無料ブログはココログ

« バリーくん | トップページ | »

2012年12月 9日 (日)

平成23年医療施設調査・病院報告(14)    看護師数に占める准看の割合

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 12 月 9 日 平成23年医療施設調査・病院報告(14)

Share on Facebook

前述の「看護師数」には准看護師数が含まれています。
病院に従事する看護師・准看護師のうち准看護師が占める割合は全国平均18%ですが、割合が高い順には次の通りです。

「看護師数」が多いところは准看護師割合が高い傾向がありますが、逆のところ(埼玉県、茨城県、高崎市、東大阪市、久留米市、盛岡市など)も多いようです。

(都道府県)
27% 鹿児島
25% 高知、宮崎
24% 群馬
23% 福島、佐賀、徳島、熊本、山口、茨城、埼玉
22% 長崎、大分、栃木
21% 北海道、広島、沖縄
20% 福岡
19% 福井、千葉
18% 山梨、香川、青森、鳥取、大阪、和歌山
17% 三重、岐阜、富山、愛媛
16% 宮城、京都、秋田、島根
15% 愛知、奈良、兵庫、新潟
14% 長野、石川、静岡、岡山
13% 神奈川
12% 岩手、東京、山形
9% 滋賀

(指定都市・特別区・中核市)
31% 高崎市
27% いわき市、豊橋市
26% 福山市
25% 下関市
23% 東大阪市、高知市、堺市、川越市、宇都宮市
22% 函館市
21% 大分市
20% 郡山市、旭川市
19% 長崎市、鹿児島市
18% 岡崎市、熊本市、柏市、広島市、青森市
17% 奈良市、北九州市
16% 相模原市、高松市、富山市
15% 和歌山市、さいたま市、久留米市、岐阜市、豊田市、札幌市、尼崎市
14% 新潟市、宮崎市、前橋市、長野市、船橋市、姫路市、京都市
13% 福岡市、大阪市、名古屋市、金沢市
12% 浜松市、松山市、西宮市
11% 倉敷市、仙台市、横浜市、神戸市、千葉市、川崎市
10% 盛岡市、秋田市、高槻市、岡山市、東京都の区部、静岡市
9%横須賀市
8%大津市

医療法による人員配置標準では(正)看護師と准看護師との区別はありませんが、診療報酬における入院基本料(7対1、10対1、13対1)の施設基準では(正)看護師が70%以上であることが求められますので、看護師数が多いところでも准看護師割合が高い地域では「看護師不足」が叫ばれているかもしれません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽鵲のひとりごと、れんく的。

准看とは、なんと重要な役割を担っているのだろうか。
それに、こんなに数が多いとは知りませんでした。
なくなるなくなるといいながら、病院経営にとっては不可欠の存在なのですね。

昨夜は連句会の忘年会を八女市内某所でやった。
華やかな女子会、座は賑わい、あっという間に四時間。
話題はファッションから教育、食物、医療、色々色々。
ふだん仕事や親の介護や子や孫の世話などで多忙を極める世代。
いくつか話題を。
きのうのこの欄でご紹介の高知のさる看護師長さんがおっしゃっていたのですが、いかにスタッフの離職率を下げるかに工夫を凝らす。これ、おなじ病院経営に携わるたからさんも、そこに心血を注いでるようでした。まだ創業以来の看護師たちが頑張ってくれているとのことです。
連句の話題としては、山下整子さん(歌人・元広川町役場職員)が文芸仲間のさるお方を介して、黒木氏一族の五條家のお方を紹介されたよし。
そのお方とは、五條元滋(ごじょう。もとしげ)氏です。
ネットで拾えました、

http://kusennjyu.exblog.jp/15526549
②http://www.library.yame.fukuoka.jp/pdf/kyoudosikouza.pdf#search='%E4%BA%94%E6%A2%9D%E5%85%83%E6%BB%8B'

連句集『ふらう』 荒木理人、宗像文夫、五條元滋・著http://books.google.co.jp/books/about/%E3%81%B5%E3%82%89%E3%81%86_%E9%80%A3%E5%8F%A5%E9%9B%86.html?id=YURwygAACAAJ&redir_esc=y

五條家は彼岸花の咲くお彼岸のころ、一般公開される歴史的名家です。
かささぎ、この先生のお名前は次男が通った八女学院の教職員名簿の中でみかけたことがあるように記憶します。(そういえば調氏もいらっしゃったような。)

えにしの糸がつながっていれば、出会う人には出会える。
せいこさん、この連句集、どうぞブログでご紹介ください。
写真ではほぼ同世代のお方のようですね。

タイトルがいいなあ。ふらう。
坂本龍一をなんとなく想起。
http://youtu.be/W9deYiOc7Qkきれいだ、この曲。
あと、まったく対局にある、2ちゃんねらー老人のこれも。http://2r.ldblog.jp/archives/5808969.html

(↑旧仮名にひとつ間違い発見す。)


みんなの意見では、かささぎがそのあまりに無礼な言動により強制撤去身分剥奪永久追放となった、「れぎおん」は引き続き継続したい。
活字媒体に連句作品を残したい。
それには、前田圭衛子編集発行の「れぎおん」以外にない。

« バリーくん | トップページ | »

コメント

「黒木氏一族の五條家のお方」
というのは、まちがいみたいです。
五條家も黒木氏も、かささぎのあたまの中ではおなじカテゴリーに属しているものだから、てっきりおなじかと思い込んでいて(というか、深く考えていませんで)事実とは異なるようです。すみません。
まるで、次男とおなじです。
次男にたずねた、五條先生という名前の先生にならったことある?ないよ、でも知ってる。ええっと、金持ちの人やろ。じゃなかった、名家の人でしょ。
ーとやつは答えた。
で、その名家の意味をよく知らないんだ。
かささぎも、おなじです。
単純だから、こんなかんじの図式があるだけ。
黒木家~後鳥羽院から調姓をもらう。天皇の落胤伝説あり。
五條家~南北朝の南朝方の天皇に関係する公家。
ゆえに、おなじポケット。かささぎのカテゴリーのおおざっぱさよ。あ~あ、すみませぬすみませぬ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/48140461

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年医療施設調査・病院報告(14)    看護師数に占める准看の割合:

« バリーくん | トップページ | »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30