無料ブログはココログ

« 社会保障制度改革推進法(2) 社会保障とは受益なのか | トップページ | ぽぽなさん、やっと月がまわってきたよ。お願いしますね! »

2012年11月11日 (日)

社会保障制度改革推進法(3)  第二条、基本的な考え方に織り込まれたこと

保健医療経営大学学長

橋爪 章

社会保障制度改革推進法(3)

Share on Facebook


社会保障制度改革推進法の第二条は、基本的な考え方です。

第二条 社会保障制度改革は、次に掲げる事項を基本として行われるものとする。

 一 自助、共助及び公助が最も適切に組み合わされるよう留意しつつ、国民が自立した生活を営むことができるよう、家族相互及び国民相互の助け合いの仕組みを通じてその実現を支援していくこと。

 二 社会保障の機能の充実と給付の重点化及び制度の運営の効率化とを同時に行い、税金や社会保険料を納付する者の立場に立って、負担の増大を抑制しつつ、持続可能な制度を実現すること。

 三 年金、医療及び介護においては、社会保険制度を基本とし、国及び地方公共団体の負担は、社会保険料に係る国民の負担の適正化に充てることを基本とすること。

 四 国民が広く受益する社会保障に係る費用をあらゆる世代が広く公平に分かち合う観点等から、社会保障給付に要する費用に係る国及び地方公共団体の負担の主要な財源には、消費税及び地方消費税の収入を充てるものとすること。

一では、「自助、共助及び公助が最も適切に組み合わされるよう留意」といいながら、結論部分では「家族相互、国民相互の助け合いの仕組み」すなわち自助と共助が基本とされています。

二では、「給付の重点化」を行うこととしています。重点化ということは、給付を限定するということですので、社会保障給付の後退を覚悟しなければなりません。

三では、「年金、医療及び介護においては、社会保険制度を基本」ということで公費は社会保険料負担の適正化に充てることを基本としています。

医療に関しては、国民健康保険や協会けんぽへの公費投入による保険料負担の軽減がそれにあたりますが、患者の窓口負担を軽減する公費負担医療制度については基本とされていませんので公費負担医療は重点化によって後退する可能性があります。

四では、三に充当される公費の主要な財源には「消費税及び地方消費税の収入を充てる」とされています。

現状においても、社会保障給付への公費投入は消費税による税収を上回っています。

消費税率を10%に上げても税収は年に13兆5千億円しか増えません。

社会保障給付への公費投入の主要な財源を消費税にするということは、公費投入を減らす、あるいは消費税率をさらに上げる、ということと同義です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽鵲のひとりごと

アクセスを休み時間に見ていると、数年前の記事で過去の自分にばったりあう。
警備会社に勤務していたころ労務費調査説明会へ参加したときの感想を綴ったものがあった。役人へ八つ当たりしていた。誰のせいでもない話なのに。
橋爪章学長ブログ転載を続けていますと、お役人にはお役人さんの重い思いがあるなあ。ということがじかに伝わってき、あの時の担当者に対してもまことに申し訳なく思った。気づけば、今かささぎのまわりには公務員がかなりいる。そらんさんもせいこさんもふたみちゃんもそうだったなあ。ミニ同窓会で会った二人の福岡市の福祉課職員もいました。(橋爪のエイテンやちかちゃんなど先生も公務員だったねえ。わすれとった。)考えよ考えよとかささぎに言っているような気がする。

▽昨日のかささぎの疑問

「それじゃ、社会保障とは何?受益ではないなら。

みんな、もらうこととしかおもっていないよ。」

への回答コメント

コメント

社会保障は国の責務。マイナスの状態にある人をせめてゼロのレベルまで引き上げること。
受益は、ゼロ以上の状態にある人にさらに益をもたらすこと。
自立支援法が施行され「受益者負担」という用語のもとに自己負担が導入された時にも、用語の不適切を唱えた人たちがいました。障害者施策で我々(障害者)の「益」はどこにあるのだ、健常者に少し近づいただけなのに、と。

« 社会保障制度改革推進法(2) 社会保障とは受益なのか | トップページ | ぽぽなさん、やっと月がまわってきたよ。お願いしますね! »

コメント

記事の見出しに、「・・織り込まれた変節」とつけようとして、待てよ。これは変節とは違うだろう。と、変節を使った事例をさがすと、これ↓がでました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 社会保障制度改革推進法(2) 社会保障とは受益なのか | トップページ | ぽぽなさん、やっと月がまわってきたよ。お願いしますね! »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31