無料ブログはココログ

« 栗原桑原連句的。そしてアサヌマハク。 | トップページ | 歌仙「打電」 ナオ8句目 »

2012年9月16日 (日)

奏 ~ スキマスイッチの「違く」っていう江戸前ことば

この歌をはじめて聞いたとき、山崎まさよしの「つばめ」に似ていると思った。
こないだはじめてエグザイル魂という番組を見たとき、スキマスイッチがこれを歌った。
(ちなみになぜその番組をみたかというと、オルフェの日記のオルフェさんがエグザイルのたかひろのファンみたいなので、たかひろとはどんな人か一度みておこうよっというよな軽い気持ちでした。)
で、かなでの中で、さいごらへんの「なにもかもがちがくおもえたんだ」ってところがざわっとかささぎ耳をさわった。
ちがく。
ちがっておもえた、という意味だけど、ちがくっていう奇異なことば、若者言葉だろか?
と思っていると、先日さばきの浅沼璞もちがく、というので、はっと思って、なにそのちがくっていう言葉は方言かと聞いたら、江戸前言葉だとかいう話。となりにいらした将棋(しょうぎ)さんまでが、ちゃんとしたことばだとおっしゃる。
へえ。しらなかった。そうなんですか。しらないことばっかりだ。

« 栗原桑原連句的。そしてアサヌマハク。 | トップページ | 歌仙「打電」 ナオ8句目 »

コメント

ほれよ、これ。やっぱり方言なんだ。
トーキョーにも方言があるんだね。

きのうたくさん見たユーチューブのなかに、在日米国人の方の英語の学び方についての話があったんですが、その人の日本語に、この「ちがく」が出てき、おどろきました。聞き間違いではないです、話し言葉の下にテロップが出ましたから。標準語みたいな話しぶりでしたが、東京人に習われたんでしょうかねえ、日本語。
最初は知っている言葉、すこしの単語だけでいいから、なんとか表現したらいい、たくさん間違え恥をかこうよという内容。

これが正解みたいですねえ↓。
たくさん、出ているけれど、違くは正しい言い方とする意見はあんまりないですものね。(というか、ひとつもなかったよ!)
ときどき、こちらにアクセスがあります。ありがとうございまする。

国立国語研究所というところからのアクセスあり。
でも、どのページかは分かりません。
こちら、時々開かれていますから、もしかしたらそうかもしれません。
だいいち、大学の先生が気付かずに違くてと言ってたのは、驚きでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奏 ~ スキマスイッチの「違く」っていう江戸前ことば:

« 栗原桑原連句的。そしてアサヌマハク。 | トップページ | 歌仙「打電」 ナオ8句目 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31