無料ブログはココログ

« 金爆特集 | トップページ | 医療費適正化のゴールデンボンバー(4) めたぼ検診受診率5パー未満!!どうする »

2013年1月20日 (日)

成毛滋さんをしのぶ、談義。


コメントまとめ

クインビーは歩道橋を渡り降りたところを北に入った所右側にあり、1階入り口で券を買い細い外階段を上がるとまた入り口があり入り口にもぎりの人がいて入場。 一番奥に低目のバンドステージがあり、この生演奏でゴーゴーを踊る若者でいっぱい。 高校生は入場禁止なんだけどたぶん高校生が半分だったかも。
私のお気に入りバンドはバッカス(名・記憶が正しければ) このバンドはツェッペリンのコピーが本物そっくりにうまく、「移民の歌」の時は聞き惚れていました。 
でもゴーゴークラブ時代って2、3年で終わったのでしょうね。

投稿: エメ | 2013年1月19日 (土) 00時01分

エメさん、ピンポン、ピンポンです。
私が知っているのは昭和37~40年代、それ以降ゴーゴークラブになったことは大いに予想できます。
中年のおじさん先生(当時はおじさんに見えたけど40歳くらい)がふたりと、あとは久留米高専の生徒が数人アルバイトで講師をしていました。
その講師たちがハンサムでこれ目当てにみんな行ってたふしがあります。

投稿: さくら | 2013年1月19日 (土) 09時18分

す、すごか。
えめさん、どんな女子高生だったんや。
いまでいうヤンキーかい。
記憶が当時のまま。そのままを再現できる。
あたしは前回のエメさんのコメントに出てくる、ミラーボール一個が燦然と輝いていたってのにいたく心動かされて、だれかこれでいっちょう歌をかかんかな。とおもったくらいです。題、ミラーボール。

投稿: かさ。 | 2013年1月19日 (土) 09時46分

さくらさん、時期は ずれるけど、同じ場所で踊ってたんですね! すご~い偶然で、うれしい~~

かささん、私は普通の高校生でしたよ。 下宿人の食事まかないとかは普通じゃないけど・笑 
ゴーゴーは流行なので、数年で時代がどんどん変化していってたのよね。

ミラーボールの経験は貴重な思い出です。 激しい曲になると回りながらストロボみたいにフラッシュが続くのよ。 で、バンドも客もテンションがup その後メリージェーンに変わるとカップルだけが中央で照らし出されて・・私は壁に張り付くわけ・・@@ 

投稿: エメ | 2013年1月19日 (土) 10時30分

うわうわうわ!メリージェーンだって。つのだひろ。
名曲。壁に張りつく、、、、もダンスの種類は違ってもいっしょ。

投稿: さくら | 2013年1月19日 (土) 17時31分

クインビーに行くって、今のヤンキーレベルからすると、たいしたことないですよ。どうやら私の2つ上の姉も高校時代から行ってたみたいです。
「メリー・ジェーン」、今日の朝日新聞別刷「be」の、「うたの旅人」に載ってました。私はこの歌が最初にシングルで出た1971年に、つのだひろと成毛滋のバンドを生で聴いてます。なんちゅう浪人生活してたんや!
おかげで「メリー・ジェーン」は、ディスコで知られるようになる前から、私の愛唱歌の1つになり、今でもたまにカラオケで歌います
ちなみに成毛滋という、当時エレキギター弾かせればNo.1のギタリストは石橋正二郎の孫、鳩山由紀夫・邦夫兄弟の従兄弟に当たるという人です。

投稿: 呂伊利 | 2013年1月19日 (土) 19時11分

>今日の朝日新聞別刷「be」の、「うたの旅人」

えっ!よりによって今日の新聞ですか?
そんなこと全く知らず、ここでメリージェーンが出てくるなんてなんたる偶然でしょ。

朝日新聞の特集「うたの旅人」はよく知っています。
「メリージェーン」歌ったつのだひろさんは田原俊彦の「騎士道」を作曲し大ヒット、田原と聖子ができているんじゃないかと(おっと下品な)大騒ぎされていたあの頃の二人だけしか知らないCM撮影時の裏話が、30年たった昨年詳しく取材され記事になったのが2011.11.26の「be」「うたの旅人」なんです。
さて、これからコンビニに雑誌フライデー買いに行きますか。
田原俊彦と芸能界デビューしている娘のみかちゃんとのツーショットがフライデーされてるらしい。

