無料ブログはココログ

« お社日さんのころ | トップページ | 社会保障制度概論(40)  後期授業開始 »

2012年9月24日 (月)

「遠浅」  月野ぽぽな

遠浅

  月野ぽぽな(「海程」)

葉のうえに葉のかげを置く暑さかな

麦酒のむ邪馬台国の顔をして

白夜から戻りて遠浅のからだ

夕焼けのくるぶし大切に眠る

水音のめざめあじさい遠あじさい

◆座右の銘

座して看る雲の起こる時。

「俳壇」9月号掲載

▽ぽぽなさんと俳句と顔写真

前日に、ちょうど橘玲の白夜の国アイスランドの不思議な経済活動というのを読んだばかりでした。http://diamond.jp/articles/-/23464

白夜から戻りて・遠浅のからだ(9・8)

このリズムは、ずっと気になっている眞鍋クレオ先生の初期の句、

かなしみつのりくれば・しろぐつはきもあへず(10・10)

に似て、連句の短句のようなあじわいがあります。

波が寄せては返す、あのリズムとおんなじです。
一連の句がまるで漣のようなリズムとやさしさで並んでいます。

遠浅のからだとは、うまいことをいうなあ。
白夜の国にいったことがないので想像するだけですが、一日中夜がこない、闇がない国にいたら、いつまでも浅い汀を漂うばかりで、深いねむりにはつけないようなかんじがします。
先に引用したたちばなあきらさんの文章にも、アイスランドの白夜の夏は一日中起きて営業している店ばかりと書かれていたから、おそらくそのような読みでいいのではないでしょうか。

インディアン人形みたいなぽぽなさんが麦酒を飲んでいる。
そのにこやかな表情の下には古代の邪馬台国が広がっている。
卑弥呼の太陽神信仰。

夕焼けのくるぶし大切に眠る

これを読んで、ドラゴンアッシュの「夕凪Union」、久々に思い出しました。
動画のなかのダンスシーンがまるで泰西の名画のように思えたのだった。
大学でこれを撮ったと思ったのは何故だろう。
これも、もう一度みれたので、わかりました。

興味がおありでしたら、ご覧ください。
見れなくなっていた動画、ちゃんと見れるようになっていた。ありがたし。
http://www.dailymotion.com/video/x3ifht_dragon-ash-yyunion_music

« お社日さんのころ | トップページ | 社会保障制度概論(40)  後期授業開始 »

コメント

かささぎはぽぽなさんの笑顔をみると、りんりんらんらんをなぜかいつも思い出します。なぜだろうと思って検索↓彼女達は香港人みたいですね。しらなかったなあ。

俳壇、面白かった。
おかげさまでした。

かささぎさん、フィードバックをありがとうございます。
りんりんらんらん!!!懐かしいです。

さて、もう一つお知らせです。ぽぽな句10句「自由」が詩歌のサイト「詩客SHIKAKU」9月28日号に掲載中です。よろしかったらご覧下さい。フィードバックをいただけたらとても嬉しいです。
http://shiika.sakura.ne.jp/works/haiku-works/2012-09-28-11042.html

今Dragon Ash聞きながら書いてます。ルースな感じがいいですね。

では!

ぽぽなさん、ありがと!
ここですね。
うわ、いいよいいよ。
最初の句とかすばらしい。まるで大家の句みたい。
帰ってからじっくりよんで、何か感想かきます。
◆、刺客かい。ほんじゃ、いってきます。
おわってすぐ、同窓会にもいかなんと。


仲間作って仲間内で自慢し合い褒め合い

だいぶ老害化が進行してるなw


この人、先日「ざまあみろ」って見事なタイミングでコメントいれてくれた人ですね。
マイナスコメント入れるのも、読んでなきゃできないことですし、ありがたいと思わなきゃいけませんね。ありがとう。
ところで、いつも気になる、最後のダブリュはなに。どういう意味があるの。
かささぎは、ご指摘のとおり、すきな人としかつきあわない。もうこの年で妥協はしたくないから。

