無料ブログはココログ

« 九州俳句誌連載「かささぎの旗」15 | トップページ | 円錐 2012臨時増刊  糸大八追悼 »

2012年11月 9日 (金)

現代川柳 点鐘  第155号

クラルテの動物農場  墨 作二郎・絵

お元気になられたようですね。よかったよかった。

時間が許す限り、先頭から行きます。

姫路市  前田芙巳代

いつからの闇にまぎれて癌告知
萩は乱れて残暑をひきずって
なにごとも無かったように皿の罅(ひび)
時計屋の時計仮面をはずせない
今更の絆寄りそう芒野に
鍵穴のむこうはいつも澄んでいる

と思ったけど、時間ないんで、削ります。すません。ぺこぺこり。

丸いから動き回れる大相撲   堺市  上野楽生

吊るされた柿を眺めている老後  札幌市 中村迷々亭

鍵すべて嫁に渡してからの凪ぎ  札幌市 熊谷美智子

勝負パンツは苺模様の雪女    八幡平市  徳田ひろ子

オスプレイ 飛行機雲を描けるのか   京都市 木村良三

一本の稲穂となって穂明かりす    高知市  小野善江

学校からもおかあさんからも逃げなさい  西宮市  吉岡とみえ

つながれてから笑わない犬      森吉笛里恵

青天白日バッタは崖の上に立った  長岡京市 森田律子

貝殻は雲間を揺れて連なって   松原市 本多洋子

お地蔵さんより太ってはいけません  西澤知子

一人てそういうことね玉葱剥いている  松田悦子

水になるあなたの爪を切っている     八木侑子

引込線から運命線に戻る     北川アキラ

壁が無ければ私多目的教室   小林満寿夫

蟻は食いつぶし蝉は啼きつぶし輪廻相   墨 作二郎

あれ?なべたかさんとこいけさんがいない。

途中、ページすっとばしている!!わわわ。ごめんごめん。
またするけん。つづき。。ではいってきます。

川柳はおもしろいなあ!

« 九州俳句誌連載「かささぎの旗」15 | トップページ | 円錐 2012臨時増刊  糸大八追悼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代川柳 点鐘  第155号:

« 九州俳句誌連載「かささぎの旗」15 | トップページ | 円錐 2012臨時増刊  糸大八追悼 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31