無料ブログはココログ

« 山の人 | トップページ | 西村ヒロチョの芸から連句的。 »

2013年2月11日 (月)

ぽぽなさんに「幻」の新年句があったよ!

 まぼろし   月野ぽぽな

空はいま祈りの深さ花の昼
悼むとき焔は泉湧くごとし
ひりひりと蚯蚓の一日はじまりぬ
秋気吸うその中にある闇も吸う
心臓の音の重たき石榴かな
幻のビルに初雪ふれてゆく
核はつめたし生きものはあたたかし

というのを、さきほどアクセス解析中に発掘!
ここからの引用であることをお断りいたします☟
http://tourikadan.com/cgi-bin/joyfulheyanew11112/joyful.cgi?mode=res&no=1839

覚えていますか?
ほら、年末のゴールデンボンバーのぼせ。
あのころに、金爆の「金」か、あるいは、世界の終わりの「幻の命」から「幻」一字をもらって、金か幻を入れた新年句を詠んでください。という題詠遊びをしましたね。

これの中に、あるではないですか!求める一句が。

幻のビルに初雪ふれてゆく  ぽぽな

いつの句だろう。と・・・これは一年前の句みたいです。
こういうのを、偶然性といわずしてなんという。
びっくりしたので、お知らせする次第。

また、「月野ぽぽな」検索で、かささぎの旗のが5位にあがっていて、それが、自分でも不思議に思えるような、「?」な紹介文でしたが、あれはいったい、なんなのか。
坂本龍一が脈絡なくでてきて、ぽぽなさんへ言葉を贈っている。
あの部分だけは、かささぎの創作なんですけど、ふしぎとぴたっと「はまって」いませんか。
いやあ、ごめんごめん。ぬすっとたけだけしいですかね。

指が自然にうごいてしまったのですよ。自動書記みたいに。

かささぎの旗「月野ぽぽな 自由」
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-5560.html

« 山の人 | トップページ | 西村ヒロチョの芸から連句的。 »

コメント

かささぎさん、ご無沙汰しています。
幻みつけてくださってありがとうございます。
先日ぽぽな朗読のYoutubeをアップしたのでお知らせします。一年前に国際母国語デーのイベントに招かれたときのものです。ご笑覧いただけたら嬉しいです。
http://www.youtube.com/watch?v=QXvcZFzL0vs

ぽぽなさん

今、ひらきました。
コメントありがとうございます。
お元気そうですね!
あとで、動画、アップします。
ありがとう、勉強になります。
5:45くらいのとこで、さまざまのこと思い出す桜かな。がでている。

all thoughts of things
well remembered
cherry blossoms

余分なものが何もない。たったこんだけ。
金子兜太は幸せ者でありますね。
世界に紹介してもらえて。
バングラデシュ、すばらしい国ですねえ。
こんな催しをされていたのですね。

よく眠る夢の枯野が青むまで 兜太

花すみれ朝の祈りのように咲く ぽぽな
母国語は日だまりのよう小鳥来る  ぽぽな  

ぽぽなさん。ないてしまったのね。
わかる気がします。こみあげてきたのですね。
おもわず、もらいなき。

月野ぽぽなという俳人を、みつけてきたのは竹橋乙四郎先生でした。
ここにきて、つながっているのが誰の目にもよく見えるではありませんか。

ご縁をありがとうございます。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぽぽなさんに「幻」の新年句があったよ!:

« 山の人 | トップページ | 西村ヒロチョの芸から連句的。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31