無料ブログはココログ

« 残業の前に | トップページ | 平成23年医療施設調査・病院報告(9) 宮崎をのぞく九州七県の病床利用率の高さ »

2012年12月 3日 (月)

平成23年医療施設調査・病院報告(8) 各種病院の病床利用率・在院日数

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 12 月 3 日 平成23年医療施設調査・病院報告(8)

Share on Facebook


病院の病床利用率(%)の推移は次の通りです。

(病床種別)1996  2002  2008  2011
精神病床     94.3  93.1  90.0  89.1
感染症病床    1.3   2.5   2.4   2.5
結核病床     42.8  45.3  38.0  36.6
一般病床     82.7  80.1  75.9  76.2
療養病床     91.7  94.1  90.6  91.2

利用率の低下が著しいのは精神病床、結核病床、一般病床ですが一般病床は下げ止まりです。
療養病床については90%以上の高い病床利用率のまま推移しています。

平均在院日数(日)の推移は次の通りです。

(病床種別)1996  2002  2008   2011
精神病床   441   364    313    298
感染症病床    14       9      10       10
結核病床      120      88     74       71
一般病床        33      22     19       18
療養病床     153      179    177 175

在院日数は精神病床、結核病床、一般病床ともに顕著に短縮しています。
一般病床の平均在院日数は7対1入院基本料の施設基準(平成23年度までは19日以内)がクリアできるほどに短縮しています。
療養病床の平均在院日数は約半年です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

« 残業の前に | トップページ | 平成23年医療施設調査・病院報告(9) 宮崎をのぞく九州七県の病床利用率の高さ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 残業の前に | トップページ | 平成23年医療施設調査・病院報告(9) 宮崎をのぞく九州七県の病床利用率の高さ »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31