無料ブログはココログ

« 若葉のキャッシュ | トップページ | 鯉のぼり »

2012年4月17日 (火)

病院組織・スタッフ論(1)  医師は人前でたばこ吸えない

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 4 月 17 日 病院組織・スタッフ論(1)

本年度前期より「病院組織・スタッフ論」という講義の一部も受け持っています。

私の担当は、医療従事者の法的位置づけを教えることです。

医療施設で最も重要な職種である「医師」については、医師の任務として、医師法第一条に「医師は、医療及び保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」とあります。

「医師は、医療を掌ることによって国民の健康な生活を確保するものとする」というのが一般的な医師の任務のイメージですが、法令には無駄な文言は入りませんので、「保健指導」も「公衆衛生の向上及び増進に寄与」も確固たる医師の任務であることが明らかです。

保健指導については、第23条に「医師は、診療をしたときは、本人又はその保護者に対し、療養の方法その他保健の向上に必要な事項の指導をしなければならない」とあります。

公衆衛生についても、第9条で「医師国家試験は、臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能について、これを行う」とあります。

「医学」だけではなく「公衆衛生」の知識と技能も求められている職種です。

日常診療は「個人」へ向けられがちですが、視点は「公衆」へも向けられるべき職種であるということです。

人前で煙草を燻らしている医師は、医師法違反が問われるかもしれません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎ独語

えっ。それではあの日、おみや掃除が終わったあと、みんなの前でタバコをうまそうにすってたす~み~先生はやばい。証拠写真もあるし。

でも、あれはみんなの前ではなく、横でしたよ。
参道の石段に横一列。

すみ先生も、いらっしゃいませんか。
たからさんと、連句へ。たのしいよ、みんな「ともだち」だからね。

保健医療経営大学での連句興行のごあんない

土曜日、九時半からやります。
興味あられる方はどうぞいらしてください。
昼すぎの四時近くまで巻いていると思います。
どこでかは、広い校内、駆け回ってさがしてくだされ。
(そんなかくれんぼじゃないんだからさ)
九州俳句に所属されている俳人のお方、また、やまなみ短歌会に所属しておられる家人の方、どうぞどうぞ。

また、お若い方も古い方も、ちっとも関係なく、どうぞどうぞ。

みんなで歓迎いたします。たのしくことばであそびましょう。

ちなみに、いらっしゃるときは、なにか、今の季節の挨拶句を一つ作ってきてくださるとありがたし。あいさつ句とは、・・・あいさつするったい、季節の神様に。

« 若葉のキャッシュ | トップページ | 鯉のぼり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院組織・スタッフ論(1)  医師は人前でたばこ吸えない:

« 若葉のキャッシュ | トップページ | 鯉のぼり »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31