無料ブログはココログ

« ゆば屋はな花にて | トップページ | 病院組織・スタッフ論~薬剤師・栄養士 »

2012年6月 9日 (土)

歌仙のつづきをやりまひょな。

ひた走る磐井ロードや卯月の野   かささぎ  人情自の句
   蛍の輝跡ゆふ暮の空         乙四郎   場
改装の高層マンション売られゐて    整子  場だが人情他
   管理事務所はスタッフ募集    えめ  人情他
有明の上澄み乱す鴉たち       宙虫       場
      
   

そらんさん、たくさん作ってくれた、ありがとう。

残月の句が響きがよかった。しかし有明のカラスをとったよ。
ありあけのうわずみ、ということばで、かささぎは「あお」を連想しました。
まったくおもしろい句創りをしますね、そらんさんは。ざぶとん顔に投げたい。

6句目案 沢都  すべて場の句で叙景句             
 1・むかい風より 白き刈小田 2・秋水映す 一双の鳥
 3・ひつぢ田に立つ 案山子あちこち
 4・牛小舎の角 曲がる大西風(おおにし) 

都さんの六句目案をみていましたら、どれも障るような気がした。
五句目まですべて戸外の景。自他場だけで選句してたなあ自分。
まずいぜよ。高層マンションと管理事務所。これら同類ですからね。
さらに打越に牛小屋は付けられません。
大西風の句はいい句なんだけどなあ。おしいなあ。
水鳥の句も脇にホタルがいますので没。
すると、ひつぢ田のかかしか、仮小田かだけど、発句に野があり、田は使いたくない。
もともと、そらん句が出る前につけてくれた句だからね。
わたしはそういう付け方が大好きです。
偶然をねらうやり方。笑。前田先生には怒鳴られるやり方だけどね。

なにか、ありませんでしょうか。みやこさん、ぼん、たからさん、。
ぽぽなさーん。もしみておられましたら、何かどうぞ。
どなたでも、どうぞ。ほら、そこのあなたさま。
どうか清き一票をかささぎの旗へ。

そうだった。
さだまさしは、連句しないのだろうか。
もしするのでしたら、なにか句をおだしください。
漫画家の岩明均先生、おなじ名前の漫画があったよしみで、かささぎの旗よろしく!

今日ね、私は二回目のお給料日だったから、おばさんと母連れて、またまた行ってきたのであります。平山温泉、きょうはフローラに行きました。いいお湯でした。フローラ定食1200円とお風呂代が350円、帰りにべんがら村の前にあるゆば専門店に天真実(てんまこと)くんが働いているので、会ってこようと立ち寄りまして、おいしい豆乳ソフトクリームが250円。豆乳ゆばコロッケが280円。まことくんはつい五分前に店舗のほうにきていた、というお話で、会えませんでした。姫野がよろしく言っていたと伝えてください。、とお店の人に頼んで帰りました。
以上、報告おはり。

 

« ゆば屋はな花にて | トップページ | 病院組織・スタッフ論~薬剤師・栄養士 »

コメント

六句目  案

1  ハンガー混じる枯れ枝の巣よ
2  案山子のほほに紅(べに)は広がる

追伸

長崎の締め切り、もう直ぐだね。一緒に出しますか?

ぼん、付け句ありがとうございました。
どっちもいいですねえ。
カカシの句も、いのちがこもっている。そんな気がしました。目に見えるような。季節のことばとしての、「枯れ」は冬ではなかったかな。ですから、カカシの句をいただきたいです。
朝おみや掃除当番です、それがおわったら、昼は埼玉からの友と久留米の友、立花町の友の四人であう。なんと私は来週と思っていた、今日だった。電話があったのでわかった。いつもこんなだ。

わたくしめの6句目案、そらんさんの 見開きの月 の句の付けですから、おかしくなるのは当然ですね。しかも、障りまくっていました。 すんません。ぼんさんの、いい句ですね。 しばらく参加できないので、もう一度付けさせてください。 お捌きよろしく!

   仕舞い風呂にて 聞きし爽らい(そうらい、転換                      できず)       網代木打ちて 渡るかけ橋            

みやこさん
了解
気になるのは、ぼんの句までが景気の句だったこと
心象風景ぽいので変化をつけたい
しまひ風呂にて聞きし⭕⭕
そうらいは爽かすぎて、あいません
波乱を

やりだしたら止まらない。しつっこいのは臼杵の赤猫(ふるさと臼杵人の気質です) 

耳朶より眠る そぞろ寒き日 

  6句め案、ほんとにこれで最後です。 
  恭子さん、仕事がんばって!われもがんばる。

やったね!
ありがとう
沢田ときこはキレとるねえ
ああよかった

捌きはどっちもほしいよ
写生句も心象風景句も

そうもんかいの
工藤繭捌きの リトマス後家 おもしれえなあ

今日は自分の身長よりデカイ機械の梱包してる

休みが終わると機関銃式の釘打ちをします
手のひらや指を貫通した人もいるそうな
いたかろうねえ

快感ですよ
この釘打ちは

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌仙のつづきをやりまひょな。:

« ゆば屋はな花にて | トップページ | 病院組織・スタッフ論~薬剤師・栄養士 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29