無料ブログはココログ

« かささぎの旗(14) 九州俳句誌随想より | トップページ | 牧場しぼり、ラムレーズン »

2012年9月19日 (水)

日本人の受療行動(4)

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 9 月 19 日 日本人の受療行動(4)

入院患者が病院を選ぶにあたり重視したものは次の順です。

外来患者とは順位が異なっていますが「親切」はより上位になっています。

トップの「医師による紹介」は群を抜いた病院選択事由です。

1.医師による紹介

2.自宅や職場・学校に近い

3.以前に来たことがある

4.医師や看護師が親切

5.技術の優れた医師がいる

6.家族・知人・友人からのすすめ

7.専門性が高い医療を提供している

8.大きな病院で安心そう

9.様々な症状に対応できる医療を提供している

10. 交通機関の便がよい

11. 受けたい検査や治療をおこなっている

12. 連携している医療機関・福祉施設が充実

13. 病室などがきれいな病院だから

14. 入院にかかる経済的負担が少ない

15. 以前に受診した医療機関に満足できなかった

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽鵲のひとりごと

おさななじみのご母堂91歳が特老から病院へ転院なさって、終末医療を受療なさっておられますが、わが父とは違う病院、その選定理由を、上記をよんだあと、考えるともなく考えてしまう。

父の場合は特老と病院がおなじ地に立つおなじ経営者のものだったからであるように思うのですが、それと似たようなまわり縁によるのであろうと思います。
としてみれば、ひとは生まれるところも、なくなるところも、ふつう自分では選ぶことはできないものなのかもしれません。

« かささぎの旗(14) 九州俳句誌随想より | トップページ | 牧場しぼり、ラムレーズン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の受療行動(4):

« かささぎの旗(14) 九州俳句誌随想より | トップページ | 牧場しぼり、ラムレーズン »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31