無料ブログはココログ

« エメさん、ありがとうございます。 | トップページ | 社会保障制度改革推進法(8) 第九条から十五条、国民会議について »

2012年11月16日 (金)

中山宙虫の叙情  ナオのおっぱし

1蔦もみじより家族が遠い

銅山跡の揺れる蓑虫
秋霖をゆく石組みの村
蔦もみじより遠い海峡

昨夜から考えていた。
そらんさんの使った「より」「遠い」のふたつの言葉。
「より」が今ひとつわからなかった。
なんとなく自分で「より赤い」とすり替えてみて、はじめてわかった。
そらんさんとの違い。
比較に思えることばなので、自分は蔦もみじの真っ赤な色よりも赤いとしてみたら、連想して出てきたものは、戦前のアジア大陸地図でした。かささぎの家にずっとあったんですが、昔の家の光の附録で、大日本帝国の領土が赤く塗り分けられていた。

ちなみに「戦前の赤く塗られた地図」で検索したところ、こういうのが出てきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/eraser1eraser/63046920.html 竹山道雄
http://d.hatena.ne.jp/sankeiaidokusya/20120228/p1 大連は満州ではなく関東州

そういう思想的なほうへ行きたいのではなく。
蔦もみじを今の自分に見立て、起点として振り返っていると読むのが自然だろう。
せつなさはよくわかります。

これがまさに、なかやまそらんの世界なんです。
理屈抜きでせつない。

   石を選んでけんけんけんぱ   呆夢   雑
そやかてな、うちだけかてかてまんぢゆうなんや  鵲  雑
   権利によりて命護らる     乙四郎  雑

国境を越え振りかへる月険し   ぽぽな  秋、月
    蔦もみぢより遠い海峡    そらん  晩秋

名残裏に入ります。
一句目・秋の長句をすみたからさんにお願いしたい。
たからさん、むすこさんの受験でたいへんでしょうね。
なにが大変って子育てはたいへんだよね。
じつはじぶんがそだっているんだけどねえ。

こないださ。のうその31でとうみょうじらんと葬式の話をした。
ともだちがなくなったんで。
彼はたからさんのご主人とも高校の時おなじクラスだったんんだね。
いろんなことを思わせる死だった。

生はぐうぜん、死は必然。

だそうです。そうお坊さんがいわれたらしい。(らん)



« エメさん、ありがとうございます。 | トップページ | 社会保障制度改革推進法(8) 第九条から十五条、国民会議について »

コメント

俳句が出て来ません。미안합니다(ごめんなさい).7年ぶりに会った友達が、偶然にも5年間独学で韓国語を勉強していて、ハングル検定3級を持っているとか。その人によると、毎日ラジオハングル講座を聴き、覚え始めの時は頭を韓国語でいっぱいにしないとだめよ、と言うことでした。私も今頑張って頭の半分が仕事等、半分が韓国語で、俳句が出て来ません。もう少し熱が冷めるまで待ってね。勝手ながら、飲み会等はさそってね(笑)

俳句が出て来ません。미안합니다(ごめんなさい).7年ぶりに会った友達が、偶然にも5年間独学で韓国語を勉強していて、ハングル検定3級を持っているとか。その人によると、毎日ラジオハングル講座を聴き、覚え始めの時は頭を韓国語でいっぱいにしないとだめよ、と言うことでした。私も今頑張って頭の半分が仕事等、半分が韓国語で、俳句が出て来ません。もう少し熱が冷めるまで待ってね。勝手ながら、飲み会等はさそってね(笑)

ソファミレド。笑

ではだれに。

ひめさん、レポートしてたら、付け句が湧いてきたので三句 携帯に送りました。
一応みてください。
試験勉強中に他のことがしたくなる、昔からの悪い癖。

これでおしまい。しばらくサラバじゃ。

みやこさん、さんきゅう!そのまましばらく産休にはいってくだされ。ははは。
あたしゃね、みやこさんに相当よりかかっとってねえ。いえないこともたくさんある。世の中にこげなひどかにんげんがあろうかってくれ、ひどかかささぎ。
がん治療中のともだちに、ちょうどおなじときに隣組長をやっておるものだから、いろんな出事のなすべきことを押し付けようっとよ。むごかねえ。あしたはしめ縄作りがあってねえ。一大メーンイベントなんだけど、まさかこの日とは思わず、もみじがりをいれていました。お金はらったので、もったいないので、いやしいかささぎはどっちいくべきか迷うことなく、もみじ。笑
みやこさんは体調があって行くことをためらっているうちにいかないことになっていて、そんで、そのために、お留守番、もちのろん、御宮の世話役をしてくれるんだ。かささぎは遊び、みやこさんはお世話。
ごめんというよな浅はかなことばでかたづけらるうごたるもんじゃないのは、自分がいちばんようわかっとる。ばってん、いかるうときにはいこうともおもう。運命だから。あっさり。苦笑

みやこさん、今みた。けいたい。ほんとだ、入っている!!ありがとうありがとう。
たからさん、次はたのんます。
みやこさんありがと。今日帰宅後すぐ御宮お座の話し合いにいって、それがおわってまとめる。
すんげえ雨、吹き降り。嵐。
このなかを仕事かよ。
でもいってくら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山宙虫の叙情  ナオのおっぱし:

« エメさん、ありがとうございます。 | トップページ | 社会保障制度改革推進法(8) 第九条から十五条、国民会議について »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31