無料ブログはココログ

« ゆで太郎の江戸前そば | トップページ | セージ咲く »

2012年10月 8日 (月)

平成23年度医療費の動向(8)  薬局ばかりぐんぐん伸びる

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 10 月 8 日 平成23年度医療費の動向(8)

1施設あたり医療費と対前年度伸び率は次の通りです。

 医療費    23年伸び率 22年伸び率

大学病院 151.6億円   2.9%   7.7%

公的病院  46.7億円   4.1%   6.8%

法人病院  15.5億円   2.7%   5.6%

個人病院   7.2億円   2.6%   4.7%

医科診療所  1.0億円   1.7%   1.2%

歯科診療所  0.4億円   2.4%   1.3%

保険薬局   1.3億円   6.4%   1.4%

22年の診療報酬改定年には病院の伸び率が大きく、診療所と保険薬局は抑制されていました。

23年は保険薬局が反動で大きく伸びています。

医科診療所の伸びは小さく、1施設あたりの医療費は保険薬局が診療所を引き離しつつあります。

いつの間にか、庇の借り手が母屋より大きくなってしまいました。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽鵲のひとりごと


かささぎが密かにのぞくブログがいくつかあります。
その一つに漏斗胸ブログがあるんだけどもさ。
きのう2チャンネルのそれみてたら、あまりにもしようもない諍いが頻出するので、途中で退散。じぶんの漏斗がより重度、おまえのはエセ、軽度のものにこの苦しみがわかってたまるか。っていうようなね、そんなおかしいやりとりがしばしば繰り返される。
読者はすぐなら閲覧できたであろう添付写真を見たくても見れない欲求不満にさらされつつ、ああ、ほんとうに、漏斗胸というのはひどい奇形なんだと想像するのみ。

(かささぎは、ネットでも、女性の漏斗むね患者は悩みを存分には曝せないものなのだな。と気づきました。男性6に対し女性4の割合でこの奇形が出るそうで、しかも遺伝率も40%と高い。千人に独りの病。あなかなし。でもね、何も知らなかった、ネットするまでこの病気について。まだまだわからないことばかりだ。「えぐれ族の反乱」ての、いつかかきたい。)

話題かえよう。
あべしげさんのブログ、むつかしいので、かささぎの軟弱あたまが硬すぎると受け付けなく、このところ遠ざかってましたが、あべしげさんファンだから、記事をかっさらってきて、貼り付けます。続きがよみたきゃ、factaを買って読んでね。

調剤薬局「バブル」の不条理

あて外れ「医薬分業」。医師をいじめて薬局にインセンティブつけ過ぎの政策ミスを、厚労省は認めない。

2012年10月号                [医療費膨張のガン]

門前市をなすというが、病院のそばに「調剤薬局」が林立している光景はどこでも見かける。人呼んで「門前薬局」。医師が出した処方箋に従って医薬品を処方する(実態は紙袋にパックするだけの)薬局が、なんでああまで繁盛しているのか。

デフレのご時世でも、稀有なことに調剤薬局は右肩上がりで市場が拡大している。伸びは強烈で、1995年度に1兆2662億円だった薬局調剤医療費は2011年度に6兆5601億円まで激増した。コンビニエンスストアの4万4千店を大きく上回る5万3千店。16年間でこんなにはびこった業界などそうお目にかかれない。

医師も製薬会社も卸も四苦八苦

当然、調剤各社の業績も絶好調だ。最大手アインファーマシーズは売上高1427億9千万円、経常利益105億円(ともに12年4月期)と増収増益を実現、業界2位の日本調剤、同3位のクオールも過去最高益を更新した。高齢化によって今後も市場拡大が見込めるだけに、ドラッ

・・・・以下はここでどうぞ。よめないんだけどねえ。無念!http://facta.co.jp/article/201210013.html

アインファーマシーズとはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA

« ゆで太郎の江戸前そば | トップページ | セージ咲く »

コメント

調剤薬局 バブル

でこちらへおいでくださってありがとう。

1位はここ↓でした。たしかにそう思います。
ずうっとそう思ってきた。この40数年。

きのう行きつけの医院の先生と同じような事を話題にしてきました。

ジェネリック薬品の事。難しくてよくわからなかったのですが、先生の意見は既存のメーカーが、特許切れした薬の値段を安くしてくれたらいいのに・・・というものでした。CMではジェネリック薬品は安全のように言っていますが、そうでない薬品もあるし、体質によっては合わない薬(これはメーカー品でもありますが)もあるので、安易にジェネリックとは言わない方が良いということがわかりました。

薬を出してもらう身なので、おまかせするしかありませんが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年度医療費の動向(8)  薬局ばかりぐんぐん伸びる:

« ゆで太郎の江戸前そば | トップページ | セージ咲く »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31