おはようございます。
w は「ワロタ」や「笑」の意味よ。
台風、関東圏が心配ですね・・さくらさん、ろいりさん、うたまるさん、お気をつけて☆

えめさん。ありがと、おしえてくださって。
どんなちいさなことも、質問に笑わず受け止めてくださるってのはありがたいことです。
その、「わろた」ってのも、笑とおなじ慣用句なんだね?ここらへんでいう方言と思ってた。

猿がまた一つ言葉を覚えましたね
よかったねw

ワロタ

いやー、久しぶりに聞いたよ。
うちのねいちぶやめりかんの叔父達がよく使ってた。
「わろた、わろた」って。
いや、なつかしい。

ってことで、これからは頻繁に使おうと思う。

ワロタ>>若者言葉小事典にも出ています
ネイティブ言語が理解できる最後の世代かもね♪

ワロタ

いやー久しぶりに楽しませてもらったよ。

エメさん、ついでに「老害」という言葉の意味も教えてあげたら?

若者言葉小事典に出ているかもね♪

昨晩の釣果は「二匹」

今日は何匹釣れるかな 楽しみ楽しみ

↑私は上の「昨晩・・」とかのコメを入れていません、ので私ではありません。 きっぱり

はい一匹目

あら、あら。
ここにも出没なさっていましたか。
名無しさん。
お疲れ様です。

エメさんと同様に、↑10月3日のコメントは、わたくしではありませんので、念のため。
釣られたくはありませんが、火の粉は払わせてね。

ほい二匹目

名無しさま。
わたしのブログにわたしの名前でコメントをよこしてくださるのは、いくらなんでも、困ります。大変迷惑に存じますので、どうか、それだけは止めていただけませんか。わたしは素手でこのウェブ上に立っております。どうか、それだけは止めていただきたい。
あなたさまを信じて、伏してお願い申し上げます。

じゃ、ここならいいんだw

昼の中休みのとき、ちらっと携帯でここをのぞいたら、本物のエメよりというコメントが入っていて、なにこれ。とびっくりしました。
そういうことでしたか。
ちょっと、アクセスで確認してみます。この人がだれか、わかるかもしれません。

以前これと似たタイプのコメントで騒動が起きたとき、問題のあるじは、ご隠居というコードネームで呼ばれていました。
わたしはその人しか思いつきません。
アクセスをみますと、同様のやり方、つまりプロの手口といいますか痕跡を残さない。アイピーアドレスが常に違っていて突き止められない。そういえば、ご隠居もそうでした。
もし、ご隠居がこのお方であれば、ご意見をのべてくださる方も周りにはいらっしゃるようですから、どうかきちんと名乗ってはくださいませんか。
べつに責めたりはしませんから。
名前のわからない人が、わたしの友人のなまえを騙ってコメントを残すなんて、これはもはや、立派な犯罪です。
今なら、まだ許せます。どうか名乗ってください。
おねがいいたします。

することが陰湿。なおかつ幼稚。
まるで小学生のけんか。
どっちもどっち。
見てるだけなら楽しい。
ヤレヤレ、もっとヤレ。

情けをかけた私はただの甘ちゃんだった。

通りすがりの隠居です。
実社会で誰にも相手にしてもらえないものですから、教養ある方々が集まりそうなブログを狙い、なけなしの知識をひけらかして優越感に浸ることを企てたものの、すぐに底の浅さが見抜かれた上、応酬の稚拙さにより基本的な教養の欠如まで露呈してしまい、退散してしまった過去があります。w
他人のハンドルで投稿するなどという、陰湿で幼稚な、ガキ以下のことをしでかしてしまった自分を反省しています。このような非常識きわまりない、反社会的な自分の投稿に大人の対応で寛大に諫めていただいている方に対し、「まるで小学生のけんか」「どっちもどっち」と、主観的視点からしかものごとを捉えることができない自分が嫌になります。客観的には、どうみてもガキと大人のやりとりですが、ガキの目には相手が対等に闘っているとしか見えないものですから仕方ありません。w
自分自身を軽蔑します。w
どこの誰だかわからない人に自分を演じられることの不愉快さがよくわかりました。
もう二度とこのブログには参りません。

