無料ブログはココログ

« 工員さん弁当、火曜日 | トップページ | 磐井ロード、ナオの月。 »

2012年11月13日 (火)

ワイエスのこの絵をみよ。


「クリスティーナの世界」 1948 石膏板にテンペラ

月野ぽぽなのすごい月の句をみて、すぐ連想した。
この女性の絵。(ワイエスは男性です)

かささぎは世界中の美術館の案内図鑑(原色世界の美術)を独身の頃に買い揃えていたので、この絵を知りました。ニューヨーク近代美術館(MoMA)蔵。

絵に物語があり、強い感情があります。忘れがたい絵です。
背景を知りたく思いました。そのままになっていました。
思い出させてくれたぽぽなさん。ありがとう。

« 工員さん弁当、火曜日 | トップページ | 磐井ロード、ナオの月。 »

コメント

説明では、この絵のなかの女性は、びっこだとあります。
アンドリュー・ワイエス
1917~
ペンシルバニア州生まれ
アメリカ写実主義の伝統を受け継ぎながら、地方生活の情感と悲哀を漂わせる。とかかれている。多くがテンペラ画、ベン・シャーンと通じる回路がある。とも。
ベンシャーンの第五福竜丸はちゃんと見れます↓。これはアインシュタインとおなじきもちがあったんだろうか。両親ともユダヤ人。

非公開にしてしまいましたが、今朝気づいた皇室周辺批判コメントに書かれていた中にあった、ユージンスミスという写真家、わたしはべんシャーンと重ねていました。が、もちろん違う人です。☟

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイエスのこの絵をみよ。:

« 工員さん弁当、火曜日 | トップページ | 磐井ロード、ナオの月。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31