無料ブログはココログ

« 医療費適正化計画(2)   社会保障審議会(2010/11月)で話し合われたこと | トップページ | 年末年始アクセス、意外なことに! »

2013年1月 6日 (日)

組織としてのゴールデンボンバー(補稿) 医療のトレンドとクロスする金爆

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 1 月 6 日 組織としてのゴールデンボンバー(補稿)

Share on Facebook


このブログの年末年始の記事へのアクセスが急増しました。✽
初めてこのサイトを訪れた方も多いかと思います。
保健医療経営大学(医療業態への応用が利く経営学を教えるユニークな大学です)で開講している授業のひとつに、私が教えている「病院組織・スタッフ論」という科目があります。
病院組織(特殊技能を有する医療専門家集団)のパフォーマンス向上に役立つ人間関係の知識を身に着けることを目的とした科目なのですが、ゴールデンボンバーという組織集団に医療チームとの類似性を見つけたので、その知見を(学生へ授業している感覚で)ブログで紹介した次第です。
医療チームの特殊性は、医師という絶対者の存在です。
医療チームのパフォーマンスは医師の能力に左右され、研鑽を怠らない医師が率いる医療チームは難しい症例に果敢に取り組みます。
しかし、医師は患者との関係においてひとりよがりとなりがちで、多職種に呼びかけて医療チームを形成するのは得意ではありません。
これらの医師の特質がゴールデンボンバーの鬼龍院翔氏と重なりました。
医師と信頼関係を築いた誰か(看護師長など)が、率先して医師を支えるチームを形成することが医療チームの立ち上げと維持には重要です。
この「誰か」のイメージが喜矢武豊氏と重なりました。
また、近年の医療チームの形成の原動力となっているのはクリティカルパスの導入です。
クリティカルパスは患者へ示す治療計画で、個々の医療職種サイドの都合を患者本位の視点で統合して最適化するものです。
医療チームへ患者本位の視点を導入することが重要ですが、患者本位の視点イメージがヴィジュアル系顧客視点の歌広場淳氏と重なりました。
しかし、何と言っても、医療チームのパフォーマンス達成の鍵は、医師を中心としたチームの結束力にあります。
若い経験の浅い医師による医療チームであっても、経験豊富なベテランメンバーの振舞いがチームの結束力を左右します。
チーム結束のキーパーソンのイメージとして樽美酒研二氏が重なりました。
樽美酒研二氏は、ゴールデンボンバーを庶民的でわかりやすい存在にすることにも貢献しています。
これまで、ヴィジュアル系バンドは近づきがたい雰囲気に満ちていました。✽
ヴィジュアル系バンドに限らず既存のロックバンドは「庶民的」であることから距離を置くことが「様」になっています。
ゴールデンボンバーのメンバーは紅白歌合戦出場後の記者会見では臆面もなく「最高の親孝行ができました」とコメントしています。
既存バンドの口からは発せられなかったコメントでしょう。
紅白翌日には、面々、実家へ帰ったり、黙々と素顔でコンビニ店員をやっていたりと、庶民的であることが「様」になっている珍しいバンドです。
(大手事務所との契約を拒否しているので、スケジュールが意に反して埋められることもないようです。)
医療の近年のトレンドは、密室医療からわかりやすい医療への転換ですので、ゴールデンボンバーという特異なチームは、医療のトレンドを具現しています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの一人ごと

学長は果てしのないのうみそをしていらっしゃる。
一方、かささぎは振ればカラカラいう音がする頭。

学長ブログの転載をやってはおりますが、本家のアクセスは、そういえばどうなっているのか、一度も聞いたこともございません。なにしろ、学問であり、学術的ですから、滅相もなくて。
敬して近づかずという、「付箋でいよう、不戦の誓い。」を一人密かにたてていまして、これまで車間距離を保ってまいりました。ははっ。

✽アクセス

日付
2012年12月30日(日) 593人868アクセス
2012年12月31日(月) 525969
2013年1月1日(火) 428669
2013年1月2日(水) 451764
2013年1月3日(木) 8771,635
2013年1月4日(金) 8311,720
2013年1月5日(土)

参照;このアクセスと2012年の年頭のを比べると一目瞭然です。

ヴィジュアル系バンドは近づきがたい雰囲気に満ちていました。✽

うちのドラに聞いても、ビジュアル系に偏見をもっている。
リスカとかする女が好むバンド。と言いきった。

金爆家族:http://www.fujitv.co.jp/kinbakuikka/

この写真をみると、顔の違いまでがよおくわかりますね。

以前、金爆メンバーだった人のブログも面白し。

http://youngjapan.blog67.fc2.com/blog-entry-40.html
(金爆 マスク、で検索中に、ぐうぜんであった。)