そんなに謝るなら許してやる。もうこのブログには二度と参るなよw

負と気づく

福祉課で今くろうしている友達の思い、。
三日の自分の投稿の、そこのあささ。

通りすがりの隠居からラストメッセージです。
前の前のお方、許すと言っていただきありがとうございます。

皆様には改めてお詫び申し上げます。最初は軽い気持ちで書き込んだのですが途中から年甲斐なく興奮して我を失ってしまいました。おまけに第三者の通りすがりを装って「ヤレヤレ、もっとヤレ」とガキっぽく自分で自分を煽ったりしました。実社会で誰からも相手にされない頭のおかしい分裂気味の孤独な老人の寂しい1人芝居とお笑いください。www

でもこれだけは信じてください! 私は初めの頃は本当にかささぎさんや皆さんと連句について語り合いたかっただけなのです。(Тωヽ)

皆さんのご健勝を祈願してこの哀れな俳人ならぬ廃人の別れの言葉と致したく存じます。

前の前の前にも書きましたが、これから先はもう二度とこのブログには参りません。もしこのコメント以降「通りすがり」または「隠居」またはそれらしき人物を名乗る者がいればそれは本当のなりすましです。

その方もおそらく「私と同レベル」で教養のない実社会から全く相手にされないかわいそうなガキなのでしょう。(*´∀`*)怒るよりむしろ哀れんで知らん顔してあげてくださいまし。

では…では…

(T_T)/~

という手を使っていつも幕引きをなさいますね。
それもさ、他人になりすまして。
せこいよ、ほんと。

あやうくだまされるところだった。

漠然と、朝考えていたのは、福祉課のそれも生活保護課の現場の担当者たちの苦労です。あの夜、なにも具体的には話を聞かなかったにもかかわらず。
受給者の具体例を見てきたので、どのような暮らしぶりかほのみえます。暮らしぶりというよりも、その雰囲気。

ご隠居が再びこんなにも書く武装してわたしのブログ上に出現なさるとは。なぜ。なんの目的で。連句とか和歌とかそんなあまっちょろい話ではなかろう。このブログ殲滅を狙っておられるとしか思えない。
なんのための刺客。

ここで、月野ぽぽなさんの話題の記事によりによって汚い足跡をいくつも残してくれましたねえ。
そのような選択も、なるほどとおもえます。
視聴率稼げますものねえ。
で、よむひとのこころにはシミが付きます。
ステインクリーナー、電気溶解方式でやりますか、クレンザーでゴシゴシいっていいですか。それとも水をかけますか。

月野ぽぽなさんには心からお詫びいたします。
とんだとばっちりでした。
でも、これも奇しき定めとお思いなしてくださいませ。クシナダヒメ。くしなだひめ。くしなだひめは奇稲田姫とも表記されます。
なんとなく、ぽぽなさん。あなたです。

クシナダヒメでかささぎは埼玉のクシナダヒメだけを祀る神社、氷川女躰神社を思い出した。
ここ、かささぎの旗の読者のみなさん覚えていませんか。
武笠三のことを。神官の家に生まれ育った人だったように記憶します。乙骨三郎の作詞だったと思われるうたの作詞者名の登録は、公的にはこの人になっていたんでしたよね。
武笠の姓は古代からあるようです。ここを今みていて、きづきました。↓
つながっている。みえかけている。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「遠浅」  月野ぽぽな:

« お社日さんのころ | トップページ | 社会保障制度概論(40)  後期授業開始 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31