無料ブログはココログ

« 武力攻撃時の災害救助について(1) | トップページ | 武力攻撃時の災害救助について(2) »

2012年6月29日 (金)

夢竹酢(ゆめちくさく)

という竹酢を立花町のともだちがくれました。

アトピーにと。

でもね。においがにおいなので、だれも使わないんだ。

しようがないので、さっきかささぎがお風呂にすこし入れてみた。

すこしなのに、におい強い。

かささぎのこころはすっかり炭焼きどんです。

炭焼きのおのが妻こそ黒からめ。

ってか、におうのはいやだ。

さいきんは、おっさんでもいいにおいなのにさ、なんで炭焼きどんの匂いなんだ!

ここを工夫しない限り、時代に取り残される。(とおもいました。僭越ながら。

« 武力攻撃時の災害救助について(1) | トップページ | 武力攻撃時の災害救助について(2) »

コメント

夢竹酢と書いてゆめちくさく。
水虫のかた、これが効くのです!
騙されたと思って、ためしてね。
原液をスプレイ容器に入れて、患部にしゅっ。
これを数日やれば、なおります。(と、友達が言ってた!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢竹酢(ゆめちくさく):

« 武力攻撃時の災害救助について(1) | トップページ | 武力攻撃時の災害救助について(2) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31