無料ブログはココログ

« 平成23年度医療費の動向(18) 在院日数が短くなれば新規入院数が増えるか? | トップページ | 打電、ナオの月 »

2012年10月25日 (木)

漏斗胸は進行するようだ

漏斗胸は進行するようだ

故貞永まこと氏に写してもらった写真をみて、ショックを受けたことがある。
横向きの写真、かささぎは「ムネタイラ」だった。
まさかここまで薄いとは。と愕然となりまして。
が、いまはそのころよりもっとエグレテイル。
仕事がハードなのもあるのか。

古いおさがりの綿コート。三味線長唄のおっしょさんのいとこのお下がりです。
彼女のくれるお下がりがだいすきです。センスいいから。
ここ四年、服を買っていません。
きょう、スカーフを一枚。田中久株式会社のインドので「Tulsi」と書かれていた。
五千円、わたし的には高い、でもあったかい。
化粧をしないのも飽きてきて、口紅くらい買おうと思った。
でも、売り場をみていると、昔のルージュはなくて、ブラシで紅をのせるタイプのばかり。
あれがいやだよ。

58になったので、そろそろおしゃれになろうと決めた。

« 平成23年度医療費の動向(18) 在院日数が短くなれば新規入院数が増えるか? | トップページ | 打電、ナオの月 »

コメント

田中久株式会社のスカーフ、tulsi

検索で五件ここへおみえでした。
わたしも気になって、ほかにある記事をさがしたら、↓
これ。ふしぎ。
この会社がこの商標を登録した記録が65番目に出ています。
へえ~~会社って、こんな風に商標登録するのね。
ところで。
わたしは、このトゥルシーという命名のシルクとウールの織物(たしか絹が三割、毛が七割)のおかげで、さむい寒い工場の冬をのりきれました。
首にずっとまいていました。
あるいは、ぎゅっと丸めてポケットに懐炉みたいにいれていました。
ほかほかととってもあったかかった。
ありがとう、田中久。ありがとう、tulsi。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漏斗胸は進行するようだ:

« 平成23年度医療費の動向(18) 在院日数が短くなれば新規入院数が増えるか? | トップページ | 打電、ナオの月 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29