無料ブログはココログ

« 統計に表れた入院患者数の減少~診療報酬改定はどう響いたか | トップページ | ママチャリWGP in オートポリス »

2012年8月12日 (日)

地湧の菩薩

福島第一原発 吉田所長のことばから、もっとも感動したところ。

そんな中で大変な放射能、放射線がある中で、現場に何回も行ってくれた同僚たちがいるが、私が何をしたというよりも彼らが一生懸命やってくれて、私はただ見てただけの話だ。私は何もしていない。実際ああやって現場に行ってくれた同僚一人一人は、本当にありがたい。私自身が免震重要棟にずっと座っているのが仕事で、現場に行けていない。いろいろな指示の中で本当にあとから現場に話を聞くと大変だったなと思うが、(部下は)そこに飛び込んでいってくれた。本当に飛び込んでいってくれた連中がたくさんいる。私が昔から読んでいる法華経の中に地面から菩薩(ぼさつ)がわいてくるというところがあるが、そんなイメージがすさまじい地獄のような状態で感じた。現場に行って、(免震重要棟に)上がってきてヘロヘロになって寝ていない、食事も十分ではない、体力的に限界という中で、現場に行って上がってまた現場に行こうとしている連中がたくさんいた。それを見た時にこの人たちのために何かできることを私はしなければならないと思った。そういう人たちがいたから、(第1原発の収束について)このレベルまでもっていけたと私は思っている。

« 統計に表れた入院患者数の減少~診療報酬改定はどう響いたか | トップページ | ママチャリWGP in オートポリス »

コメント

日本人の心にこれがある限り、日本は大丈夫だと思います。

そうですね。
今日つくづく電気の恩恵をありがたいと思った。
消費するだけですが、おかげさまと感謝しています。
お盆のほとけさん用に福島産の桃を売っていたので(エーコープ)、それを買ってきて供えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地湧の菩薩:

« 統計に表れた入院患者数の減少~診療報酬改定はどう響いたか | トップページ | ママチャリWGP in オートポリス »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31