無料ブログはココログ

« 日本人の受療行動(2) 症状を自覚してから受診までの期間 | トップページ | かささぎの旗(14) 九州俳句誌随想より »

2012年9月18日 (火)

日本人の受療行動(3)病院選びの理由

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 9 月 18 日 日本人の受療行動(3)

外来患者が病院を選ぶにあたり重視したものは次の順です。

1.自宅や職場・学校に近い

2.医師による紹介

3.以前に来たことがある

4.大きな病院で安心そう

5.医師や看護師が親切

6.技術の優れた医師がいる

7.家族・知人・友人からのすすめ

8.専門性が高い医療を提供している

9.受けたい検査や治療をおこなっている

10. 様々な症状に対応できる医療を提供している

11. 交通機関の便がよい

12. 診療日、診療時間の都合がよい

13. 以前に受診した医療機関に満足できなかった

14. 待ち時間が短い

15. 連携している医療機関・福祉施設が充実

16. 受診にかかる経済的負担が少ない

従前から病院が改善すべき点として言われている「診療日、診療時間の都合」「待ち時間」「経済的負担」は、病院を選択するポイントとしては下位にあります。

これらの改善に政策ウェイトを置いても、本質的改善にはなりません。

「安心」「親切」という情緒的ポイントが「技術」「専門性」などの医療の本質的機能より上位にあることも興味深く思えます。

2012 年 9 月 13 日 医療従事者の給与の伸び(3)

平成16年と平成23年の看護師長の平均支給額は次の通りです。

年齢階層  平成16年 平成23年

32~35  367,777 364,947

36~39  386,094 403,626

40~43  402,072 425,402

44~47  423,923 433,145

48~51  439,199 446,997

52~55  448,138 451,399

56~    443,544 444,672

平成16年と平成23年の総看護師長の平均支給額は次の通りです。

年齢階層  平成16年 平成23年

48~51  490,118 512,540

52~55  532,971 491,817

56~    527,580 550,987

減額している年齢階層もありますが、医師と同じく、総じて役職者の給与は伸びています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの連句的。

看護師長とほぼおなじ給与だった教育長をふっと連想。

橘玲サイトでよんだ、今日的問題のぎっしりつまった案件:

http://www.tachibana-akira.com/2012/09/4726

ここのコメントたち、なぜかぐぐぐっと胸に迫ってくる。

« 日本人の受療行動(2) 症状を自覚してから受診までの期間 | トップページ | かささぎの旗(14) 九州俳句誌随想より »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の受療行動(3)病院選びの理由:

« 日本人の受療行動(2) 症状を自覚してから受診までの期間 | トップページ | かささぎの旗(14) 九州俳句誌随想より »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31