無料ブログはココログ

« 社会保障制度改革推進法(9) 生活保護医療扶助の「適正化」 | トップページ | Metis & さだまさし »

2012年11月18日 (日)

ディズニーランドに学ぶ ~ 日本医療経営学会総会講演in札幌

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 11 月 18 日 ディズニーランドに学ぶ

Share on Facebook


日本医療経営学会の学術集会・総会に参加するために昨日まで札幌へ出張していました。
学会テーマは「原点から考えなおす医療経営」-医療と介護の望ましい未来-でした。
特別講演は「ディズニーから学んだ人の気持ちを動かすコミュニケーション」(上田比呂志講師)でした。
五感の伝達力は視覚83%、聴覚11%、嗅覚3.5%、触覚1.5%、味覚1%で圧倒的に視覚優位なので、どんなに言葉で説明しても(聴覚情報)、表情や動作(視覚情報)で伝わるメッセージが優位だとのこと。
キャスト(従業員)が「笑顔」を絶やさないことがいかに重要なことであるかを学びました。
また、ディズニーランドの行動基準として、自分たちの見せ物を成功させることよりも「お客様の安全確保」が最優先とされており、毎日のようにどこかで防災訓練が行われているとのこと。
昨年3月11日の地震発生時に、どの場所においても、アトラクションを中断してお客様を建物外へ避難誘導するという行動を、指令を待つまでもなく全ての従業員が整然ととっていたのは、この行動基準を徹底的に従業員教育しているからとのこと。
医療人にとって、示唆深い講演でした。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽本日は学園祭とみやま秋穫祭が開催されます。

話題の歌手、Metisメティスが来ます!!
大学とせたか駅を結ぶシャトルバスも臨時運行されます。
どうぞみなさまいらっしゃいませ。

詳細はここでご覧ください→http://www.healthcare-m.ac.jp/app/mb/

▽Metisのブログでも紹介されました!
http://ameblo.jp/metis-jp/entry-11397856135.html?frm_src=thumb_module

« 社会保障制度改革推進法(9) 生活保護医療扶助の「適正化」 | トップページ | Metis & さだまさし »

コメント

ディズニーランドのすごさがわかります。
    ↓

こちら(↓)を先にご覧ください。
年に180日の防災訓練だそうです。

いま、拝見しました。
日常の暮らしの中で二日に一度、常にどこかで訓練があっていたことと、最悪を想定して常にそれに備えていたことが、とっさのときでも慌てず冷静な対応を取れたスタッフの原点だったとわかりました。
九割がアルバイト、というのを知って、まあ、それならかささぎの旗が今勤めている工場みたいと思いました。
一班十人のうち二人正社員、残りはパートです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーランドに学ぶ ~ 日本医療経営学会総会講演in札幌:

« 社会保障制度改革推進法(9) 生活保護医療扶助の「適正化」 | トップページ | Metis & さだまさし »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31