血祭¥てっぺえ、だって。すんごい名前だ。血の雨が降りそうだ。

http://blog.livedoor.jp/goldenbomber/archives/50893343.html

はじめてきゃんさんがちまつりさんに会った日のブログ

ちなみに。
かささぎが、今朝一番に見た動画はこれでした。

ぬんっ

http://www.youtube.com/watch?v=AU0pytonZhw

(すんまっせん。格調高くて。ひひひひ。)

ファクタの阿部しげさん、この動画のほぼ6:56のところ、「1967、ブノワ・マン電ブローがフラクタル幾何学の原理を発明します」が出てくっとです。ぜひ一度、みてね。

f(Z)=Z2たすc・・・・いかん。二乗が書けん。技術的に問題多。

(かささぎは、日経記者だった阿部重夫さんからフラクタルを習った。)

ちなみに。

全国の金爆ファンのよいこのみなさん。あーんど、セカオワファンのみなさん、
このへんな学長のいる大学へこらっしゃれんですか。
樽美酒研二さんのふるさとも近い、よかところです。

« 医療費適正化計画(2)   社会保障審議会(2010/11月)で話し合われたこと | トップページ | 年末年始アクセス、意外なことに! »

コメント

血祭さんが抜けた後、天空城さんがしばらくメンバーとなりました。樽美酒研二さんの前任者です。
この方がゴールデンボンバーを去ることになった最後のライブの最後の曲です(↓)。
詩の中にある「君」は、去りゆく人のこと。
このバンドがいかにメンバー思いであるかがよくわかります。
また、天空城さんが抜けた大きな穴を埋めることができた樽美酒さんの偉大さも。

後の天空城さんの証言によると、ラスト曲の「春が来る前に」はサブライズで、エア演奏でなかったのだとか。喜矢武さんのギターは生演奏。天空城さんはずっと下を向きっぱなしで涙顔だったようです。メンバー全員泣きながらのステージだったようです。
鬼龍院さんが「ありがとう」の歌詞のところで天空城さんの方を振り向いたところにじんと来ました。

天空城さんの証言(↓)

はあ。今から観ますさかいに。

樽美酒さんのオバマブログに書き初め作品が二つ。
一つは、「ジャンボたにしの卵」
一つは、「おちん○ん」
五歳のガキみたいな目線が、清々しいです。なぜだろうと思って、分析してみました。
一つ、字は達筆とはいえないが、決してみえをはっていません。あくまでありのまま。そこがまず、すがしい。そしてどこかとびきりの誠実さを感じさせる。あたかも、晩年の熊谷守一風の書です。
ほめすぎかいなと思いつつ、もいっちょ。
吉井の人を八女の人はなぜか根性が悪いといいますが、こと樽美酒さん一家に関しては違っていると思います。

オバマブログの「プロフィール」欄に、
前世はなんだと思う?:ジャンボたにしの卵
とありました。
その他、こんなのも。
出身地:私は福岡県民の恥です
職業:フリーター
出身校:この前なくなった.
長所:怒っても恐くない
短所:怒り方がわからない
好きなタイプは?:ちょっとヌケてる人
嫌いなタイプは?:頭がキレッキレの人..
どうしてもこれだけは譲れないものは?:欲しがられると譲ってあげる
宝くじがあたったら?:近所にくばる
尊敬する人は?:頑張ってる人
自分へのご褒美は?:腹筋100回
子供の頃なりたかった職業は?:小学校の野球の監督
ここだけの話:読み書きが苦手

乙四郎。わかった!
あの寺田天満宮の霜の朝の写真につけてくれたコメント、ほんとにそうでしたね。
この樽美酒さんは、ほんとうにここらへん的純田舎の素がぎゅうっとつまった筑後原人でありますね。
ブログをよめばよむほど、そう感じる。
上記のも、つぼをきっちりおさえていらっしゃいます。
ジャンボたにしの卵、まさにあのどピンクは、トヨタが社運をかけた今年の色ですね。ははは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 医療費適正化計画(2)   社会保障審議会(2010/11月)で話し合われたこと | トップページ | 年末年始アクセス、意外なことに! »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31