無料ブログはココログ

« 工員さん弁当 | トップページ | 写真はイメージです »

2012年8月 9日 (木)

日本人の健康(6)  受療率の高い疾患と分析

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 8 月 9 日 日本人の健康(6)

平成20年患者調査で受療率の高い疾患の人口10万対受療率は次の通りです。

(疾患)入院男 入院女 外来男 外来女

歯  科  疾  患  1    1   666   844

筋 骨 格 系 疾 患 36    70   560   912

高 血 圧 性 疾 患  4    10   383   555

外       因 78   118   258   243

歯 の 補 て つ  0    0   210   263

泌 尿 器 系 疾 患 37    37   216   235

眼    疾    患  7    9   156   263

皮  膚  疾  患  9    10   179   216

糖    尿    病 20    21   163   132

食道・胃・十二指腸疾患  8    7    91   127

神 経 系 疾 患 71    94    91   116

心    疾    患 42    49   109    96

耳    疾    患  2    2    87   104

脳 血 管 疾 患 136   175    95    93

喘       息  4    5    90    86

統合失調症・妄想性障害 158   136    56    48

ウ イ ル ス 肝 炎  3    2    43    43

肝    疾    患  9    7    32    25

大  腸  が  ん 18    13    22    15

胃    が    ん 18    9    23    11

肺    が    ん 22    10    15    8

妊 娠・分 娩・産 褥      30        26

 

脳血管疾患、統合失調症・妄想性障害は、入院受療率のほうが外来受療率を大きく上回っています。

療養系病床においては脳血管疾患後遺症患者の占める割合が多く、在院日数も長いので、療養病床数を増加させない政策を貫くためには、高血圧症、高脂血症の管理の徹底によって脳血管疾患の発生を抑制しなければなりません。

統合失調症・妄想性障害は、向精神薬の進歩により外来管理が可能な時代となっていますが、家族・地域での受入れ体制の不備が壁となり、入院医療から外来医療へのシフトが停滞しているようです。

がんは、進行がんが多かった時代には入院受療率が比較的高かったのですが、近年は術後に外来で経過観察中の患者が増えています。

検診の普及によって早期発見患者の割合が増加しているからでしょう

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの一人ごと

え。妊娠出産も受療疾患扱い?そんな、へんじゃないかな。

ねむい。むしあつい。

だけど冷房をいれると体調が崩れる。
まいにち、すごい暑さ。
工場で働くのに、冷房のない環境にからだが適合してしまいました。
エメさんが書いてらしたように、慣れますね、暑さって。

このところ、残業がありません。
しようと思えばいくらでもできるのですが、母が疲れていまして、私が食事を作るよう、帰宅しています。

ごはんをつくり、みんな揃ってたべ、かたづけもそこそこにぐたっ。
居間のソファでぐにゃりのびていた。テレビもあきちゃった。

オリンピックってあきるね。なんかいやだ。すごいわがままだけど。

なにがいやかといえば、判定にけちをつける、それがくつがえる。
勝った敗けたばかりの世界はおぞましい。
あとあじがすっきりしなくておいしくない。

口直し

最近のひとさまのブログで、こんな「受診記録」日記をよみました。
みょうに新鮮で面白いので、ご紹介いたします。興味深い。

どことなく、民間療法ということばがよぎります。
連句仲間えめさんのブログからコピペいたします。

えめさん、まいどことわりもなく、ごめんなさい。
えめおさんが受診されているところ、どこでしょ。
保険がきくところが、すごいです。
もし名前を出せば、一大センセーションでしょうね。

そういえば以前、大牟田の、保険のきく「しみとり病院」も教えてくださいましたね。
遠いので、いけませんでした。
私の場合、ほくろかしみかわからんので、顔中いじられそう。

えめさんのブログから、夫の秘密と題したある日の日記。

なりゆきで飲み始めた毛生え薬はちょうどまる二カ月を過ぎたところ。
今月分を頂きにクリニックへ。
Dr「ずい分生えてきましたね」
毛生え薬を飲むために初診の時血液検査をしていた夫に意外な事実が判明していた。 前回、
Dr「家族や両親で心筋梗塞か脳梗塞が原因で亡くなられた方がありませんか?」
夫は必ずこれらの疾患を起こすらしい。
Dr「この数字のバランスでは必ず疾患を起こします。これは遺伝です」
遺伝は回避できないらしい。食事療法では数パーセントの改善あるのみとか・・
で、予防薬を処方してもらった。
遠いのでひと月分をと聞きびびったけど、30日分で1280円(ほっかり・・)
夫は生まれてこのかた血液検査をしたことがなくてね、
毛生え薬のおかげで健康を意識するいいきっかけになったかも・・
(嫌いだった納豆やトコロテンも時々食べるやうに犬

今回は午前に受診したのでけっこう混んでいた。
こちら、健康体操教室とかもあっていて高齢者のみなさんがダンスで楽しそうに体操中だったりして賑やか。
近ければ通いたいな~と・・
こちら、ニンニク注射もあるので(¥500) ほんとにキツイ時はしてみようかな~と・・


« 工員さん弁当 | トップページ | 写真はイメージです »

コメント

げげ、いつのまにかUpされてる
>>こちらの病院はとてもいい感じです。
きれい、明るい、先進的、 あと
次の患者さんをカルテを確認しながら先生自ら診療室から出てきて呼ばれるのよ。
ちなみに男性型脱毛症の治療は自費診療ですので保険はききません。
65歳以上は「介護予防教室」を実施されてます。

えっ、やはり保険はきかない?
そうなんですね。
この、保険適用か適用外かは誰が判断するだろうね。

2011年の入院受療率の高い疾患

検索2位
だけど、この表の数字よみにくいわかりにくいですね。

2011年の入院受療率の高い疾患

検索2位
だけど、この表の数字よみにくいわかりにくいですね。

入院受療率 精神疾患 統合失調症

検索2位(3位は学長ブログほんものの)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の健康(6)  受療率の高い疾患と分析:

« 工員さん弁当 | トップページ | 写真はイメージです »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31