を進めること等により、介護に必要な労働力を安定的に確保する必要があるとされています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼用語解説

キャリアパス」とは

コトバンクから

・career pass
・昇進・昇格のモデル、あるいは人材最終的に目指すべきゴールまでの道筋のモデル、仕事における専門性を極める領域に達するまでの基本的なパターンのこと。
企業がキャリアパスを示すことで、従業員は中長期的にどのようなスキルや専門性を身につけていくべきかを理解できるともに、自己の目指すべき道を自己で考察する材料ともなり、自己啓発意識醸成モチベーション向上に資することができる。

▼鵲の連句的。

早くねてしまい、四時に目が覚めた。
正月からの金爆人気、ページごとの解析をみる。
すると、やはりまだ続いている。

きのう、きゃんさんの記事に230人、265アクセス。
これ、はじめての数字かも。こんなに多くなかった。
世界の終わり記事でも百数十人だった。(二年半つづいた)
どこらへんにキテルのかわからんが。
金爆、わが娘(キコン)もいつのまにか熱狂してて、ファンクラブにも入ってた。
コンサートじゃみな総立ちで踊ったそうな。
「八重の桜」こないだの回の、正月の万歳おどりみたいなもんたい。(笑)

調理師、いったいいくらもらっているのか聞いた。
まあ、あちらが私におかあさんは給料いくら、って聞いたんだが。
パートで日に十時間、週休二日、月に年金と保険ひかれて12~15万円。
ほぼ毎日残業。毎日勤務表にノルマ達成のためって理由書く。
といえば、娘がええっ。あたしとあんまりかわらんやん。七年勤めてるのにい!
という。

そんなもんじゃん。この世のしくみ。

底辺のピラミッドが最多、で、この層が世の中を支えている。

金爆、キリショーさんが紅白がおわって、ローソンで店員のバイトのレジ打ちやっていた。
ああいうところがぐっとくる理由であるんだろう。
それからきゃんさんの溶接も、ほんとにそれで生活している工員さんたちは嬉しかったにちがいない。
なにもいわず、地味でめだたず、一度もおもて舞台にあがることなく、。
生活の中から若者の声をくみあげるポンプでありたい。
と思っているかどうか知らんが、そんな感じがしまする。

以上、考察おはり。
おまけ。

コメント

25日の夜のアクセス急増は金スマ直後の金爆検索ですね。

浮はつきの中にもジャンボ田螺かな  かささぎ

そうか、乙四郎先生は金スマを見ないでアフリカへ発たれたのですね。

金爆出演の金スマの視聴率は19%超だったそうですね。
日本人の5人に1人が視聴する気になる存在だということ。
その何人に1人が金爆をもっと知りたくて検索し、その何人に1人がここへ到達したということですね。

« 介護保険の動き(2)  人生90年時代へ向けての高齢社会対策大綱 | トップページ | ハイソ守武&天神さん&デーモン閣下&金爆&ゴールデンブック、談義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険の動き(3) 在宅介護をのぞむ人、四人のうち三人。:

« 介護保険の動き(2)  人生90年時代へ向けての高齢社会対策大綱 | トップページ | ハイソ守武&天神さん&デーモン閣下&金爆&ゴールデンブック、談義 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31