無料ブログはココログ

« 朝七時ころ西の空にのこる月 | トップページ | 世界の終わりのフカセと竹橋乙四郎先生が切り拓いた地平 »

2012年12月31日 (月)

おおつごもりの特別編~組織としてのゴールデンボンバー   

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 12 月 31 日 組織としてのゴールデンボンバー

Share on Facebook


大晦日です。
恒例の紅白歌合戦には次のように3人組以上のグループが多数出演します。

3人組:いきものがかり、FUNKY MONKEY BABYS、NYC、Perfume
4人組:ゴールデンボンバー
5人組:ももいろクローバーZ、嵐、プリンセスプリンセス、HY、SMAP、TOKIO
7人組:関ジャニ∞、三代目 J Soul Brothers、AAA
14人組:EXILE
多人数:AKB48、SKE48

これらには、1人が主役で他のメンバーは脇役に徹するチームだったり、全員が主役を演じるチームだったり、多種多様な組織形態があります。
「病院組織・スタッフ論」について教鞭を執っている身としては、高い成果を得るための組織形態のあり方が気にかかります。
患者の治療について主治医がすべてを取り仕切る時代から、患者の治療にチームで取り組む時代へと変わりつつあるからです。
しかし、チーム医療は、どうしても医師を主役にせざるを得ません。
法的に、患者の診断と治療に全責任を負う職種は医師のみであるからです。

チーム医療といいながら、医師と医師以外の職種との間には歴然とした違いがあります。
患者からは、診断も治療も、主治医がすべてを担っているように思えてしまいます。
しかし、医師だけでは高い成果を得ることはできません。
医師を支えるチーム構成員のすべてに存在意義があり、高い医療水準はチームなくしては達成できません。

成果(楽曲を視聴者へ届けること)を得るため、メインボーカル以外のメンバーにそれぞれ楽器演奏やコーラスの役割が与えられているチームは多いのですが、与えられた役割についての結果責任も同時に与えられていますので、医療チームとは若干異なります。
メンバーのミスについては、メインボーカルでなくメンバーが咎めらます。
紅白出場グループの組織形態として最も医療チームに似ているのは「ゴールデンボンバー」でしょう
ゴールデンボンバーは、すべての楽曲の作詞・作曲・歌唱をボーカルの鬼龍院翔氏が行い、他のメンバーは演奏もコーラスもしていません。
楽曲自体について、視聴者からは、鬼龍院氏がすべてを担っているようにしか思えません。
しかし、個性的な他の3人のメンバーとともに活動していることで、鬼龍院氏の成果(楽曲を視聴者へ届けること)が最大限に高められる結果となっています。
他のメンバーなくしては、私を含め多くの視聴者は、鬼龍院氏の才覚に触れることはなかったことでしょう。
ポールマッカートニー、ジョンレノンの二人の天才のサウンドを多くの視聴者に届けるのにビートルズというチームが必要であったことと同じです。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの一人ごと

おかげで、それまでは全く眼中になかったゴールデンボンバーをじっくり見てみるかねという気になりました。下ネタ連発の樽美酒さんが、福岡の明るく賑やかなよきご家庭に生まれ育ったごくごく真っ当な「にやがりもん(二上がり者)」だと知ったからには。

ところで、大掃除をかいくぐってここまとめていますが、。

きょうは月の最後の日であり、としの最後でもある。
アクセス、普通なら、土日などの休みは平日より少なくなるのです。

ところが、多い。
あれ?と思って内容を見てみますと。
幻の命に六割のアクセスが集中しています。

あたまを悩ませる、この無言の圧力。
なぜだ。

« 朝七時ころ西の空にのこる月 | トップページ | 世界の終わりのフカセと竹橋乙四郎先生が切り拓いた地平 »

コメント

昨夜、うきは市あたりをドライブしました。
樽美酒研二氏を育んだ地です。
今日からはゴールデンボンバーのアクセスが増えるかも。

昨日歌謡大賞新人賞とった人(全然みとらんばってん)久留米の人っていうじゃありませんか。
鳥栖高校出身の女性は美女世界一に選ばれるし九州女パワー炸裂ですね。

ダルビッシュさんはうきはの人?
では動画の道路は210号線で、やまは耳納山脈だったの。
じっちゃんばあちゃんの姿がむねを打ちました。
白紙にくるんでおひねりをくれたばあちゃん。じわっときました。
さくらさん。家入レオ、17歳ですってね。田中麗奈そっくりです。
ミスの人は、とすの人でしたか。いま、英語でのスピーチをみました。立派ですねえ。自信に満ちている。まさにハンサムウーマンですね。↓

早くも、出場後インタビューが芸能記事になっています。
~~~~~~~~~~~~
樽美酒と鬼龍院はともに「最高の親孝行になりました!」と絶叫していた。
~~~~~~~~~~~~
彼らの原点は、やはりここなんでしょうね。

あらら。それ、見損なった。
だけど、紅白、始まりから終わりまで、ちゃんと見ましたよ。こんなにまじめに見たのははじめてだった。というのも、ものすごくグループが多くて、一人で歌っている人が少なかったから。見ながら自然と、集団で歌うことの意味を思っていた。
途中、道場さんの調理のとこで別番組に切り替えた以外は、国民放送の前に座っていました。
金爆は楽しかったですね。
美輪さんのヨイトマケに感動して涙がでました。
また、プリプリのダイヤモンドへのコメントがすごくよかった。昔と今では宝物へのイメージが異なると彼女たちは言った。普段の何気ない、平凡な幸せが、ダイヤモンドなんだと。歌もよかったですね。個人的にはMのほうがすきだけども。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おおつごもりの特別編~組織としてのゴールデンボンバー   :

« 朝七時ころ西の空にのこる月 | トップページ | 世界の終わりのフカセと竹橋乙四郎先生が切り拓いた地平 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31