無料ブログはココログ

« ボコボコ小道 | トップページ | 長男の本 »

2012年5月 1日 (火)

健康増進法(4)                    大量調理の給食施設での栄養管理

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 5 月 1 日 健康増進法(4)

健康増進法には栄養改善法から引き継いだ特定給食施設における栄養管理の規定があります。

特定給食施設というのは、特定かつ多数の者に対して継続的に食事を供給する施設(具体的には、継続的に一回100食以上または一日250食以上の食事を供給する施設)です。

特定給食施設の中でも特別の栄養管理が必要な施設(具体的には医学的な管理を必要とする者に継続的に一回300食以上または一日750食以上の食事を供給する施設や継続的に一回500食以上または一日1500食以上の食事を供給する施設)には管理栄養士を置かなければなりません。

それ以外の特定給食施設でも栄養士または管理栄養士を置くように努めなければなりません。

都道府県知事は、特定給食施設の設置者に対し、栄養管理の実施に関し必要な指導、助言、勧告、立入検査等を行うことができます。

栄養改善法から引き継いだ規定には、食事摂取基準や栄養表示基準もあります。

厚生労働大臣は、国民健康・栄養調査などの成果に基づいて食事摂取基準(熱量、栄養素の量)を定めて公表します。

また、内閣総理大臣は、販売に供する食品について、栄養表示基準(栄養成分の量、熱量に関する表示など)を定めます。

販売に供する食品は、栄養表示基準に従い、必要な表示をしなければなりません。

また、第三十二条の二により、何人も、食品として販売に供する物に関して広告その他の表示をするときは、健康保持増進効果等について、著しく事実に相違する表示をし、又は著しく人を誤認させるような誇大表示をしてはなりません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの一人ごと

調理師の試験って、福岡県では年に一度西南大学であってるのね。
こないだ何かのサイトでみかけました。
二年以上の実務が必要。
かささぎは一年半でやめちゃったので、受けれません。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f15/chourishishikenn24.html

だけど。

大量調理の世界は独特で、一つ一つがとても勉強になりました。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f15/chourishishikenn24.html

調理法もですが、調理に入る前の手洗いかれこれのすごさといったら。

それ、わたしにはストレスでしたねえ。
(今の職場はその対極にある。)

« ボコボコ小道 | トップページ | 長男の本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボコボコ小道 | トップページ | 長男の本 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31