無料ブログはココログ

« 破傷風について~ ワクチン接種を免れた年代の人がかかる | トップページ | 細川 »

2012年9月22日 (土)

医療従事者の結核が増えている

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 9 月 22 日 医療従事者の結核

今月24日から30日は結核予防週間です。

新規結核患者数は12年連続で減少していますが、それでも昨年は2万2681人が新たに結核になっています。

結核は「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」上も、特に厳しい管理を必要とする2類感染症に位置づけられています。

結核以外の2類感染症は、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ(H5N1)ですべて日本に常在しないものです。

結核患者数だけが突出していますが、公衆衛生行政的視点では、疾患のもたらす健康影響の大きさも感染力も、これらの疾病と同等だということができます。

結核以外の疾患は1人でも発生報告されたら大騒ぎになります。

たとえばポリオは、生ワクチン由来の感染者が数名発生したことを契機に経口ワクチンから注射の不活化ワクチンへの全面切替が断行されたほどですが、昭和30年代の大流行時には6千人以上の発生報告があった疾患でもあります。

2類感染症は、発生報告数が多いからといって、決してありふれた病気であるかのように捉えてはならない疾患です。

結核も、2万2681人の発生報告の全例について、油断なく確実に、家族や周辺への感染を阻止してゆかなければなりません。

ところで、このような厳密な管理が功を奏して新規結核患者数が毎年減少を続けている中、医療従事者の感染が増加しています。

昨年の医療従事者の新規結核患者は673人で、前年より109人も増えています。

結核菌への免疫が不十分な若い医療従事者が日常の診療の中で感染しているものと思われます。

医療従事者は結核に関する正しい知識を身に付け、緊張感を持ってこの病気と向かい合うようにしなくてはなりません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽鵲のきわめてプライベートなひとりごと(いつもそれしか)

身辺からしか文章をかけないのである。すみません。
となりのあきらちゃん(そういや高校の後輩でもある)は臨床検査技師です。わかいときから苦労して、というのは高校の授業料も自分で新聞配達をして働いて払った。家が貧しかったわけではない、お父上の教育方針。ご自分が一家の大黒柱として若い時からうんと働いて、弟妹たちを全部学校へやったほどの人だったから、じぶんの息子にもそれを求めたのだと思います。)

うちの母が八女市内の病院でなにかの検査をしたとき、検査票に彼の名前がありました。で、先日ざりがにおっちゃんの亡妻の法事があったのですが、そのとき門司にいるおっちゃんの娘がいうには、こちらでもあきらちゃんの名前をみかけるから、相当広範囲で営業しているのねえ。という話でした。(ちなみに、ざりがにおっちゃんのこの娘は、ぼんと同じ高校サッカー部の女子マネをしてましたから、ぼんの後輩にあたります。)
あきらちゃんはたぶん福岡市内の検査センター勤務。
かれら四六時中検体を扱っている人には、感染はないんでしょうかね。

近くなら、きいてみたいところだな。でも、ものすごく無口な子だったし、なにも話してくれないかもしれんね。笑

▽あおい研修医さんは今→http://meds2.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-11c1.html

« 破傷風について~ ワクチン接種を免れた年代の人がかかる | トップページ | 細川 »

コメント

ザリガニおっちゃんの娘って(^-^)/
私のことやった‼

最近責任者の名前はアキラ君の名前じゃなくなったよ。
今は北九州じゃないのでしょう。
手広くないのかもね。

もじもじさん。なるほど。

どっちが上なの。あきらちゃんよね。
ずっとレントゲン技師と思っていた。

きょう、三婆をつれて細川に行ってきた。
父とざりがにおっちゃんがよく行っていた熊本は山鹿の温泉旅館。
二人はいつも、たいのあらだき定食をたべてた。
だから、父を偲んで、おなじものをたべてきました。だだっぴろい部屋、四人で貸切でしたよ。
連句の先生が九州の料理はなぜこうも味が濃くてまずいのかとおっしゃったんですが、たしかにねえ。笑。
だけど荒煮はおいしかった。
八千代座とお相撲さんのきたときのパネルがいくつも飾られていた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療従事者の結核が増えている:

« 破傷風について~ ワクチン接種を免れた年代の人がかかる | トップページ | 細川 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31