無料ブログはココログ

« 磐井ロード歌仙、ぽぽなさんの花前句 | トップページ | 中華丼 ふあみまの »

2012年7月24日 (火)

「桜あり聖戦という戦あり」     ぽぽな花句

1「打電かな」歌仙  起首:平成24年晩春

花の句を案ずる如き打電かな   かささぎ  春
  卒業証書授与式を賀す       整子   春
できたてのシャボンの虹の蛇行して  乙四郎  春
  縦長になり進む自転車       呆夢   雑
先頭の子の目の先は月ばかり    兼坊    秋
   律の風いま鳥と分け合ひ     らん    秋


青きシダ敷かれて美(は)しき茸(たけ)の籠  せいこ  秋
  懸賞金で追はれたる人            そらん  雑
足音を聞けば尾行者かと思ふ   兼坊 雑
  別れてすぐになぜか会ひたい   ぼん  恋
湘南のヨットハーバー高き波      せいこ  恋・夏
   錠に錆あり 夏の夜の霜    みやこ  恋離れ・夏
暗闇の下山くちびるをぶ厚くし    金子とうた 雑
   気管挿管きはめる倫理     あおい太郎  雑
ことはりを先に云っては翻る     ぼん   雑
   風はおのづと吹き起こるもの    かささぎ 雑
桜あり聖戦という戦あり     ぽぽな    花

つぎは春、おねがい。

そらんさん。おまたせしました。
しらべさんにまわそうか。
すぎさくせんせいにまわそうか。
と、なやんだあげく、そらんさん。
そらんさんはぽぽなさんとおなじ現代俳句境界所属。
あじまちがった。でもじかんない。いってきます。

« 磐井ロード歌仙、ぽぽなさんの花前句 | トップページ | 中華丼 ふあみまの »

コメント

犬ふぐりでも後ろ髪ひく
蛇行に蛇行重ねて霞
クッキーを割り鳥雲に入る
苺をつぶすヴァンパイアたち
猫の子といるいつものベンチ
深い黄砂が原発に降る

パンの耳には朧が痒い
パンの耳には朧が聞こゆ
パンの耳には春雷やさし
チキン南蛮やがて永き日
ピッツァは丸く街に逃げ水

ヴァンパイアらがつぶす野苺

チキン南蛮を皿とテーブルをよごしながらかっくらっていると、やがて永き日もしずむよ。というようによみました。

昨日もまた残業。
そして、あらたなる失敗がみつかった。
初期のころ、なにもわからなかったころの失敗。
これがチカラ飯のぶん十台でした。
シール一式はっていなかった。
この角には形式銘板、ここにはブランド名、この扉のとこには、触るな!危険シール、裏の下のほうには、軟水交換注意シール、などなど全部で十種類ほどありました。
上司はこんなはずかしいミスもない。という。
かささぎ、内心、それはそうだが、あの時期、確認もせず出したのはだれよ。ともおもう。とっても多忙で、だれもかれもがそれぞれのシゴトで手一杯、きづけなかった。これはしかたがない。
ということで、わびたのち、このミスをどうフォローするか、。上京しかない。ということになりそう。
あちらの営業ではわからないし、きもちも通じない。こちらから出向かねばならないだろう。
ということで、ボスにまたまたご迷惑をおかけします。
きけば、あのお店、24時間営業なんだそう。ということはフル稼働しているんだ、スチコンの機械。それが最も影響をうけない時間帯、深夜三時頃。このころに出向かねばならない。
その交通費、宿泊費、。
なんという大失敗。

とおもいつつ、これもまたよきかな。とも。
なぜって。もんのすごく働くはたらくはたらく毎日。そんななか、こういうミスがあると、救われるものがあるのよ。こんなこといったら、首かもしれんが。
ボス、こんなときにしか、自分たちが心をこめて組み立てた機械使用中の現場にはいけないですものね。ましてや、チカラ飯は関東圏のみ。こちらではたべられません。見学もできる、味もみれる。これはありがたいチャンスです。

あいた・た・た

自分のことのように痛いです。どうか首になりませんように。得がたい職場のようですから。

昨日整骨院へ行ったよ。窓辺にはお花が一つもなかった。受付のところにはあった。新しい助手の方は、良く動かれる方で、私の職場にも来て欲しいと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「桜あり聖戦という戦あり」     ぽぽな花句:

« 磐井ロード歌仙、ぽぽなさんの花前句 | トップページ | 中華丼 ふあみまの »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31