無料ブログはココログ

« 杉山洋先生の動画  石橋秀野と八女の文化行政について | トップページ | ボコボコ小道 »

2012年5月 1日 (火)

北への小道

北への小道

右奥にみえる槇並木がいいでしょう?
植木屋さん斎藤さんのです。
このつつじのやさしい色をごらんください。

« 杉山洋先生の動画  石橋秀野と八女の文化行政について | トップページ | ボコボコ小道 »

コメント

ムーミン谷のニョロニョロ達を連想します。

へ?にょろにょろ!これか↓

この植木やさんちに、わがざりがにおっちゃんもつかってもらいますが、都会の歯医者のむすこさんも弟子入りされています。
こないだこの植木屋さんのお宅で新旧隣組長の話し合いがあったのに行った。そのときの雑談のなかで、自分は麻酔なしの手術をしたことがある、という話と、手のゆび一本を切り落とし、それをつないでもらったおかげで今がある、という話をなさった。だれに?ときけば、下津浦先生でした。
この先生は小学校のときの校医さんでした。うん、いつもかささぎのカルテに、漏斗胸と書かれていた先生。笑。
むかしはいろんな科にわかれていなかったよね。それがよかったよねえ!
ということを、これを聞いてあらためて感じた。

麻酔なし>>経験あり・・触診で1センチだと判断され切開されたら奥に5センチ位あってね(繊維線種)「(麻酔の効いてない部分に)このまま進めるから我慢しなさい」と言われてね、。戦場で麻酔なしで足から弾を取り出される兵士をイメージしながら無言で耐えたのよ、笑

繊維じゃなくて線維・笑

私もあるよ。
お風呂場で栓を止めている金具がつめの間に刺さり、化膿した。その膿を出すとき。歯を食いしばって耐えた。うめき声はもれたと思う。
おかげでその後は順調に回復しました。

一昨年の胃カメラのときは大失敗。ごっくんしたから先生からおごられた。あんまりいたかったけんね。我慢しきらんやった。

まあ。みなさん、そうなんですね。
エメさん、線維腫はこの字でちゃんと変換されるよ、わがパソコンって超へん。日本語ほんとに大丈夫かってくらいの妙ちきりんな変換するかとおもえば、こういうのはきちんとしている。すかんやつ。

ぼんのコメントで、父が胃カメラを飲まされたときのこと、思い出した。やはりおなじことをいいました。
わたしは健康で一度も病気をしたことがないので、そのきもちがわかりませんでした。もうしわけなかったなあ。
ちち、ごめんね。まったくやさしくなかったね。

きょう、母が南国土佐をあとにして。という歌をハミングしてたのを聞いて、あたしゃ泣いたよ。
いろんなことをおもいだしてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北への小道:

« 杉山洋先生の動画  石橋秀野と八女の文化行政について | トップページ | ボコボコ小道 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31