無料ブログはココログ

« 工業団地 | トップページ | 福島町の荒尾火工にて »

2012年8月25日 (土)

社会医療診療行為別調査(11) 年齢階級別の診療1件あたり点数比較表

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 8 月 25 日 社会医療診療行為別調査(11)

年齢階級別の1件あたり点数は次の通りです。

年齢   入院(H23) 入院(H22) 入院外(H23) 入院外(H22)

0~14歳 37489      39963     798         793

1539歳 32676      36157     886         906

4064歳 48591      45544     1336        1349

6574歳 52613      48499   1528       1527

75歳以上 49338      47250   1619       1562

近年の改定の傾向から、高齢者の1件あたり点数は相当に抑制されているような印象がありましたが、実情は、入院も入院外も、若齢者より高齢者のほうが1件あたり点数が高く、また、前年より伸びています。

75歳以上の入院外の診療行為別の1件あたり点数は、多い順に「投薬」(352点)、「検査」(256点)、「初・再診」(196点)、「在宅医療」(183点)、「医学管理等」(147点)、「処置」(138点)、「注射」(128点)、「画像診断」(121点)です。

在宅医療のウェイトが他の年齢層よりはるかに大きいのが特徴です。

在宅医療は平成22年には129点でした。

平成23年には54点の伸び(42%増)で、75歳以上の1件あたり点数の伸びに貢献しています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

« 工業団地 | トップページ | 福島町の荒尾火工にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 工業団地 | トップページ | 福島町の荒尾火工にて »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31