無料ブログはココログ

« 社会保障制度概論(40)  後期授業開始 | トップページ | いりこ&じゃこ天弁当 »

2012年9月24日 (月)

打電、ナオ9から花前句へ

1「打電かな」歌仙  起首:平成24年晩春

花の句を案ずる如き打電かな   かささぎ  春
  卒業証書授与式を賀す       整子   春
できたてのシャボンの虹の蛇行して  乙四郎  春
  縦長になり進む自転車       呆夢   雑
先頭の子の目の先は月ばかり    兼坊    秋月
   律の風いま鳥と分け合ひ     らん    秋


青きシダ敷かれて美(は)しき茸(たけ)の籠  せいこ  秋
  懸賞金で追はれたる人            そらん  雑
足音を聞けば尾行者かと思ふ   兼坊 雑
  別れてすぐになぜか会ひたい   ぼん  恋
湘南のヨットハーバー高き波      せいこ  恋・夏
   錠に錆あり 夏の夜の霜    みやこ  恋離れ・夏月
暗闇の下山くちびるをぶ厚くし    金子とうた 雑
   気管挿管きはめる倫理     あおい太郎  雑・病
ことはりを先に云っては翻る     ぼん   雑
   風はおのづと吹き起こるなり    かささぎ 雑
桜あり聖戦といふ戦あり     ぽぽな    花
   チキン南蛮やがて永き日    そらん  春

名残おもて

音もなく雨近づきぬ春障子    都   春
   相々傘で埋まる黒板      ぼん   恋
本命となるに厳しき敵多く    兼坊   恋
   藁人形に釘の一刺し    ぽぽな  恋
想ひ出ほどかさばるものはないといふ  そらん 恋離れ・述懐
 煤払ひにもマイスターあり    ぼん  歳末
あらたまの雪ふりしきる粥柱   整子  新年・民俗行事
  犬走り無き新築の家      えめ  雑
千艘の船が水脈曳く国堺(くにざかひ) セイコ 雑

せいこさんにわがままをいいました。
ずっと定型の長句、タンクが続いているとしびれるような酩酊感に陥り、そっから抜け出たくてたまらなくなる。アル中患者みたいに、もがき苦しむ。破調で作ってくれと頼みながら、いざ、その「水脈曳いて国境を乱しゆく千艘の船」とここにおいてみたら、ぎょ。ぎょぎょぎょ。

あかん。これはやはり、定型でないとおかしい。突出が不自然である。

なぜオンザ六句では定型でなくても、へんではないのか。
それはそこをあらかじめ別区、番外地として囲い込んでいるからだった。

なごりおもての、ここまで来て、さばきがはく弱音。
気合、入れ直す。

えめさん、犬走り無き、と漢字表記でしたら、気になりませんので、このまま使わせてもらいますね。
そらんさんの句が定型をややはみだして字余りでした。

ここ三句、名詞どめがつづき、そして今あらためて気づいたことに、どれもロングショットだったわねえ。粥柱の句は感慨をよんだものだから、そうではなくて、精神性の句なんだけれど、柱という字面があるため、イメージとして出てくるのは、大黒柱に雪が降り積むような絵なんです。なぜだろう。(かゆばしらの季語は、おかゆのなかの餅を柱に見立てたそう)。こういう伝統行事自体がわたしたちの感性から遠ざかってきたってことだろうか。遠く感じてしまうことの理由のひとつは。

ロングで撮ったような句(俯瞰句)がつづいてる。
ぐっと手前にひきつけてよむ、接写をこころみねば。

ということで、花前句(77)をおねがいします。

どなたでもいくつでもお気軽におだしください。

« 社会保障制度概論(40)  後期授業開始 | トップページ | いりこ&じゃこ天弁当 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 打電、ナオ9から花前句へ:

« 社会保障制度概論(40)  後期授業開始 | トップページ | いりこ&じゃこ天弁当 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31