無料ブログはココログ

« 日本の闇、マスコミの闇。あーんど、かささぎの小さな蒼いやみ。 | トップページ | 老人福祉施設の動向 ~ 有料ホームの充実ぶりと公費施設の減少 »

2012年11月 5日 (月)

へき地保育所の動向  五年で三~四割減

保健医療経営大学学長

橋爪 章
2012 年 11 月 5 日 へき地保育所の動向
Share on Facebook


社会福祉施設調査では認可外保育所の動向はわかりません。

ベビーホテル、駅型保育所、駅前保育所等の無認可保育所や事業所内保育所、病院内保育所、季節保育所などが認可外保育所です。

無認可保育所であっても定員6名以上の施設には届出が義務付けられ、行政による検査や指導が行われますが、それ以下の規模の施設の実態はわかりません

認可外保育所のうち市町村が山間部等に設置するへき地保育所については社会福祉施設調査に統計が計上されています。

へき地保育所の動向は次の通りですが、激減してきています。

へき地保育所 平成18年 19年 20年 21年 22年 23年

施 設 数        813    748     690     608    566     529

定 員 数      30310  28030   26070   23368  21698  20302

入所幼児数      13440  12322   11258    9956   8892   8377

従事者 数       2536   2386    2261    2089   1923   1828

認可保健所の統計では入所幼児数は定員オーバーでしたが、へき地保育所では大きく定員割れしています。

へき地保育所数が激減しているのは幼児の減少で閉鎖を余儀なくされている保育所が相次いでいるからかもしれません


(保健医療経営大学学長ブログ転載)


▽かささぎの一人ごと

いまさらながらなんですが、離婚が多くなりました。
まわりを見渡すと、あそこもここもひとり親。
まだ母親の手を離れない幼児を預けて母は経済的に自立しなければならない。
A子はネットでさまざまな知識を得て、偏見に負けないひとり親をめざしている。
我が村にも保育園がありました。うちのたんぼの前に。
最盛期には二十人ほどの幼児を預かっておられた。
ところが十年ほど前に閉じられた。
こどもの数が減ってしまったのが大きいのでしょう。
目にみえるかたちで世間が移ろっていきます。




« 日本の闇、マスコミの闇。あーんど、かささぎの小さな蒼いやみ。 | トップページ | 老人福祉施設の動向 ~ 有料ホームの充実ぶりと公費施設の減少 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へき地保育所の動向  五年で三~四割減:

« 日本の闇、マスコミの闇。あーんど、かささぎの小さな蒼いやみ。 | トップページ | 老人福祉施設の動向 ~ 有料ホームの充実ぶりと公費施設の減少 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31