無料ブログはココログ

« 半歌仙 『山が澄む』 | トップページ | ダリア »

2012年10月28日 (日)

コスモスを薙ぎ払ふ日

コスモスを薙ぎ払ふ日

きょうは道路愛護。花期終了後のコスモスを刈り取ります。

庭師

庭師の斉藤さん。いつも一番大変な作業をしてくださる。

外科医

黒木町の外科医、すみ先生。カマをもってウロウロされていました。(笑)
「きのう、橋爪さんが病院に見えたよ。」とおっしゃった。
乙四郎、どこか痛めたのですか。
うしろから写した写真、微妙に傾いていたように感じた。
すみ先生の奥さんのたからさんにも古墳資料館での座の案内をショートメールしてたのですが、返信がこなかったという話をしたら、
「いま韓国にいってる」そうな。


あとしまつ

草刈機で薙ぎ払ったあとは、道路上まで引き上げて片隅に寄せます。
溝のうえにおおいかぶさるように咲いていたので、大変です。
かささぎはアルミレイキで引き上げ方をしました。

これはお宮の裏。鬱蒼としてる割にすっきり。
空き缶拾い。

みやこさんのご主人にもあいました。
こないだの御宮掃除での不首尾をわびて、みやこさんの様子をたずねた。

つぎは、隣組行事、文化祭が来月はじめ、んで、半ばには注連縄づくり。

« 半歌仙 『山が澄む』 | トップページ | ダリア »

コメント

Cover is really as pictured, without worrying about poofy entire look for the dog's hair. (It's not that I minded, tad unpleasant that is Authentic dog's hair). Upon very first launching I thought it was a crap bag as it has the very same dreary sparkle as you but once on, it appears wonderful. For size reference point as that appears to be an enormous issue through the assessments.
[url=http://www.massagenairobi.com/uncategorized/each-buck-allocated-to-any-moncler-hat-is-worthwhile-57380/]Thomas S. Kellner[/url]
Thomas S. Kellner

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コスモスを薙ぎ払ふ日:

« 半歌仙 『山が澄む』 | トップページ | ダリア »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31