無料ブログはココログ

« プチプチ一巻 | トップページ | 工員さん弁当、火曜日 »

2012年11月13日 (火)

社会保障制度改革推進法(5) 第五条~八条 年金・保険、少子化対策

保健医療経営大学学長

橋爪 章

社会保障制度改革推進法(5)

Share on Facebook


社会保障制度改革推進法の第五条~第八条は、それぞれ公的年金、医療保険、介護保険、少子化対策の基本方針です。

公的年金制度については、

第五条 政府は、公的年金制度については、次に掲げる措置その他必要な改革を行うものとする。

 一 今後の公的年金制度については、財政の現況及び見通し等を踏まえ、第九条に規定する社会保障制度改革国民会議において検討し、結論を得ること。

 二 年金記録の管理の不備に起因した様々な問題への対処及び社会保障番号制度の早期導入を行うこと。

少子化対策については、

第八条 政府は、急速な少子高齢化の進展の下で、社会保障制度を持続させていくためには、社会保障制度の基盤を維持するための少子化対策を総合的かつ着実に実施していく必要があることに鑑み、単に子ども及び子どもの保護者に対する支援にとどまらず、就労、結婚、出産、育児等の各段階に応じた支援を幅広く行い、子育てに伴う喜びを実感できる社会を実現するため、待機児童(保育所における保育を行うことの申込みを行った保護者の当該申込みに係る児童であって保育所における保育が行われていないものをいう。)に関する問題を解消するための即効性のある施策等の推進に向けて、必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講ずるものとする。

とそれぞれ規定されています。

公的年金の第一人者を招集した専門審議会で数十年に亘って討議されている公的年金制度です。

1~2人の若者の収入の中から1人の高齢者の年金を捻出せよ、という難問への解が見つからないために「結論」が見出せなかったものが、社会保障制度改革国民会議で、ついに「結論」が出されることになります。

少子化対策については、「子育てに伴う喜びを実感できる社会を実現するため」に「待機児童に関する問題を解消する」という論理の展開はわかりにくく思えます。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの一人ごと

さあ、解散、いつするか、総理はタイミングをはかっている。

どちみち、選挙は来年になるのだろう。

きのう母の心尽くしの晩御飯(ぶた汁風だごじる+貝のむき身と大根の煮付け定食)をたべながら見た九時のニュースで総理がぜんざいを食べて和んでいる姿が映った。世の中は厳しいが、甘いものをいただく、と。
この人がかつて言った中で、もっともよか言葉じゃとおもった。

▽連句会私信

多忙なぽぽなさんにさっき、メールを送った。
そうじゃなくても滞ってた連句の付けを頼むのに。

そしたら折り返しで返信、おどろき!

いまにゅうよおくは何時なん?

しらんけど、すごくね?

日曜文化祭の打ち上げにも出ず(すみませぬ、することがたくさん山のよで)約束してたらんさんとのお茶、ちかくの古い喫茶店JBLが日曜閉店なのを知らず、誰もいないまっくらの店内でしばらく話していたが、お店の人が休みだというので、となりの31アイスに行った。
そしたら新味です、どうぞ試食を。ともってみえたのが、

ニューヨークチーズケーキ味!

二人でそれを注文し、100円のコーヒーを淹れて、ともだちの葬儀の話をして別れた。

えめさん、はじめてあったとき、ここでそん100円コーヒーだけでねばったですね。
こういう客は、われわれ以外なかろね。苦笑。

« プチプチ一巻 | トップページ | 工員さん弁当、火曜日 »

コメント

はい
昨日はどうもありがとうございました
ニューヨーク味食べてみたいです。
土曜日、ソウルで迎えのガイドさんがひめさんそっくりで驚きました。背格好も声も。。

エメさん


韓国のそのガイドさん、私の遠い親戚だよ。
たからさんといい、えめさんといい、韓国だいすきになってきましたなあ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« プチプチ一巻 | トップページ | 工員さん弁当、火曜日 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31