無料ブログはココログ

« 医療費適正化計画(11) その他~第一期の評価をめぐって大切なこと | トップページ | らん蔵安部龍太郎 »

2013年1月17日 (木)

アクセス数の数字データから連句的。

2013年1月1日(火) 428(人)669(アクセス)
2013年1月2日(水) 451 764
2013年1月3日(木) 877 1,635
2013年1月4日(金) 831 1,720
2013年1月5日(土) 728 1,334
2013年1月6日(日) 656 1,133
2013年1月7日(月) 760 1,158
2013年1月8日(火) 614 966
2013年1月9日(水) 599 1,051
2013年1月10日(木) 558 910
2013年1月11日(金) 464 856
2013年1月12日(土) 429 809
2013年1月13日(日) 435 855
2013年1月14日(月) 552 1,075
2013年1月15日(火) 561 1,115

「あたまがいいというのは、どういうことか分かる?お母さん。」
と小ドラがわたしに聞いてきた。そういうときの口ぶりは父親そっくりだ。
「どういうこと?」
「それはね。自分の気持ちを自分でコントロールできるってことだよ。
落ち込みそうになったら、そうならないように自分を楽しませるの。」

ふうん。いつのまにこいつ。
もう二十歳だったね。
何もいわないままだけど、夫に感謝している。
この子がこのように育ったのは、あなたのおかげです。

中学にあがるころ、いじめがあった。
いじめたのは息子の方で、学校に呼び出された。
とても暑い日だった。夫婦で出かけた。
校長も臨席して担任から事情を聞く。
すべて聴き終わると、夫が口をひらいた。

夫が先生方へ話したのは、むすこへの愛情でした。
すべてを傾けて、夫はむすこを愛していたから。
私が知らない、むすこと友達との感情のゆきかいをも、夫は知っていた。
子供から少年へとセミが脱皮するようにかわってゆく微妙な思春期入口で。
いじめた、いじめられた。ということのあわいに、夫は手を入れ、欲しかったのはこれでしょう。というような魔法をみせてくれた。
どちらが先かわからぬ感情のすれ違い。
いじめたとみえていた息子の方がいじめられていた。
みんなしてのぞいていたのは、鏡だったのだ。

あの坂が越えられたおかげで今がある。
あのとき、父親が助けてくれなければ、息子の今はなかった。
父親であるあなたに、遠く、遠くから、感謝していることだけは伝えたい。
おかげで二十になりました。
いのちを、ありがとう。




« 医療費適正化計画(11) その他~第一期の評価をめぐって大切なこと | トップページ | らん蔵安部龍太郎 »

コメント

>自分の気持ちを自分でコントロールできるってこと>だよ。
>落ち込みそうになったら、そうならないように自分>を楽しませるの。

そういうことができるようになったのは、やっとこの10年ぐらいなのに、小ドラ君は20歳ですでに理解している。
ほんとに頭のいい子ね!

二年前、最初の受験期、たんにんの先生とおなじだ、お母さんも、と激しく吐き捨てたのが最後でした、むきになって激高したのは。
あとは、私と大ドラがやりあっているのを見てて、意見してくれたりします。
その大ドラですが、さいきん変化あり。
私が疲れて後片付けもせず寝ていることが多くなり、朝、どっさりたまった水仕事をやるのは辛いなあと思っていると、この大ドラがきれいに洗って片付けてくれてる。ありがたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセス数の数字データから連句的。:

« 医療費適正化計画(11) その他~第一期の評価をめぐって大切なこと | トップページ | らん蔵安部龍太郎 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29