かささぎさん、すみませんねぇ、ここで思い切り吐かせてもらって。


投稿: さくら | 2013年1月19日 (土) 21時56分

なんのなんの。勉強になります。
きょうは、ゆうつべで野村義男ギターごまかし講座(みたいな題名だった)を見ていたら、じゃんじゃんじゃん。じゃじゃっじゃじゃん。っていうメロディーが飛び出てきて、あ、なつかし!ディープパープルの水の上の煙だ。
じつは↑曲名今日しりました。曲のリフは誰でも知っている、でも題名は知らなかった。すもうくおんざうをおら。移民の歌とおなじころのでしょ。おなじグループかと思った。蛇メタ関連は全部同じに思える。でもさ。いま乙四郎さんが追っかけしている金爆でも、遠い影響を受けているよね。
やっぱ、ろいりさんはなんといいますか、えめさんもですが、さくらさんもですが、おたくだとおもいます。はい。
石橋正二郎がこんなとこででるなんて。
木曜夜のコンサートは石橋文化ホールだったんですが、適度に狭くて、音響もよかった。東儀さんが話すときのマイクの調子はイマイチだったけど。

それでと。きづいたこと。あらたなる発見。
ろいりさん、えめさん、古賀音彦さんがみな、同い年なの。同い年の同じ二月生まれみたい。三人揃ってゴレンジャー。

投稿: かささぎの旗 | 2013年1月19日 (土) 23時44分

すごいびっくりした。

ろいりさんのコメント成毛さんという名前に反応して
日本マイクロソフト社の前社長が成毛さんでしたね。

と書き、でも話題がとっちらかることを懸念して削除して送信しました。
その直後コンビに行きました。
そして目当てのフライデーを手にとって、ぱらっとめくったところに、その日本マイクロソフト前社長成毛さんが車のすきな著名人の一人として紹介されていました。ぎょえー!ですよ。

投稿: さくら | 2013年1月20日 (日) 00時40分

メリージェーン、名曲ですよね。
つのだひろさん担当のnhk・fm月曜日毎週聞いてます。 昭和の歌謡曲がたくさんかかり、その合間トークに当時のアイドル裏話とか聞けて楽しいです。
フライデー、私も気になってコンビニ行ったけど売切れてました。 本屋にならあるかな・・

クインビー>>18歳以下は入場禁止と書かれていたけど中で踊っていたのはほとんど高校生でした。 たまにしか行かなかったけどライブと踊るのがすべての楽しみでした。 19歳になるころ出かけたらやっぱり高校生ばっかりで「ああ・・もう卒業しよう・・」と。17、18だったから楽しかったのかもね。この時代の1才2才の感覚って敏感に変化していきますね。

さくらさん、昨夕↑のダンス知人にバッタリ会いましたよ。 空き地に車を止めたら前の畑で麦踏みの最中で、ラッキーに感謝☆
でもね、大きなダンスパーティの時だけ久留米のダンス場に行ってたらしくて、場所も分からないとの事でした。 普段は八女でサークルを作って公民館で先生を呼んで練習していたとか。 先生の名前の記憶もないからごめんね と。
でもダンスの話は久しぶりだったらしく顔が輝いてうれしそうでした。

ろいりさん、つのださんと成毛さんを「生」でですか! それはすばらしい思い出ですね! よかったですね~~!!
成毛さん、すでに亡くなられていたのですね。知りませんでした。 たくさんのミュージシャンに影響を与えられた方でしたね。 ご冥福をお祈り致します。

投稿: えめ | 2013年1月20日 (日) 14時20分

« 金爆特集 | トップページ | 医療費適正化のゴールデンボンバー(4) めたぼ検診受診率5パー未満!!どうする »

コメント

成毛滋さんの貴重な映像、ありがとうございました。そうか、早すぎる晩年には毛が成らず、滋こともなくなったのか、いや人のことは言えんけど。
日本のエレキギタリストの系譜、田端義夫→寺内タケシ→成毛滋→高中正義・渡辺香津美→野村義男。もちろん冗談半分ですが。冗談ついでに鮎川誠??

