無料ブログはココログ

« モテキ | トップページ | 西洋医学の伝来~アルメイダが長崎に残した足跡 »

2012年11月26日 (月)

文音の行方  打越のさわりがありました

もうしわけありませぬ。

こちらをごらんください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/kiyoshi0302/comment/20121121/1353509600#comment

問題の箇所。

燕にはネクタイが似合ふらん    兼坊  春
     ポニーテールの高さ確かめ    かささぎ 雑
朝(あした)にはまだ処女(おとめ)なる君の息 みやこ 恋
                       三千匹のの産卵        せいこ  恋
水泡を破らぬやうに水あてて  らん  恋
   吽の狛犬初蝉を聞く    エメ      夏、釈教

生類のさわり、こんなにあったなんて。
やり直しましょう。

せいこさん、もう一度付け直しませんか。
あとで入れ込むのは難しいけれど、それだけやりがいもあります。

どうかおねがいいたします。この順でやりませんか。

« モテキ | トップページ | 西洋医学の伝来~アルメイダが長崎に残した足跡 »

コメント

魚の産卵では、恋句が弱いのではないかと思っていました。

ぜひ、やり直しましょう。

水泡って実に肉感的って思いません?
わたしはむしろ、らんちゃんの水泡の句を、短句の恋句に変えてもらってもいいのではないかと思ったのですけれども。いかが?

付け句案
1、空腹だつたか熱情だつたか
2、二の腕白く白くかがやく

せいちゃん、何度も何度もここやっているよね。そういえば。笑。
ありがとう。
どっちも確かな付けだと思います。
これまで出してくれた句にも、とてもいい句がいくつもあったんだけど、生かせずごめんね。
1をとると、前句が一時の気の迷いになるなあ。だけど青春時代ってそんなんだ。まあ中年になっても老人になってもいいんだけど。
きのう「モテキ」みたんよ。すきな子がいるのに、ちがう女と寝てしまう。そんでそのことを彼女にいう。残酷。おとこのからだはざんこくだ。なってみたことないからわからない。
2をとると、前句に順付というか、すなおにつく。
はたちくらいのとき、同性のどこにもっとも色気を感じたかといいますと、二の腕の白さでした。はっとするほど、その部分だけが浮き上がって見えた。うつくしくて、色気があって、いつまでも印象に残った。あれはなんだったんだろう。東京の人。

つぎのらんさんに選句させて付けてもらいます。
きっとなにもよんじゃいまい。今日はj携帯わすれていったので、明日にでも連絡します。

つばめが生類だった、蝶ネクタイはちがかった。笑
ポニーテールも生類といえなくもなく、うんのこまいぬはつせみをきくに至っては、動物が字面に牛、犬、蝉と三つもおった。離れているからいじらなくてもいいかも。

空腹だつたか熱情だつたか
少しづつ水をたらして包丁研ぐ

絆創膏はまだあるかしら
ねんねこの中で聞いてる子守唄

らんさん
ありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文音の行方  打越のさわりがありました:

« モテキ | トップページ | 西洋医学の伝来~アルメイダが長崎に残した足跡 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29