無料ブログはココログ

« 奏 ~ スキマスイッチの「違く」っていう江戸前ことば | トップページ | 磐井ロードの恋、あなむづかし。 »

2012年9月16日 (日)

歌仙「打電」 ナオ8句目

1「打電かな」歌仙  起首:平成24年晩春

花の句を案ずる如き打電かな   かささぎ  春
  卒業証書授与式を賀す       整子   春
できたてのシャボンの虹の蛇行して  乙四郎  春
  縦長になり進む自転車       呆夢   雑
先頭の子の目の先は月ばかり    兼坊    秋月
   律の風いま鳥と分け合ひ     らん    秋


青きシダ敷かれて美(は)しき茸(たけ)の籠  せいこ  秋
  懸賞金で追はれたる人            そらん  雑
足音を聞けば尾行者かと思ふ   兼坊 雑
  別れてすぐになぜか会ひたい   ぼん  恋
湘南のヨットハーバー高き波      せいこ  恋・夏
   錠に錆あり 夏の夜の霜    みやこ  恋離れ・夏月
暗闇の下山くちびるをぶ厚くし    金子とうた 雑
   気管挿管きはめる倫理     あおい太郎  雑・病
ことはりを先に云っては翻る     ぼん   雑
   風はおのづと吹き起こるなり    かささぎ 雑
桜あり聖戦といふ戦あり     ぽぽな    花
   チキン南蛮やがて永き日    そらん  春

名残おもて

音もなく雨近づきぬ春障子    都   春
   相々傘で埋まる黒板      ぼん   恋
本命となるに厳しき敵多く    兼坊   恋
   藁人形に釘の一刺し    ぽぽな  恋
想ひ出ほどかさばるものはないといふ  そらん 恋離れ・述懐
 煤払ひにもマイスターあり    ぼん  歳末
あらたまの雪ふりしきる粥柱   整子  新年・民俗行事
  犬走り無き新築の家      えめ  雑

▽かささぎのお詫び

長らく向き合えず、申し訳ありませんでした。
このブログでなんとなくはじめた文音連句の座も4年となりました。
いや、もっとかな。
この際にきちんと振り返って整理してみましょうか。
えーと、2008年、竹橋乙四郎誕生。
そのころから始まったように思ったが、そうではなくて、それ以前があったな。
冬樹玲さんと巻いた一巻、忘れがたし。やわらか戦車の巻でした。
あの留書、よくかけていましたよね。
かささぎのやり方のまずさでごちゃごちゃしていなかったら、きっとダントツで抜けたはずのピカイチの文章。いまごろ、れいさんはなにしてござるだろう。ま、元気でやっておられるはず。本業、がんばってください。
かささぎ、憎まれ口をコメント欄に書いてさいならしたっきりですが、本心ではとっても感謝しております。でもそれを書く事はできないんですねえ。性分ですかね。

先日ふたつのれんく会を前田師に同伴させていただけるチャンスをいただきました。
せっかくのそんな幸運を、かささぎは人物写真を掲載してゴタゴタしてしまったのですが、。}それは脇におくとして、よそさまの座にて多くのことを学びました。
前田圭衛子先生、遅刻坂連句会のお世話役の大久保風子さま、あの日ご同座したご一同さま、それからみなと座の伊藤眠さま、および当日のさばきの浅沼璞先生、ご一同のみなさま。ありがとうございました。
連句人としても人間としても出来損ないかささぎを暖かく包んでくださって。
ほんとにありがたいなあとなんどもおもいました。

さて、こちらの文音。
わたしのさばきのせいです、遠く遠くをさすらっている。
ぐっと近くに引き寄せねばならない。

みやこさん。

沢都の、

明け方音を立てし水滴

この句、いつぞやぼつにしてしまった恋句の流れの中で出た句。
これを遅刻坂連句会の勉強会で取り上げてあったのには驚きました。
ちゃんと目を通してくださっているのですよ。
ありがたいと同時にこわいです。

さすが優等生の団体はちがいます。
すごく勉強熱心。
勉強ばかりに明け暮れた青春を取り戻したいとでもいうような熱気をびんびん感じました。

ああそうか。さくらさんともおなじ年齢ではないのかな。ひとまわり違うのであれば。

なごりおもて、9句目は時事句がいいように思うけど、なんでもどうぞ。
みなさんなにかお願いします。定型でなく、自由律みたいなのでもいいよ。
ただし、長句。20音まで。

さくらさん、しらべさん。
会えずに残念でした。
うたまるさんは、電話がありました。
しかし、ご長男さんの行事で来れなかった。
ご縁ですから、またつながっているなら一座もあるでしょう。

文音は気がむけばおつきあいくださいね。どうかお元気で。

« 奏 ~ スキマスイッチの「違く」っていう江戸前ことば | トップページ | 磐井ロードの恋、あなむづかし。 »

コメント

わあ~
連句会の勉強会に取り上げられていたとは・・気持ちが、引き締まりました。授業中寝ていたとか、苦手だ、治療だとか、言い訳無用ですね。

大久保風子さん、山口でご一緒させて頂いた・・懐かしいです。
かさこさん、ありがとうございます。

付け句案

1、地図にはない国境越えて千隻の船
2、なみだはこぼすもの歯は食いしばるもの

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌仙「打電」 ナオ8句目:

« 奏 ~ スキマスイッチの「違く」っていう江戸前ことば | トップページ | 磐井ロードの恋、あなむづかし。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31