そういえばつのだひろ、「失恋レストラン」「帰らない」といった清水健太郎の曲も作ってましたね。でも私が初めて知ったのは、1960年代末の幻のバンド、ジャックスの後期メンバーとしてでした。
ところでつのだひろが、漫画家つのだじろうの弟と知った時はビックリ、1960年代頃の元少年たちにっとってはおなじみの漫画家です。
ちなみに、つのだ兄弟にはリュート奏者もいれば、理髪業の人もいるようです。

わたしは、なるもまことさんをはじめてしりました。
こんな人↓
つのだじろうとひろさんは兄弟なんですねえ。
めずらしい苗字だし、もしやとさっき思ったけど、やはりそうなんですね。
ちなみに、高中正義と、地球儀を回して世界百周旅行・・のギター持って歌う人は同じかと思っていた。ちがいましたね、年が。名前が似ていたような。。。紅白に出ていた、パールのネックレスで。

当時つのだじろうさんの「うしろの百太郎」と「恐怖新聞」を読んだことがあります。 かなり怖いお話でした。 ・・でもうめずかずお先生の「へび女」は怖さを越えてページを開けませんでした(友人から借りたけどほとんど見ないまま返却・・@@)

私のコメント2011.11.26とあるのは2012.11.26の間違いでした。一応訂正しときます。

つのだじひろさんは毎年夏に、靖国神社で戦死者にささげるコンサートをされています。

さくらさんに確認しよう。
なりもかナルケかどちらでしょうか、まことさんは

それからエメさん、
当日は乗っけお願いいたしまさ。
宝さんは風邪でへばっとってけど、回復して参加しやすて、いよろしく!
あとさ、金爆のダンスまいじえねむにゅむにゅのダンスは、ゴーゴーダンスでしよ?窓拭きダンス。

ご遠慮なく。おっとその前に片付けなくちゃ。 たからさん、風邪でしたか、、お大事にね。
「ダンスマイジェネレーション」、いい曲ですね♪
確かに窓ふきによさそう~。
「マイジェネレーション」と聞くとまたまた高校生の頃の話だけど「ザ・フー」というイギリスバンドのファンで、お小遣い貯めてLP買いました。一番好きだったのは「クリーム」だったけど解散が早かったのよ。あの有名なギタリスト、クラプトンがいました。

エメさん、ザ・フーとは渋い趣味ですね。
クリームの「 クロスロード」を、教員バンドでやったことあります。ベース担当やったけど、今はもう弾っきらんです。

それと、楳図かずおが「まことちゃん」描いた時には、あまりのイメチェンにびっくりしました。

渋い趣味ですか・・笑
ウッドストックの時代ですよね~、懐かしいです。
「クロスロード」もいい曲ですね。 ベース担当でしたか、、フリーになられたらバンド結成どうですか? おやじバンド応援します^^

「まことちゃん」は読んでました「グワシ」

↑の二人の会話はマンガ以外じぇんじぇんわからん。

おやじバンド。もし結成できるならうちの彦さんもかたせてください。

へび女は毎週読んでいました。ほんと、こわかったねぇ。今でも背中の鱗や首がなが~くなるところなど、ありありと目に浮かびます。今晩、夢に見るかも。

笑。
じぇんじぇんわからんごつはなかばってん、おふたりみたいにくわしくない。ラジオで流れていたのは知っているけど、好きではなかったから。
エリッククラプトン、有名でしたよね。
あたしは、今朝セイコブログにやまなみ歌人近藤雅美氏の昭和47年の作品数首ひいたのですが、それ読んで、ああ懐かしいなあと思いました。
昭和47年といえば、かささぎたちは確か高校二年生でした。あのころ、しょっちゅうストがあってた。
そんな時代の雑然とした雰囲気をまとっている歌たち。現職の先生、それもおそらくは組合活動をされている先生の腹の底からの歌ですので、とてもリアルで、感じ入ります。
えめさんやろいりさんは踊りましたか。
かささぎは踊らなかったなあ。
おどりおどるなあら、こりゃとうきょうおんど、はいよいよい。とな。
ちがふって。笑
暗い青春だったので、すみません。
短大に入って徐々に明るくなった。
あかるいとものがよくみえて、らくになった。

青春って暗さは必ずまとってますよ。誰でもきっと。そして長くもがく時期がありますね。
この頃はスポーツのように汗をかきながら踊りました。 でも最近はさっぱり・・そろそろ体を動かさないといけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成毛滋さんをしのぶ、談義。:

« 金爆特集 | トップページ | 医療費適正化のゴールデンボンバー(4) めたぼ検診受診率5パー未満!!どうする »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31